英語で自己紹介するときに違和感を感じる5つの表現

introduction-in-english
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

英会話で一番緊張するのは初対面のときかもしれません。何から話したらええんやろー……ってなりますよね。まぁ、日本語でも同じですが。今回は初対面の人と英語で話すときの自己紹介についてです。

英語の自己紹介で違和感を感じる5つの表現

年齢は言わなくていいよ!

日本にいると年齢ってすっごく大事ですよね。

まずタメ口でいいのかどうかの判断材料になるからです。なので、初対面のときに「25歳です!」とか言いますが、英語だとそんなこと言う必要がありません。

英語は年齢で敬語を使いわけるような言語ではないからです。年齢ではなく、親しさ度合いで言葉づかいが変わってきます。基本的に、仲良くなれば相手が年上でも年下でも言葉を使い分けません。

逆に「I'm 25 years old.」とか自己紹介で言うとビックリされるかもね。

血液型とかも

あと、日本では血液型を自己紹介で言う人がいますが、英語圏では限りなく100%に近い人が言いません。

なんで言わないかというと英語圏には「血液型占い」というモノが存在しないからです。いえ。英語圏だけじゃないですね。

世界中のほとんどの国に血液型占いはありません(日本の影響を受けた韓国や台湾にはあるそうですが)。

さらに言うと、ほとんどの国では自分の血液型を知らない人もいるほど、血液型を言うことが非日常なんですよ。事故とかがあって、輸血の必要があってもその場で調べるから問題ないそうですし(笑)。

そんな血液型を自己紹介で言うと、言葉を失われること必至ですよー!

兄弟姉妹

日本語ではきょうだいの中でも「姉」「妹」のように上下関係を表現します。

でも英語では歳上でも歳下でも、通常は「sister」「brother」と言います。それをついつい……

I have 2 older sisters and 1 younger brother.(2人の姉と1人の弟がいます)

……って言ってしまいたくなりますよね。でも、英語では歳では区別して言いませんので。なんか変なこだわりのある人やなーと思われます。

趣味とか

あと、趣味を言ったりしますが「仕事」「子育て」とか「寝ること」って趣味には該当しないと思われます。っていうか日本語でもそうですよね。

なので、英語で……

My hobby is working!

って言うのは、かなり違和感があると思われます(笑)。日本語でいう人がいますが、アレって本気なんですかね? 趣味が本当になくて、無理して言っているんですよね、たぶん。

趣味がないときは言わなくていいと思いますよー。無理して言うとか意味わからないですし。

名前の由来

日本では漢字が使われます。で漢字って、文字1つに1つに意味がありますよね。

なので、自己紹介するときに……

私の名前は「さつき」です。漢字で書くと「さつ」は「殺す」って漢字で、「き」は「気合」の「気」です。よく「さっき」って呼ばれちゃうこともありますが。てへ!

こんなノリで英語の自己紹介で……

My name is "Satsuki". "Satsu" means...

こんな風に説明されても「漢字」ってものがどういうものか知らない人とか興味のない人に力説しても「コイツわけわかんねー!」って言われると思います。

"田中" means "in the rice field"! (「田中」 は「田んぼの中」って意味です!)

……とか言われても「え? で、結局キミのこと、何て呼んだらええの??」って混乱を与えると思います。

さて、今回は初対面で言うと違和感のあることを書き出してみました。たぶんほかにもいろいろあるはずです。

せめて、今回書いた内容は気をつけて下さいねー。

introduction-in-english

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。