ソレって尋問だと思われるよ! 英語で質問をしたら自分のことを言おう!

question-talk-yourself
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

私は英語を勉強し始めた時(学校の英語教育じゃないよ)、英語圏の人と交流したくてたまりませんでした。

でも初めのうちはいろんな失敗をしてきました。その中でも今回はよくありがちな「尋問系」について紹介します。

英語で質問

英会話を習い始めて間もない人って、英語でコミュニケーションするのはなかなか難しいです。

何て話しかけたらいいんだろう??

……と、まず思いますよね。で、手っ取り早いのが「質問」をすることです。

例えばこんなやつ。

  • Where are you from?(どこから来ましたか?)
  • Do you like Japanese food?(日本の食べ物は好きですか?)
  • Do you speak Japanese?(日本語を話せますか?)

まぁ、こういうやつですよね。

質問攻めになってします

で、たぶん自分で英語を話すよりも聞くほうが簡単なので、相手の答えを聞いたら、次の質問をどんどんしていってしまうんですよね。

日本語で見てみますね。

A: どこから来ましたか?
B: アメリカです。
A: なぜ来ましたか?
B: 日本語を勉強したいからです。
A: 日本食は好きですか?
B: はい。

これ、何かに似ていませんか? 外国に行って、入国するときにパスポートを見せながら聞かれるあの質問攻撃ですよ。もっと言えば容疑で捕まった時にされる尋問ですよ。

どうすればよい?

じゃあどうしたら尋問にならないんでしょうね? もちろん日本語を話している時なら質問攻撃をしないはずです。

でも英語なのでそこまでの単語バリエーションもないし、困りますよね。でも簡単なんです。

相手の答えを聞いたあとは、自分のことを話したらいいだけです!

A: Do you like Japanese food?(日本食はお好きですか?)
B: Yes! I love sushi!(はい! 寿司が大好き!)
A: Really? Me too!(ほんとに? 私も!) I like egg one.(私は卵のやつが好きです)

ほら、自然な会話に近くなってきましたよ。たぶん詳しく言うと相手もさらにいろんなことを話してくれるので、考えなくてもいろんな会話に発展していくと思います。

不信感もなくなるよ

自分のことばかり聞かれるのは気持ち悪いですよね。集めた情報を悪用されるんじゃないか……!?と思われたりするかも知れません。

でも自分のこともちゃんと言うことで、自分だけが質問されているという状態から脱却できるので、自然と普通の会話に近くなります。

だって、会話ってこっち側だけでするものじゃなく、相互にやるものですからね。質問→回答の連続はただの尋問だということを覚えておきましょう!

私が英語が全然話せないころは、会話が止まるのが怖くてまさに今回の記事のように質問攻めにしてきました。

自分がした質問の回答について自分のことを話すだけでいいんです! なので最低でも自分がする質問への返事ぐらいは練習しておきましょうね! 新しい人と会うたびにすることになると思うし!

question-talk-yourself

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。