アメリカで使う「ガロン」ってどのくらいの量? 「fl oz(オンス)」ってどのぐらい?

gallon-ounce
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

今回は、日本人にとって、アメリカのややこしいと感じてしまう単位「量(液量)」についてです。

量を表す単位「ガロン」って?

アメリカでよく使われている量の単位は、ガロンです。

アメリカでのガロン(gallon)は、約3.785リットル(以下「L」と表記します)です。

ガロン(アメリカ) = 約3.785リットル

約4Lですね。イギリスでもガロンという単位を使うようですが、量が違うそうです。

量を表す「オンス」

さらに、小さい単位でオンス(ounce)というのもあります。このオンスは「fl oz」と表記して、重さのオンス「oz」と区別がつきます。「fl」は「fluid(液体・流体)」の略です。

1オンス = 1/128ガロン(約30ミリリットル)

オンスはガロンの1/128で約30ミリリットルですが、栄養表示に使用する時は30ミリリットル(=ml)と定められているようです。8オンスで1カップ(アメリカサイズ=約240ミリリットル)です。

日本人になじみのあるリットルやミリリットルに換算すると、きれいな数字にならないのはもう慣れてしまいましたが、オンスがガロンの1/128という、「128」という数字にも、やっぱりしっくりきません

128って……どこからきたんでしょうね?

10や100、1000などの10の倍数に慣れている日本人には、「中途半端」と思ってしまいます。

日常でもよく使われるガロン

そんな単位の「ガロン」ですが、日常的によく使う単位なので、なじみがあります

例えば、ガソリン。ガソリンスタンドに表示されている値段は、1ガロン単位の値段です。

アメリカのガソリンは、日本に比べて安いです。原油を輸入する一方で、自分の国でも産出しているのだそうです。

今年の1~2月、ガソリンの値段が急落した時がありましたが、私の住んでいる町で、1ガロン1.3ドルくらいまで下がりました。約4リットルの値段なので、日本に比べてとても安いのがわかると思います。

また、スーパーで売っている牛乳やミネラルウォーターも、1ガロン入ったボトルで売られています(小さいのもあります)。

缶詰とガロンサイズの牛乳の比較
缶詰とガロンサイズの牛乳の比較

オンスはめったに使わない

オンスは、実は私にはあまりなじみがありませんでした。

ですが、娘に粉ミルクを作っていたとき、哺乳瓶に入れる水量の単位が「オンス」だったので、少しお世話になりました。

8オンス = 1カップ(アメリカサイズ)

……ということだけ覚えておけば、何かの役に立つかもしれません。ですが、私の場合、過去3年間のうちに「オンス」を使ったのは粉ミルクを作ったときだけです。

つまり、「オンス」はほとんど使われていない単位です。

今回は液量のガロンとオンスについて書きましたが、やっぱり日本人にはなじみのない単位でした。

ただ、ガロンについては、1ガロンが約4リットルということで、クォーターガロン(1/4ガロン)が日本でおなじみの1リットルに近く、なんとなく量の想像はついたと思います。

このブログではアメリカで一般的に使われている、重さ・長さ・液量の単位の紹介をしてきましたが、大さじと小さじの量以外、日本と同じ単位はありませんでした。

これはおぼえるのが大変ですね……。また、日本の法則(10、100、1000のような10の倍数単位で上の単位を表せる)に慣れていると、本当にややこしいです。

gallon-ounce

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。