マイナスなイメージはなし!? 英語の「妥協」を意味する「compromise」とは?

compromise
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

みなさんは、「妥協」という言葉にどんなイメージを持っていますか?

プラスのイメージですか? それともマイナスのイメージですか?

今回は、日本語の「妥協」のイメージを、英語で「妥協」を意味する「compromise」の使い方と比べながら、言葉のイメージの違いについて書こうと思います。

そもそも「妥協」ってどんな意味?

私の持つ国語辞典で「妥協」を調べてみると……

  1. (対立する意見や異なる主張を)互いに譲り合ってまとめること
  2. 適当な程度でよしとすること

と出ています。

コミュニケーションをしていくうえでは、なくてはならない「ツール(手段)」と言えるでしょう。

「妥協」という言葉を使われるとどんな気持ちになる?

さて、この「妥協」という言葉ですが、私は少しマイナスなイメージを持っています

前項で書いた国語辞典の解釈は、その通りだと思います。特にマイナスの言葉は使われていません。

でも、どうしても私にはマイナスのイメージがあります。なんだか、「何かを失う」イメージの方が強くありませんか?

結婚指輪を「妥協された」話

冒頭でも書きましたが、英語で「妥協」の意味を持つ言葉は「compromise」といいます。

私が初めて「compromise」という言葉に出合ったのは、夫(アメリカ人)と結婚指輪について話していたときでした。

夫は「材質はゴールドがいい」と言い、私は「色はシルバーがいい」と言いました。

夫は、材質はゴールド、見かけも金色のゴールドをイメージしていました。

私は、高価なのは承知の上で、材質はプラチナがいいなと思っていました。色はシルバーがよかったので。

私は貴金属にほぼ無知なので、シルバーよりも上の銀色の材質といえば、プラチナしか知らなかったのです。

すると、夫が「compromise」という言葉を使って、「じゃあ、妥協して材質はホワイトゴールドにしよう」と言ったのです。

私は、「妥協」という言葉を使われたことに少し悲しくなりました

英語の「compromise」にはマイナスのイメージはない?

ホワイトゴールドが嫌だったわけではありません。ゴールドということで、十分すぎるほどの材質です。

潜在的に、一生に一度の結婚指輪が、プラチナになることを勝手に期待していたのかもしれませんが、どうしても「compromise(妥協)」という言葉に引っかかってしまいました

国語辞典の解釈通り、ホワイトゴールドにすることで「互いに譲り合っている」し、主張が違うときには譲り合わないと、結婚生活は成り立たないのはわかっています。

タカコ

でも、「妥協」って……(泣)。

沈んでしまった夫に「『compromise』にマイナスのイメージはないんだよ」と言われ、しぶしぶ納得したのです。

でも、義母に「(指輪の希望が違ったから)妥協してホワイトゴールドにしたんだ!!」とうれしそうに話す夫に、違和感を持っていました。

心の中で「うれしそうに『妥協』はないでしょ!!」と思いながら。

それ以来、「compromise」という言葉は、「日本語の『妥協』とはちょっと違う語感だな」と受け止めていました。

二度目の「compromise」との出合い

次に「compromise」に出合ったのは、つい最近でした。

夫の友人が出張で、私たちの住む町から車で10時間くらいのところにやってくるというのです。

「車で10時間」というと、日本では「すごく遠い」と思うかもしれませんが、広いアメリカでは、そう遠くない感覚です。

特に、その友人は現在日本にいて、ここ数年会っていないこともあり、夫とその友人にとっては「近い」ともいえる距離です。

そこで、この週末、ふたりは中間地点くらいの町で会うことになっているのです。

その話を夫が義父にしていたとき、義父が「Oh, you compromised!」と。

それを聞いたときも「ん?」と違和感がありました。「妥協して、中間地点で会うことにしたんだ」と日本語で言いますか?

日本語だと、「妥協して」と言わず、「間を取って」と言ったり、もしくは何も言わず、ただ「中間地点で会うことにしたんだ」と言うような気がします。

もちろん、文の中に「互いに譲り合って」という、「妥協して」の意味合いは含みますが、わざわざ言葉では言わないような気がするのですが……。

「妥協して」という言葉を使うと、マイナスのイメージが発生してしまうからかなと、私は勝手に解釈しています。

そこで、結婚指輪のことも、それが原因で「なんだかなぁ……」と悲しくなってしまったのだと気づきました。

普通に「僕は材質はゴールドにしたいし、、タカコは銀色がいいなら、ホワイトゴールドはどう?」と言ってもらえれば、そんなに違和感を感じなかったのかも、と。

英語の「compromise」ってどんな言葉?

