「否定疑問文への返事は逆」って言うのは忘れて下さい! こうすれば簡単に…

negative-question
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回はちょっと文法的な話題です。私が若いころに苦労した「否定疑問文」っていうやつについてです。

日本語の否定疑問文

「否定疑問文」って言われると、なんか難しく聞こえますが、要はアレです。

あの子、イケてない!?

……のように、否定文でする質問のことです。もう1個例を出すと……

なぁジョニー、疲れていないか?

ほら、疑問文だけど「否定」で聞いていますよね? これが否定疑問文です。

英語の否定疑問文

今度は英語の場合です。日本語と同じで、否定形を頭に持ってくるだけですね。中学校で習いました。

Aren't you tired?(疲れてない?)

ここまではいいと思うんですが、日本語と大幅に違うのは、この質問に対する返事です。ええ。中学校で習った「返事が逆になるよ!」の件です。

では返事の例を出します。

英語と日本語での返事例

まずは日本語。

A: 疲れてない?
B: うん。大丈夫!

次は英語です。

A: Aren't you tired?(疲れてない?)
B: No, I'm OK.(いや、大丈夫!)

はい。逆ですね。私も中学のときに、この辺で「英語むずすぎやわー!」って発狂したくなった記憶があります。

発狂する前に、ちょっと返事が逆になるっていうのは忘れて下さい。だって、「逆にしないと!」って思うのは思考回路に負担をかける気がしてしんどくないですか?

英語は否定疑問文も同じ返答

では英語の返事をもう一度見てみますね。

実は英語の方は至って簡単なんですよ。「否定疑問文」を「普通の疑問文」に直すんです。

A: Aren't you tired?(疲れてない?)→ Are you tired?
B: No, I'm OK.(いや、大丈夫!)

そうなんです。英語なら「Are you tired?」も「Aren't どっちも返事が同じなんです! なのである意味英語の方が簡単です。

こんな質問もあるよ

あと気をつけないといけないのは普通の文章の形なのに疑問形になっている質問です。

A: You don't like me?(私のこと好きじゃないの?)
B: Yes! Of course!(うん! もちろん! = 好きだよ)

これ、日本語で「うん! もちろん!」だけを見ると「嫌い」って意味になりますよねー。アブナイアブナイ(笑)。

でも英語だとさっきも書きましたが、質問を肯定に直したらいいので……

A: You like me?(私のこと好き?)
B: Yes! Of course!(うん! もちろん! = 好きだよ)

こういうことなんですね。普通の疑問文に直すとわかりやすいでしょ?

慣れすぎて困った

余談になるんですが、私はアメリカに行っていたときに、この否定疑問文の答え方にかなり苦戦しました。なので、すごく練習したんですよ。

練習して、慣れすぎて、本当に自然に返事ができるようになったんですが、これが日本語の方にも影響を与えてしまったんです。

で、帰国して、自動車の運転免許を取るために、筆記試験の勉強をしていたんです。私は暗記力にかなり自信があった(若いころは……)のにも関わらず、どうあがいても5問以上間違うんですよ。どの過去問題をやっても。

で、答え合わせをして、ちゃんと見なおしていたら気づいたんです。全部否定疑問文の問題の答えが間違えていたってことに。

例えば「信号が赤のときは進んではならない」って問題があったとします。「はい / いいえ」の解答なので、日本語だと「はい」が正解でした。でも英語式で「いいえ」って答えていたんですよ。すべて。

英語式に慣れきったらいいと思う

こんな体験をしましたが、でも英語に慣れきった方がいいと思います。こういう試験では気をつけないといけないけど。

だって、日本語で言う時に英語式で言ってもそんなに問題ないと思うんです。

A: 私のこと好きじゃないの?
B: うん! もちろん好きだよ!

……という風に後ろにフォローする文章を加えると、そんなに問題ないと思います。

やっぱり母語よりも外国語の方が難しいので、英語式の返事に染まりきってしまいましょう。なんなら、染まり切るために、日本語の否定疑問文でも英語式で答えたらいいんですよ。だって、母語(操りきれる)だからすぐにフォローできると思うので。

さて、今回は「否定疑問文」だけに焦点を当てました。途中で出てきましたが、否定疑問文を日本的な翻訳するのは絶対にやめてください。頭がこんがらがるだけですので!

とにかく最初のうちは「not」を取りはらって、普通の疑問文と思って返事するといいですよー!

negative-question

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。