日本に住んでいると英語が上達しないのはなぜ? だって日本にいたら…

opportunity-english
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

日本人の英語が上達しない……といろんな人が言っていますが、いろんな原因があります。その中でも今回は日本にいると英語に触れる機会がないことについてまとめます。

日本でいると英語を聞かない

たぶんこれを読んでくれている人は日本に住んでいる人が大半だと思います。

日本に住んでいて、なんで英語に慣れないのか……というと答えは簡単です。英語に触れる機会が少なすぎるからです。

例えば、シンガポールのような多民族国家だと、生活の中で日常的に英語が飛び交っています。シンガポールの公用語は、英語、マレー語、中国語(標準)、タミル語なんですね。

英語がネイティブの人種は元々あんまりいないシンガポールなのですが、みんなが違う言葉をしゃべると意思疎通ができないため、共通語として英語が必須になってくるということです。

ほかにも有名なところで、フィリピンやインドでもめっちゃたくさんの言語が使われているので、意思疎通の共通言語として英語は重要な役割を持っているんですね。

日本では英語がなくても問題ない

結局のところ、日本はシンガポールやインドみたいな国とは違い、英語がなくても皆がコミュニケーションできるという環境が違いすぎます。

なので一緒にはできませんが、日本で住んでいると圧倒的に英語に触れる機会が少ないわけです。

英語圏の観光客と話をする……のような非常に限られた仕事をしている人にとっては必須ですが、ほかの人には全く無縁でも、何の差支えもない言語です。

カタカナ英語は逆に重要

英語とは逆に、日本で住んでいてすごく重要な言語(?)が「カタカナ英語」です。

以前の記事でもかなり書いたのですが、これが問題なんですよね。日本人同士しか伝わらないという特色があって、日常会話にもバンバン使われるからです。

大げさに言うと、ちゃんとカタカナ英語を覚えていないと、ほかの人とのコミュニケーションに弊害が起きるんですね。笑えない話ですが、英語の授業中とかでも。

英語 < カタカナ英語

……と、こんな構図があるのですが、さらに問題なのは、私たちはカタカナ英語を「英語」という認識で使っていることですね。

イマージョン・プログラムというものも

そんな多言語国家みたいな状況を教育機関で強引にやろう!という動きもあります。

バイリンガル教育として有名な「イマージョン・プログラム」というものです。簡単に言うと、英語のみを使って数学や社会の授業をやっていく……というものです。

特に日本では、学校教育における国語以外の科目を英語を用いて教育する「英語イマージョン教育」が注目されている。

イマージョン・プログラム - Wikipediaより引用しました。

インターナショナルスクールもそうですね。そうなんですよ。ここまでしないと、なかなか「英語がペラペラ」にはならないってことです。

日常的に英語に触れる時間を増やすことが英語習得の鉄則なのですが、こういう状況なのでなかなか難しいです。

そんな中すごいプログラムがあります。それは無料でフィリピンのセブ島へ留学できるプログラムです!

フィリピンに行って英語にまみれる経験をすれば日本でちまちま勉強するよりも一気にレベルアップできるはず。かなりオススメですよ!

opportunity-english

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。