「過剰般化」していませんか? 英語に慣れてきてやらかすこと

overgeneralization
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は言語教育の場でよく見かける「過剰般化(かじょうはんか)」っていう現象について紹介します!

過剰般化って??

言語を学ぶときに新しいルールを覚えたとします。日本語だと「漫画の本」というように「の」を使うと「漫画」と「本」という2つの名詞を合体できるというルールです。

これを覚えた外国の人の中には、そのルールを過剰に一般化させて「面白い本」と言う方がいます。こういう現象を「過剰般化」って言うんですね。

これはどんな言語を勉強していても起こりえることで、英語を勉強しているときにもよく直面すると思います。

「 s 」を何でもかんでも「th」と発音

英語での過剰般化の例で言うと、「eat(食べる)」の過去形を「ed」をつけて「eated(本当は『ate』)」と言ったりすることですね。

私の場合は発音でよく過剰般化させていました。例えば「th」の発音に慣れる過程で、「 s 」の発音を何でもかんでも「th」で発音させていました。

例えば、「muscle(筋肉)」を発音するときに、「マッthル」という風に(笑)。何度言っても通じませんでした。

そりゃそうですよ。英語では「 s 」と「th」は全く違う発音で、区別がしっかりとありますから。「sing(歌う)」と「thing(もの)」とか「moss(コケ)」と「moth(蛾)」なんかがそうですね。

「 L 」と「 R 」の混同も

ほかにも「 L 」の発音をめっちゃ練習していたときにやらかしていたのが、「 R 」の発音も「 L 」の発音をしてしまうこと。

日本人にとって「 L 」と「 R 」の違いってすごく難しいです。日本語ではどちらも「ラ行」として処理していたのに、2つの音に分けなければならないとなると、かなり意識しないと難しいです。

でも、本当に気をつけてください。「 R 」で発音すべき「 rice(米)」を「 lice(シラミの複数形)」で発音すると大変ですので。

という訳で今回は「過剰般化」って専門用語の説明でした。

普通はこんな言葉知らないし、知る必要もないと思います。でも英語を勉強していると、こういうことをやらかす危険がある……ということを知っておくと回避できることもあるかなと思って書きました。ほほぉと思っていただけると嬉しいです!

overgeneralization

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。