閉音節と開音節って何? こうやってカタカナ英語が作られる

open-closed-syllable
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は言語の音声を学ぶときに必ず出てくるこちらの2つの言葉について紹介します。

  • 開音節
  • 閉音節

このブログでも何度か出てくると思うのでマニアックですがぜひ覚えてください!

「開音節」「閉音節」って?

言語には「開音節(かいおんせつ)」と「閉音節(へいおんせつ) 」というものが存在します。英語でいうと……

開音節
data
閉音節
date

ちょっとわかりにくいですよね。説明します。

上の「data(データ)」の発音は母音で終わっていますが、「date(日付)」の発音は子音で終わります(スペルでは「e」が付いているが発音しない)。

こんな感じで……

  • 母音で終わる語 …… 音節
  • 子音で終わる語 …… 音節

と呼びます。

日本語 → 開音節言語・英語 → 閉音節言語

で、「開音節」「閉音節」っていうのは言語によって傾向があります。

日本語は開音節言語なんですね。あと、イタリア語、スペイン語、ハワイ語等も開音節言語になります。

ほら、日本語の音の最小単位って「ひらがな1文字」ですよね?「ん」以外は必ず母音で終わります。

厳密には「~です」の「す」が「 s 」の発音になるとか、「あっ」みたいに促音で終わるときとか、子音で終わることもあるんですけどね(笑)。

逆に英語は閉音節言語になります。もちろんさっきの「data」の様に開音節で終わる単語もいろいろありますが、圧倒的に子音で終わる単語が多いです。

ついで言うと中国語、韓国語も閉音節言語です。

開音節言語圏の人が「閉音節言語」を話すという現実

そこで本題ですが、日本語(開音節言語)を話す人が英語(閉音節言語)を話すのは難しいんですね。

単語が「子音で終わる」という状態がどうも気持ち悪い

例えば「eat(食べる)」は子音の「 t 」で終わるのですが、どうしても母音の「 o 」を付けて「 ト(to)」で終わらせたくなりますよね?

というか、そもそも日本語のひらがなは「子音」+「母音」のワンセット(「か」なら「 k 」と「 a 」がセットになっている)でこれ以上分解できません。

なので「eat」の「 t 」みたいに子音一文字を表記するすべがないんですよ。

そうなると音声が似ているように感じる「ト」を最後に当てはめてしまうというわけです。閉音節の単語の開音節化の一丁上がりです。

日本語的発音の「eat(イート)」と英語の「eat」の音声の違いをお聞きください。

まず、日本語で「イート」と言って、英語の「eat」と言っています。これを2回繰り返しています。

どうでしょうか? 子音だけで終わるということがピンと来ましたか?

単語の最後どころか

この、英語では本来母音がないところに母音を挟み込むやり方ですが、単語の最後だけで終わりません。

例えば「child(子ども)」って単語があります。これを日本人が発音に発音すると「チャイルド」になります。これを英語に直すと……

chaild → chairudo

こんなふうな発音の変化になります。

いやー、母音をはさみまくっていますね(「 L 」が「 R(ラ行)」の発音になるのはさておき)。

こういう英語のことを「カタカナ英語」と呼びますが、英語圏の人に伝わらないハズですよ。

だって、母音を強引に挟み込んで、全然違う発音になっていますから。

さて今回はちょっと言語学っぽい単語「開音節」「閉音節」について説明しました。

こんな専門用語を覚えるのが大事なのではなく、結局のところ、日本語と英語にはこんな言語特性が違うこと。

そして、カタカナ英語はこんな理由で成立しているということなんかを知っておくと英語の発音を練習するときに役に立つかも?と思います。

たぶん、日本語話者にとって、子音で終わる……というのが落ち着かないとは思いますが、慣れですので。

open-closed-syllable

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。