日本人の国民性が英語でのコミュニケーションを邪魔している!?

national-character
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は、日本人が英語学習をするにあたって、その「国民性」が邪魔をしているかも……ということに焦点をしぼってみます。

国民性が英語コミュニケーションを邪魔をしている?

はじめに「国民性」っていう言葉を使っていますが、私はこの言葉は嫌いです。多種多様な人がいるのに、日本人を一緒くたにしているみたいで。

本当は「日本で生まれて、日本で育った人に陥りやすい傾向」って言いたいのですが、ややこしいので「国民性」って単語を使っています。すんません。

曖昧に言いたがる

まずは「日本人が言うことは曖昧でわかりづらい」ということです。「会話内容を理解してもらうことを相手に委ねすぎ」と英語圏の友達がよく言っています。

ほら、「それはちょっと……」のような「……」がつきそうな文章って多くないですか? 英語圏の人に言わせると「ちょっといいんかい!? 悪いんかい!?」です。文脈で理解できることがほとんどだと思うんですが、曖昧な言い方って日本では好まれますが、英語圏ではコミュニケーション上でイラッとさせてしまうんですね。

他の例でいうと、私の友達に国際結婚のカップルがいます。そのカップルの話ですが、家事に追われている日本人妻(私の友達)が食器を洗っていたそうです。で、夫に手伝ってほしいなーと思いながら「家事が忙しい」と言ったそうです。

たぶんね、日本人なら「あ、皿洗いを手伝えってことだな……」という言葉の持つ裏の意味を読み取って、皿洗いを手伝ってくれると思うんですよ。

でもそのアメリカ人の夫は全く気づかず、あとで「何で手伝ってくれないの?!」とキレると、そこで初めて気づいたんだそうです。

「え?? 手伝って欲しかったの?? だったらハッキリと『手伝って』と言ってよ!」と。

もちろん、察知能力の高いアメリカ人もいるし、気づかない日本人もいるので一概に言えませんが、極端に言うと、こういう傾向があるらしいです。なので英語で話すときはハッキリと言い過ぎぐらい言ったほうがいいみたいです。

意見をガンガン言わない

そしてよく言われる日本人の国民性ですが、「意見を言わない」ということ。日本人として「だってそうなるように育てられるんだもの!」と反論したいところですが(笑)。

逆に英語圏では自分の意見をガンガン言うように求められて育ちます。英語圏だけでないですね。中国人もそうだとよく聞きます。

自分の意見を言うよりも、相手の曖昧な言い方から「察する」ことが美学とされているため、ガンガン意見を言うことは完全に美学に反するんですね。「あいつは自己主張が強い!」というネガティブな評価に繋がります。

でも英語圏では逆に評価になるので、日本人の場合は「言い過ぎやろ??」と心配になるぐらい自分の意見を言ってちょうど良いと思います。

恥ずかしがり(シャイ)

そして「シャイ」な性格。これは完全に個人差が激しいですね。全然シャイじゃない人もゴマンといるのであれですが、よく日本人はシャイだと言われます。

普段はシャイじゃない人が、なぜか英語圏の人と話すときにシャイになることもあるんですね。なぜかと言うと、英語がしゃべれないからだと思います。でもしゃべれないって言っても日本では中学校、高校と長年の間勉強しているのでなんとなくは言えるハズなんですよ。

でも「日本で行われる英語の授業っていろいろ問題ですよね」という記事でも書きましたが、「完璧な文法で言わないと!」とか「間違うのが恥ずかしい!」という発想になっていて、結果としてシャイに見えるんだと思います。

英語じゃなくても日本人にシャイな人が多いかもしれませんが、それはカッコつけな人が多いのかなと個人的には思います。そんな初めて会った人に自分のことをべらべら話すなんてかっこ悪い的な。

さっき出た「自分の意見をガンガン言うのは美徳に反する」も関連していますね。

非言語表現が乏しい

ここで言う「非言語表現」というのは表情ジェスチャーのことです。

言葉の内容そのものではなく、表情やジェスチャーで表現をすることが日本人は少ないと言われています。

これは確かにそうですよね。私の知る限りでは、外国のどの国の人と話してても日本人よりジェスチャーや顔の表情が豊かな気がします。

あれですね。もしかすると日本人は察知能力が優れているから、ジェスチャーや表情が乏しくても問題ないから発達しなかったのかもしれません。逆かもしんないけど。

私は英語が苦手だからこそ、こういう「非言語表現」を盛りだくさんにする方がいいと思います。だって「のどが渇いている」って言い方がわからなくても、舌を出して首の喉あたりを触るとかコップを持って水を飲むふりをするのようなジェスチャーをしたらたぶん伝わりますから。

英語圏ではコミュニケーションを取るときにいろんな非言語表現を使うのが好まれます。なので恥ずかしがらずにやってみるといいかなと。

ちなみにジェスチャーなどで言葉の内容を伝えるコミュニケーションのことを、専門的には「非言語コミュニケーション(non-verbal communication: ノン・バーバル・コミュニケーション)」と言います。

聞き返さない

日本では聞き返すことが失礼だと思う人が多いです。たぶんすごく相手のことを思うがゆえに「もう一度言ってもらうのは相手に面倒をかけるな」と思うのかなと思います。

でも結果的に、早く聞き返していた方が迷惑にならなかった……っていうこともありますよね? 日本人同士でも。

とにかく分からないときは聞き返した方が会話がわかるだろうし、相手にも「英語が苦手なりにちゃんと聞こうとしているんだな」と伝わるし、何より「Pardon?」と聞くだけでもこっちの発言になるので、全然話せなくても「相手の一方的スピーチ」から「会話」に変身します(笑)。

そして、こういうことを積み重ねることが英会話に慣れていく一歩になるんだと私は思います。

ただ、こちらの英語力では聞き返しても無理やな……ってこともありますよー。実際のところ、話している相手が英語の下手な人に慣れている場合は、簡単な言葉に言い換えてくれたり、ゆっくり話してくれたりといった臨機応変な対応をしてくれるのですが、そうじゃない場合は何度聞き直しても難しいんですよね。

そんなときは何でもかんでも「Pardon?」でもう一度言ってもらうより、「What does ◯◯ mean?」のようにわからなかった単語の意味を聞くとか、スピードが速くてわからない時は「Could you please speak slowly?」のように「ゆっくり話してほしい」という意図を伝えたほうがいいかもしれません。

そして分からないときにはわからないとちゃんと「Sorry, I don't understand.」みたいに「わからない」と伝えた方が相手にとってもいいと思います。

さて、今回は日本人の国民性(日本に住んでいて日本で育つと陥りやすい傾向)が英語の習得を邪魔しているかも!?という内容で書きましたがいかがでしたでしょうか?

「ああーわかるわー」っていうものも、「いやオレはちゃうなー」ってものもあると思いますが、そもそも日本人みんなに一致する性格なんてありえませんので、大雑把にとらえてくださいね(笑)。

national-character

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。