日本語の「母音」「子音」という表現がややこしいんだー!

expression-boin-shiin
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

日本語には母音と子音があります。

この表現……なんかピンとこないんですよね。むしろ理解をややこしくしている気がします。

日本語の「母音」「子音」のイメージ

わたしは日本語の「母音」「子音」という言葉が、この概念を理解するために邪魔な気がするんですよ。

日本語では「母音」「子音」と呼びますが、これは日本語ではこのような状態だからです。

日本語における子音+母音のイメージ: 母音の上に子音が抱っこされているような
日本語における子音+母音のイメージ: 母音の上に子音が抱っこされているような

ほら、基本は母音「あ・い・う・え・お」があって、子音と母音は常にセットで、子音は母音がなければ自分で立てないようなイメージです。

ところが、英語では「母」とか「子ども」というイメージはゼロです。

「子音」は「consonant」と言いますが「con(いっしょに)」+「sonare(響く)」が語源です。

「vowel(母音)」の語源は「vox(声)」だそうです。おそらく「voice」とか「vocal」と同じ語源でしょうね。

確かに日本語の「子音」は「母音」がなければ成り立たない

日本語で何を言っていても、常に「子音・母音・子音・母音」のように母音を子音の後ろにはさみます。

このような感じですね。

ありがとう → a(母音)ri(母音)ga(母音)to(母音):

つまり、日本語では子音と子音が続くことはないんです。

厳密には「撥音(ん)」の場合や「促音(小さい「っ」を使った「かけっこ(kakekko)」のように続くこともあります

英語では「子音」と「子音」が続くことも普通

でも英語をはじめ、いろんな言語では母音を子音の後ろに添えなくても音声が成り立つんですよ!

たとえばこんな単語……

  • speak
  • crack
  • stupid
  • train

いくらでもありますよねー。たとえば「speak」ですと「 s 」の後ろに「 u 」を挟んだりしません。

つまり、母音を「 s 」と「 p 」の間に挟み込んで「ピーク」とは読みません。

母音のないところに勝手に母音を入れて読むから日本人の英語がわかりにくいと言われるんですね。

実際に「supeak」と書くと「スピーク」ではなく「サピーク」のような発音になりそうですけどね。

英語では最後に子音がくるのが普通

先ほど例で出した単語をもう一度見てください。

  • speak
  • crack
  • stupid
  • train

なんと! 全部子音で終わっています!

こんな感じで、英語では「子音」で終わる単語がわんさかあるんですねー。

そう。日本語で常識だった「子音だけでは成り立たない」というのは日本語だけの特徴だったんですよ(厳密には開音節言語の特徴です)!

さて、今回は日本語の「母音」「子音」という言葉が英語やほかの言語を学ぶときに邪魔をしているという話でした。

日本語の「子音」は「母音」がなければ成り立ちませんが、言語によっては「子音」だけの単語とかありますからね。

というわけで、英語の勉強をしているときは「子」「母」のようなイメージは金輪際わすれちゃいましょう!

そして子音がつづくときに母音を挟むのもやめましょうね!

expression-boin-shiin

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。