フォニックスアルファベットとは? アルファベットには「名前」と「読み方」があるんです!

phonics-alphabet
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は「フォニックスアルファベット(Phonics Alphabet)」について紹介します。わたしの英語の発音が急激に上手になったのは完全にフォニックスのお陰です。

アルファベットを読んでください

まずこちらを読んで下さい。

A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N、O、P、Q、R、S、T、U、V、W、X、Y、Z

そうそう。「エイ、ビー、シー……」というアレですね。簡単すぎますよね(笑)。

日本人は中学校で英語が必修科目なので読めるはず。

では今度はこちらを読んでください。

APPLE

なんて読みましたか?「エイピーピーエルイー」って読んだ人いますか?

なんかおかしくないですか?!

カンの良い方はお気づきかもしれませんが、そうなんです。

英語のアルファベットには「名前」と「読み方」の2種類があるんです。

英語の「名前」?

まずは英語の「名前」について紹介します。

英語の名前というのは、たとえば「 A 」に当てはめられた名前です。

「この『 A 』という文字の名前は何ですか?」と聞かれると「ei(エイ)」という名前なんですね。 そう、「 A 」という記号の名前ですね。

もちろん、「 B 」なら「bi:(ビー)」、「 C 」なら「si:(シー)」という名前です。

実は、誰もが知っている「エイ」「ビー」「シー」という読み方は、この文字たちの名前だったんですねー。

じゃあ肝心の「読み方」は?

では、肝心の「読み方」ってなんでしょうか?

「 A 」なら「アとエの間の『ア』」みたいに聞いたことがあると思いますが、あれが「 A 」の読み方なんですね。

「 B 」だったら「 ブっ (← 子音なので日本語で表記できない)」っていう音です。

こういう、アルファベットの「名前」ではなく「読み方」を「フォニックスアルファベット」と呼びます。

フォニックスアルファベット?

この「フォニックスアルファベット」という名称ですが、最初は「え? フェニックス? 不死鳥??」でした(笑)。

「フォニックス」というのは英語の「phonics」です。 この「phonics」の語源は「phone(音を出す・伝える)」という意味なんですね。つまり「音」にフォーカスしたアルファベットということ。

たぶん後ろについている「ic」は「性質がある」という接尾辞で「 s 」は複数形でしょうか。

Wikipediaにはこう説明がされています。

フォニックス(英: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。

フォニックス - Wikipediaより引用しました。

なんと! 英語圏でも子どもが「フォニックス」で読み方を習っているんですね。つまり、日本語で言うと「よみがな」的な位置づけです。

フォニックスで英語への意識が変革した

ここまで説明しても「フォニックス」は聞かないとピンと来ないと思います。

ということでフォニックスの歌の動画があったのでごらんください。

「A is for Apple, a, a, apple~♪」という感じで続いていくのですが、最初の「A is for...」の「 A 」が名前ですよね。

で、次に続く「a, a...」と言っているところが「読み方」……つまり「フォニックス」です!

これを一通り覚えると、初めて出合った英単語でもたいてい読めるんですよ。これを知って、わたしの英語に対する意識が変わりました。

英語って思ってたより簡単かも?……と英語を読むときのハードルが下がりました

ということで、今後もこのブログでは音声のことをマニアックにわかりやすく書いていきます。

書いていて思いましたが、助詞として使われる「は」で例えるとわかりやすいかも。

この「は」というひらがなは「ha」という名前ですが、「私……」のときは「wa」という発音になりますね。でも「は」だけを書いているものを見て「わ」と発音する人はいません。

フォニックスアルファベットをマスターすることで英語の発音は劇的によくなるし、英語に対するハードルが下がるので絶対におすすめです。

こちらはわたしにとっての英語の神本です。ゴリ押ししておきます。

phonics-alphabet

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。