OXFORD社の英語学習者向けの英英辞典「wordpower」には、

an agreement that is reached when each person gets part, but not all, of what he/she wanted

と書かれています。

望んだものすべてではないが、お互いがその一部を得る」とも書いています。

夫は、「agreement(合意・賛成)」と「disagreement(意見などが一致しないこと)」の間に「compromise」があると言います。

お互い合意しなければ、話し合って譲り合わないといけないし、それがうまくいかないとお互いの希望は折り合わない。

そうなると、何もしないか、どちらかが嫌(不利)な状況を受け入れる(accept)ことになる、と。

どの言語でも、コミュニケーションにおいて、譲り合うこと(妥協すること)は必要です(たったひとりで生きていくなら、話は別ですが……)。

私は、「妥協」というと……

to lose something(何かを失うこと)

……というイメージを持っていたのですが、夫が持つ「compromise」はまったく逆でした。

to get something(何かを得ること)

……なのだそうです。

両方とも「譲り合って」という行動を経ての結果ですが、完全に真逆ですね。

夫の考え方では、焦点をおいているのは、「得る」ということですね。

両者とも、完全ではなくても何かを得るということで、「win-win(自分も相手も勝つ)」。気持ちは「pretty happy(まあまあいい感じ)」なのだそうですよ。

私は、「お互い譲って、ほしいものの一部しか手に入らない」ということから、「失う」ことに焦点をおいて、「lose-lose」に近いと思っていました。

気持ちは「happy」なはずありませんね。

日本語での「妥協」の使い方

では、日本語では「妥協」という言葉、どうしてマイナスのイメージがあるのか考えてみました。

もう一度、日本語の「妥協」の意味を辞書から持ってきますね。

  1. (対立する意見や異なる主張を)互いに譲り合ってまとめること
  2. 適当な程度でよしとすること

例えば、こんな事例はどうでしょう?

ある人が1万円で売りたい壺を持っています。ひとりだけ5,000円なら買ってもいいという人がいます。ふたりは話し合って、7,500円で売買することにしました。

お互い希望額ではないものの、「妥協」して、交渉は成立です。これは、「互いに譲り合う」という、前述した国語辞典の解釈の「用法1」にあたります。

夫に聞くと、これは英語だと「compromise」を使って表現できるそうです。

日本語の「妥協」は相手がいなくても使える

次に、これはどうでしょう?

結婚相手の条件に、高学歴、高収入、見た目良し、性格良し、長男以外、ギャンブルをしない……などを挙げる女性がいました。でも、なかなかその条件に合う男性が現れないので、条件の基準を下げました。

これも日本語では「妥協」と言えると思います。

前述した国語辞典の解釈でいうと、「用法2: 適当な程度でよしとすること」という用法にあたります。

そこで気づいたのですが、この場合、自分ひとりでも「妥協できる」ということです。

つまり日本語では、「自分の中で譲ること」を「妥協」というんですね。日本語の「妥協」は相手がいてもいなくても使えます

国語辞典の用法は、先に出ている方が一般的だと思うのですが、「用法2」が「用法1」の根底にあるということです。

「用法1: 互いに譲り合ってまとめること」のように、相手がいれば、「お互いが自分の中で譲る」ことで、「互いに譲り合う」という解釈になるのではないでしょうか?

自分の中で譲ること = 何かをあきらめる

……というイメージですね。

結婚相手の条件を下げる事例をイメージすればわかりやすいと思います。

だからこそ、相手がいる・いないにかかわらず、どうしても「何かを失う」というイメージがついて回るのでしょう。

なので、2人でお互い譲り合って、円満に交渉が成立しても、「妥協」という言葉を使ってしまうと、マイナスに聞こえるんですね。

ちなみに、英語だと、自分の中で条件を下げるような事例は、「give up」などで表現できそうです。

「compromise」は「相手」が必要

一方、英語の「compromise」は、譲り合う「相手」が必要です。

逆に言うと、相手がいないと「compromise」という言葉は使えないんですね。

これは、「compromise」の語源からもわかります。

頭の「com」は、ラテン語の「cum」が語源で、「一緒に」とか「ともに」という意味を含んでいるんです。

ちなみに、「communication(コミュニケーション)」も、同じ語源のラテン語が英語に入ってきた言葉です。

また、「promise」は、「約束」や「決め事」のような意味ですね。

これらのことから、「compromise」は、「相手と一緒に決め事をする」ということで、「お互い譲り合う」という意味になるんです。

2016.11.20追記

英語でも、日本語のように「自分の基準を下げる」という使い方もするようです。

OXFORD社のAdvanced Learner's Dictionaryの動詞での用法「2」に「to do sth that is against your principles or does not reach standards that you have set」とありました。

夫にも聞いたところ、確かにそのように使うそうですが、基準を下げても、「何かは手に入る」ということで、イメージとしてはやはりプラスのようです。

同じように使えても、基準を下げることのマイナスイメージが響く日本語とは、少し語感が違いますね。

いかがでしたか?

私のように、「妥協」という言葉にマイナスなイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか?

それは、日本語では、相手がいてもいなくても使えるという、用法の違いがあったからだったんですね。

私はわりと結婚が遅かったので、「結婚生活なんて、『妥協』の連続よ~」という声も周りからよく聞いていたし、私自身も確かにそうだと思います。

でも、この「妥協」という言葉も、英語の「compromise」の考え方に変えると、もっとポジティブになれそうです。

お互い譲り合って、お互いハッピー!!

……そうありたいものです(笑)。

compromise

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。