『おさるのジョージ』でハロウィンを楽しむ! ジョージは英語学習に最適

curious-george
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

10月31日はハロウィンですね。日本でも最近では、仮装したりイベントのようなものがあったりと、少しずつ浸透してきています。

「でもやっぱりよくわからない」という方に、今回はハロウィーンを子どもさんと一緒に楽しめる『おさるのジョージ』のDVDを紹介します。

「おばけ伝説のなぞ」は1時間のスペシャル版

『おさるのジョージ』では、普段は30分くらいの番組の中で、2つの短編のエピソードを放送しています。

今回紹介するのは、1時間のスペシャル版で、タイトルは『おさるのジョージ おばけ伝説のなぞ』です。

毎年ハロウィンに起こるちょっと変わった事件の謎を解く、というお話です。

過去に日本でも放送していたことがあると聞いたので、調べてみたのですが、残念ながら、今年の10月8日以降の放送予定には入っていませんでした……。

「おばけ伝説のなぞ」のオススメポイント

さて、このお話がなぜおすすめなのか、なのですが、単純に話がとてもおもしろいからです!! 大人から子どもまで、1時間存分に楽しめます。

音楽も軽快なものが多くていいです。

タカコ

うちの娘は、1才くらいになったころからしょっちゅう見ていますが(季節は完全に無視)、いつも体でリズムをとっています。

ストーリーも、ハロウィンだけに、怖いのでは? と思う方もいるかもしれませんが、怖さや不気味さに焦点を当てた場面は少なく、小さなお子さんでも楽しめると思います。

それに、アメリカでのハロウィンの楽しみ方が随所に見られます

ジョージからハロウィンの楽しみ方を学べる

パンプキンをくりぬいてランタンを作ったり、家を飾りつけしたり、仮装したり。

これを見て、私は「あぁ、深く考えずにハロウィンを楽しんでいいんだ」という気持ちになりました。

ハロウィンは、もともとはとても宗教色の濃い、ケルト人(アイルランド)のお祭りでした。

現在のアメリカでは、そういったことはほとんどなく、大人も子どもも楽しむイベントになっています。

タカコ

そう、楽しめばいいんです!!

アメリカでも人気の「おさるのジョージ」

『おさるのジョージ』は、日本でもEテレで人気です。アメリカでももちろん人気があります。

オリジナルの英語版では『Curious George(知りたがり屋のジョージ)』というタイトルです。

私のアメリカの家には有料のケーブルテレビがないので、無料のテレビ会社のチャンネルしか見られません。

その中の1つに子ども向けの番組を提供してくれるチャンネルがあり、そこで平日は1時間半(午前中30分、午後再放送を含め1時間)見ることができます。

早朝から夕方まで子ども向けの番組ばかりしていて、日本でいう「Eテレ」のような感じですが、たぶん、この『Curious George』が、1日のうちで一番長く放送されています。

タカコ

それだけアメリカでも人気が高いんですね。

最初はそれほどでなくても、見ているうちに、大人でもジョージのかわいらしさに夢中になってしまいます。

まさに私がそうでした。

英語の勉強にもおすすめです

この「おさるのジョージ」ですが、英語の勉強にもおすすめします。

子ども向けの番組なので、誰でも楽しむことができます。

子どもには見せたくないような場面や、聞かせたくないような言葉は全く出てこないので安心です。

失礼にあたる言葉も出てこないので、身につけた英語のフレーズや言い回しは、大人でも場面に関係なく使うことができます

それに、会話も長くないし、言葉もそんなに難しくありません。

英語音声と英語字幕で見るのがオススメ

DVDがあれば、慣れるまで英語音声と英語字幕にして見てみるのもいいですね。

字幕や音声を切り替えることによって、「あぁ、英語ではそう言うんだ」とわかることもあります。

タカコ

英語が苦手な方でも、少しでも何を言っているのか聞き取れたら、うれしいと思いますよ。

特に大人になってからの英語の勉強って、そういうものだと思います。「おぉ! やった! 聞き取れた!!」「わかった!!」のような喜びがあるから、続けられます。

私は、英語版で大まかなストーリーを理解していました。

でも改めて字幕で見てみると、ちょこっとしたところで韻を踏んでいるのがわかったりして、もっと深く楽しめました。

参考: 私が『おさるのジョージ』を安心して子どもに見せられる理由 | ヨッセンス

英語版ジョージはナレーターが男性

英語から日本語の翻訳は、かなり忠実に訳されています

英語版であろうと日本語版であろうと、そんなに違いはないと思うかもしれませんが、違う部分もあります。

まず、通常の放送でもそうですが、日本語版では、ナレーターが女性なんですね!!

タカコ

実は、これに私は一番びっくりしました。

しかも声が歌手の岩崎良美さんなんですね。聞き覚えのある声だと思ったら、アニメ『タッチ』の歌を歌っていた方です。豪華なキャスティングです!!

でも、英語版では男性なんです。男性のナレーターに聞き慣れていたので、初めて見たときは、「えぇー!!」と。

固定観念ってすごいですね。

ちなみに、岩崎さんは、通常放送されている日本語版の歌も歌われていますが、英語版では男性が歌っています

それがどうした? と思われる方もいるかもしれませんが、男性か女性かだけでも、雰囲気が全然違いますよ。

ジョージの声は吹き替えなし

それから、登場人物の発話は、もちろん吹き替えられているのですが、ジョージだけはそのままです。吹き替えられていません

ジョージは聞き取れる言葉をしゃべらず、黄色い帽子のおじさんなど、ほかの登場人物が、その(よくわからない)言葉を理解することが多いです。

日本語で聞いていると、頭が日本語のチャンネルなので、なかなかわかりません。

でも、英語で聞いていると、ジョージが英語で「それらしい」言葉を言っていることがあるのがわかります(いつも英語に聞こえるわけではありません)。

例えば、「Bye~」や「See you~」などのちょっとした言葉や表現です。

それから、日本語で「困ったな」「しまった」というときに使う「あーあー」と言う言葉、英語では「オッオー」という音で表します。

この「オッオー」も、ジョージの声は吹き替えられていないので、日本語版でも「オッオー」です。日本語にはない表現なんですけどね。

こんな感じで、日本語版だとさらっと流されがちですが、英語版だと「あ、今しゃべった!!」とわかって、より楽しめると思います。

ピスゲッティはイタリア語なまりの英語

あと、よく登場するイタリア料理店のシェフのピスゲッティさんも、英語版ではイタリア語なまりの英語を話します

時々簡単なイタリア語も混じるくらいです。

実際、アメリカにはいろんな人種の人たちがいて、それぞれなまりを持っています。

ご近所さんが数人集まると、こんな感じで、いろんななまりが飛び交うんです!

いかがでしたか?

コミカルでかわいらしい「おさるのジョージ」のハロウィンのストーリー、子どもさんと一緒に楽しんで、今年のハロウィンをすごしませんか?

私も、今年は娘が初めて「Trick or treat(トリック・オア・トリート)」をするので、仮装のコスチュームを急いで制作中です。

ということで、「HAPPY HALLOWEEN」!!

ちなみに、Amazonプライムに登録すると年間で3,900円でジョージも見放題です(今回紹介した話は有料のようですが)。

いろんな映画やアニメが見られるので要チェックです。

curious-george

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。