英語の母音の発音を良くする究極の秘密……「円唇」「非円唇」

round-vowel
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は母音の知られざる究極の特性についてお話します。これを知っていると知らないでは英語を始めとする外国語の発音にとんでもない差が出てきますよー!

母音の知られざる究極の特性とは?!

さて「母音の知られざる究極の特性」なんて大げさに言っていますが、言ってみると一発で終わります。

それは……

口をすぼめるか、すぼめないかです。

いきなりこんなこと言っても「意味分かんねぇよ!」……ですよねぇ(笑)。順を追って説明していきますね!

日本語の「ウ」を発音してみて!

またしても突然妙なことを言いますが、日本語の「」を発音してみてください。

実はこれ、同じ日本人でも2通りの「ウ」があると思うんです。傾向としては関西の人は口を丸くして「う」って言ったのではないでしょうか? 逆に関東の人はあまり口を丸めないで「ウ」と言うと思います。

あくまで方言的な傾向なので、個人個人で違うと思いますが、共通語としての「ウ」は口をあまり丸くせずに言います。

この2つの発音を大げさに言ってみたので音声も聞いてみてください。

まずは口をすぼめずに「ウ」、続いて口をすぼめて「ウ」と言っています。これを2回繰り返しました。

2つの「ウ」は違う母音?!

この「口を丸めない『ウ』」と、「口を丸めて言う『ウ』」ですが、厳密には違う母音です。ですが、日本語にこの2つの母音を区別していないため、日本人には同じに聞こえます。

例えば、韓国語ではこの2つの母音が別の母音としてあるため、口をすぼめて「ウシ」というときと、口をすぼめないで「ウシ」というときは別の単語になるというわけです(韓国語に「ウシ」なんて発音があるか知りませんが)。

ちょっと発音してみました。

まずは口をすぼめない「ウし」、次は口をすぼめて「うし」と言っています。これを2度繰り返しています。

母音が違うので、この2つは国際発音記号で書くと以下のようになります。

左: 口をすぼめない「ウ」・右: 口をすぼめる「ウ」
左: 口をすぼめない「ウ」・右: 口をすぼめる「ウ」

見慣れませんが、日本語の専門書では左側の「u」を重ねたような発音記号で日本語の「ウ」を表します。まぁ、厳密には日本語の「ウ」も少しは口をすぼめるんですけどね。

英語の発音へ応用してみる

実はこのすぼめる口を使えば、英語の「wood」とか「zoo」の発音がよくなるんですね。

だってこれらの発音記号は円唇母音の「 u 」ですもん。

日本語の「ウ」と英語の「ウ」の違いは、舌の位置より何より、口を丸くするかどうかの差が一番大きいですから。

英語の発音が苦手でも、ただ単に口をすぼめてカタカナ英語の「ズー」「ウッド」って言うだけでも少しマシになるので、やってみてください。

日本語と英語の「ウ」が違うのに同じ「 u 」を使っているのがややこしいんですよね。

左: 口をすぼめない「ウ」・右: 口をすぼめる「ウ」
左: 口をすぼめない「ウ」・右: 口をすぼめる「ウ」

本当は上のように別々の表記がいいんですが、日本語の「ウ」の表記はアルファベットにないし、パソコンで入力しても出なくて不便なので一般的には「 u 」 を代わりに使っているというわけ。

実はすべての母音に適応できる

「ウ」を例に挙げて紹介しましたが、実はこの「口をすぼめるか否か」はすべての母音に当てはまります

こちらをお聞き下さい。

まず、普通に「あ・い・う・え・お」と言ったあと、口をすぼめて「あ・い・う・え・お」と言っています

ほら、我々日本人が聞くと「なんかふてくされて『あ・い・う・え・お』って言ってるぞ!」としか認識されませんが、この2つの言い方はそういう発話者の感情の違いではなく、母音の違いなんです。

日本語の「オ」は円唇母音なので、上の音声での発音は1回目も2回目もほぼ同じです。

母音の表

では母音の表を見てみます。母音は無数にあるよっていう記事に詳しく書いていますが、この表は口の中のマップのようなものです。

まず1つめの表です。こちらは、口をすぼめずに発音する母音の表です。専門用語で「 非円唇(ひえんしん)母音」と言います。

非円唇母音の図
非円唇母音の図

右上に、日本語の「ウ」がきていますね。さっきの発音記号です。

お次は円唇母音です。口をすぼめて発音する母音たちですね。

円唇母音の図
円唇母音の図

発音がなんか違う!?と思ったら……

2つがバラバラだとわかりにくいので1つにまとめました。

非円唇母音と円唇母音の図
非円唇母音と円唇母音の図

左上を見てみると、非円唇母音の「 i(イ)」が円唇母音(口をすぼめる)になると「 y 」になっています。

ちょっとこれを発音してみてください。口を丸くしたまま「イ」って言えばいいので、たぶんできるのではないかなと思います。

ほら、今「 y 」の発音ができましたよ! 中国語にこの母音がありますが、これで中国語を習った時にすぐに発音できますね。

言語を勉強していて、なんか自分の母音の発音が違う!?と思ったら口を丸くして(もしくは丸くしないで)発音すればネイティブの発音に近づくかもしれませんよ!

この表があればどんな母音も発音できる

という訳で、この表があればどんな母音も頭では発音する方法が理解できるようになると思います。

最後に比較のために日本語の母音の発音図を載せておきますね。

日本語の母音の場所
日本語の母音の場所

母音は「あいうえお」だけじゃない!っていう記事を書いたときに、母音は「舌の高さ」と「舌の前後の位置」で決まると書きました。今回は3つ目の要素「口を丸めるか否か」についてでした。

たぶん、専門的に言語を勉強しないとほとんどの人類が知らないことだと思いますが、外国語を勉強するときに知っているとすごく便利になります。

ぜひ応用して外国語習得に役立てて下さいね!

round-vowel

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。