何でも「OK」で答えていると残念なことになる件

okay
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

今回は、日本語でも広く浸透している「オーケー」という言葉について書きたいと思います。

世界中で通用する「OK」

日本語で「オーケー」は、「オッケー」と言ったりもしますが、英語・日本語にかかわらず、世界中で通用する言葉です。

英語での表記はいろいろあって……

  • OK
  • Okay
  • O.K.

などです。

日本語だと、「オーケー」は、どんなときに使いますか?

例えば、「これ、洗っておいてくれる?」「オッケー!」といった感じでしょうか。

「了解!」とか「いいよ」いう意味で使うのが一般的かなと思います。

日本語よりも幅広く使う英語の「OK」

英語ではもっと幅広く使います

もちろん「了解!」の意味でも使うのですが、「大丈夫(な)」と形容詞的に使うことも多いように思います。

例えば「大丈夫?」と聞きたいときに……

Are you OK?(大丈夫?)

……と言います。

また「○○しても大丈夫(いい)?」というときも、

Is that OK (if) ○○?(○○しても大丈夫?)

と言います。この文は便利なので、私はよく使います。また、「それでかまわないよ」というときは

I'm OK with that.(それでかまわないよ)

と言ったりします。

アメリカ人の夫に言われてわかったことなのですが、「OK」は、「大丈夫」という意味合いなので、時と場合によっては、「まあまあ(悪くない)」とか「そこそこ(悪くない)」という、許容範囲的な感じなのだそうです。

それこそ、パーフェクトじゃないけど
「まぁ……うん、大丈夫、我慢できる」
というような感じです。

「so-so」は使わない

余談ですが、昔、英語の授業で「How are you?」などの答えとして、「まあまあ」というときは、「so-so」と言えばいいと習ったように思います。

この「so-so」は、実際あまり耳にしません。

ネイティブの人が聞くと、かなり違和感があるようです。

日本で知り合ったイギリス人も言っていたのですが、「まあまあ(悪くない)」というよりも、「まあまあ(よくない)」という語感です。

私は、「まあまあ(悪くない)」に当てはまるのは「OK」だと思っています。

  • まあまあ(良くない)= so-so
  • まあまあ(悪くない)= OK

「まあまあ(悪くない)」の意味で「so-so」と使うと、言われた相手はすごく心配するので、話がかみ合わなくなる可能性大です。

「How are you?」の返事に対する「まあまあ」は?

そもそも「How are you?」のような挨拶のような軽い問いかけには、あまりマイナスなことは言わず、「great」や「good」、「fine」などを使って答えます

英会話教室でも、この会話から始まると思うのですが、要注意です。

「まあまあ」という気分のときは……

I’m OK.(まあまあ)

と言うことをおすすめします。

アメリカでは、買い物をするときも、よく店員さんから「How are you?」と問いかけられます。

決まり文句のような感じでもあるので、「Good. How are you?」のように、「I’m good」の「I’m」を省略したりして、パッパッパッとリズムよく答えます。

それ以外のときや、近しい人と話すときに、気分が落ちているなら、「So-so」ではなく「Not so good」や「Not very good」と言います。

すると、「何があったの?」という会話につながります。

「I'm OK」の語感って?

「Are you OK?」と聞かれて、全く問題がなければ、「I'm fine」と言ったりします。

まぁ、特に可もなく不可もなく「大丈夫」なら、そのまま「I'm OK」と答えるわけです。

英語では、知っている人に会ったときや家族と連絡を取るときに、「How are you?」と、日常的に「調子はどう?」「元気?」という意味で聞くのは有名ですよね?

そのときに「I'm OK」と言ってばかりいると、「Just OK?(OKなだけ?)」と思われます

この人、いつも調子がよくないんだな」と。調子がいいとか元気だとかを示す、「OK」のランクが低いということですね。

日本語の「オーケー」のイメージを考えると、もっと高いように思いませんか? 「うん、問題なく調子がいいよ」というときにも使ってしまいそうなので、注意が必要です。

繰り返しますが、「I'm OK」は「(可もなく不可もなく)大丈夫です」という語感で、「全く問題ないよ」というときは「OK」という言葉ではなく、「fine」を使います

何でも「OK」ばかりで答えていると……

あと、誘われたときに「OK」で返事をするのも注意が必要です。

たとえば友達からランチのお誘いを受けたとします。

「今度、ランチに行かない?」
「来週の土曜日はどうかな?」
「どの店にする? ○○はどう?」

これをもし「OK」だけや「I'm OK with that(まぁ、いいよ、大丈夫)」だけで答えてしまうと、「ほんとにランチに行きたいのかな?」と思われるんです

喜んでいる気持ちを言葉で表そう!

「了解!」の意味の「OK」はいいんです。

なので、「OK」の後に言葉を付け足すと、「楽しみ!」とか「いいね!」という気持ちが伝わります。

そんな気持ちを表す言葉として、「Sounds ○○」が便利です。「It sounds ○○」が短くなった形で、直訳すると、「○○のように聞こえる」ということなのですが、「○○な感じ」といえばいいでしょうか。

Sounds nice! → いいね!
Sounds fun! → 楽しそう!
Sounds good to me! → 良さそうだね!

それから、前述した「問題のない」という「fine」を使った「That's fine with me」や「I'm fine with that」も使えます。

「一緒に」という意味のこもった……

Let's do that!(そうしよう!)
Let's go there!(そこに行こう!)

……なんかも混ぜると、簡単な英語ですが、喜んでいる気持ちが伝わりますよ!

自分から「○○はどうかな?」と提案するときは「How about ○○?」と言えばいいです。

そうすることで、完全に受け身ではなくなりますし、相手に乗り気なのが伝わってさらにいいですね。

やっぱりせっかく誘ってくれたんですから、自分も乗り気なら、その気持ちは伝えたいですよね。

特に、面と向かっての会話なら、表情などで少し伝わるかもしれませんが、メールだと入力する言葉がすべてなので、うまく伝わりません。うまく伝えられないと、相手の気持ちも上がりません。

それってすごく残念なことだと思いませんか?

いかがでしょうか? 「了解!」の意味から派生したのか、日本語ではかなりプラスのイメージのある「オーケー」ですが、英語では、形容詞の役割としての「OK」は、「大丈夫」というレベルでした。

最後は、誘ってもらってうれしいときや、何かを一緒にしたいときは、「OK」と言うだけでは不十分(その気持ちはうまく伝わらない)ということ書きました。

私もうまく伝えられなくて、何度残念な思いをしてきたことか……。難しい英語でなくても、一言あるのとないのとで、相手に与える印象が全然違います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

okay

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。