アメリカ人の考え方を知りたければ、子供向けテレビ番組がオススメ

american-tv-animation-good
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

私には、アメリカ人の夫と9カ月になる娘がいます。最近、娘と子供向けのテレビ番組を見ていて思ったことをまとめます。

子供向けの番組で英語の勉強をするメリット

英語に慣れるために、洋楽を聞いたり映画を見たり……人それぞれの方法があると思いますが、私の場合は「子供向けのテレビ番組」が合っていました。

どうしてもっと早く見始めなかったのか……ちょっと後悔しているくらいです(笑)。

私の住んでいる所では、日本でいうNHKのEテレのようなチャンネルで、数字や言葉を教える教育的な番組もあるのですが、道徳的なことも学べるものもあるんです。

ということで、子供向けの番組で英語の勉強をするメリットについて紹介します!

子供向けの番組は単純でわかりやすい

私が子供向けのテレビ番組を気に入っている大きな点は、子供向けなので、ストーリーや番組の構成が単純でわかりやすいところです。

心なしか、言葉も聞きやすいものが多いように思います。

ただ、『セサミストリート』だけは、なぜか聞きづらいのですが、なぜでしょう(笑)?

わかったときの喜びがモチベーションに

テレビの中で英語で言っていることがわかった時の喜びは格別です。

ちょっとしたことですが、何事も達成感や満足感がないと、継続するのは難しいですよね。

子供向けの番組は、先ほど書いたようにわかりやすいために達成感も得やすいわけです。

子供向けなので「使ってはいけない言葉」は出ない

そして、これはまさに「子供向け」という特性なのですが、人に使ってはいけないような言葉が出てこないんです。

普段のコミュニケーションにはそんな問題のある言葉は必要ないですし、私にはそんな言葉に時間を割いている余裕はありません。普通の言葉をもっと幅広く知りたいですから。

アメリカでの「常識」が散りばめられている

私のように、アメリカ人の考え方をよく知らない人は、番組の中の会話から学べることがたくさんあります

どんなに正確な文法で上手に話しても文化によって考え方が違います。日本での考え方を基準に話してしまうと、相手に違和感を与えたり、逆に相手の言葉に違和感を抱いたりします。

例えば、子供がふたり遊んでいるとします。そこに別の子がやってきて「一緒に遊ぼう」と言います。日本だと、「みんな仲良く一緒に遊ぼう」となるのが一般的ではないでしょうか。

でも、アメリカでは、先に遊んでいるふたりに「No」という選択肢があるのが一般的のようです。仲間に入れてくれるのが当たり前と思う日本人にとっては、「No」と言われると傷つきますよね。私だったら軽く落ち込むと思います……。

というわけで、私が英語の子供向けの番組で英語学習をオススメする理由をまとめました。

ちなみに、私がオススメする番組は『Daniel Tiger’s Neighborhood』です。ぜひ見てみてください。

american-tv-animation-good

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。