シャドーイングは毎日10分! 英語のリズムに慣れるために【英語発音クラスレポ(2)】

shadowing
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

今回は英語のリズムに慣れるために効果的と言われるシャドーイング(shadowing)についてです。

リズムをつかむためのシャドーイング

英語の発音クラスで、先生からの話の中でこんな説明がありました。

「どの言語もリズムパターンがあって、それは音楽のようでもある。英語には英語のリズムがあるから、それに慣れて実践していくことが大事」

そのリズムは理屈でどうこうするのではなく、右脳の働きと関係があるそうです。

初日から、英語のリズムに慣れるための宿題が出されました。

それは毎日10分以上、シャドーイングをすること。

シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。

シャドーイング - Wikipediaより引用しました。

シャドーイングってなに?

シャドーイング(shadowing)とは、ニュースなどの英語を聞きながら、その聞いたことを同時に口に出してマネするというものです。

もちろん、本当に同時に言うのは無理なので、少し遅れてになりますが。

これがなかなか難しい。右脳と関係があるそうなのですが、思うとおりにできません。肩に力を入れれば入れるほど、うまくいきません。

何と言っているのか、言葉を聞くことに気を取られると話せないんですね。

話そうと思って集中すると、言葉が耳に入ってこないし。「少し遅れて」というのも難しいです。

毎日10分のシャドーイングで英語のリズムを得る

先生が言うにはネイティブでも難しいとのこと。ただ、これをすると、英語のリズムや言葉の強弱のつけ方に慣れるそうです。

毎日10分のシャドーイングを続けていると、自分で意識しなくても英語のリズムで言葉が口から出るのだそうです。

そこまでは無理にしても、リズムに慣れることは間違いないと思うので、やってみる価値はありそうです。

シャドーイングはリラックスしてやると効果的

シャドーイングを始めてしばらくして、ある疑問がわいてきました。

それは、リラックスしながらすればいいのか、それとも、集中してすればいいのか?

先生に聞いてみると、「リラックスした状態ですればいいよ」とのこと。

シャドーイングは、リズムを身につけるためのもの。また、右脳を使うものなので、「考える」よりは「感じる」方が良いそうです。

やっていると、つい、がつがつ言葉を追ってしまいますが、そうする必要はないということですね。

また、うまく言えなくても、リズムを身につけることには関係がないんですね。とにかく、リズムが大事。

シャドーイングのコツ

シャドーイングのコツとして先生がこのように言っていました。

  • 何も考えずに
  • 感覚で絵を描くように
  • リズムを身体で感じて
  • 聞きとった言葉を声に出していく

……ようにすればいいと。

そこで、何かをしながらシャドーイングしてもいいか聞くと、「その方がリラックスできるかもね」という答えでした。

例えば、家事をしながらシャドーイング、これなら、わざわざシャドーイングに時間を取る必要はありませんし、がんばれそうですね。

……といっても、実際やってみると、シャドーイングに気を取られて、家事が全く進みませんが。みなさんも「リラックス」を心がけて続けてみましょう!!

シャドーイングにオススメのサイト

英語のリズムに慣れるためにニュースを聞いたり、映画を見たり、という話はよく聞きますが、自分で声に出すまではやったことがなかったです。

そこがポイントなのかもしれません。ということで、よかったら皆さんも一緒にどうですか?

普通のニュースでもできると思いますが、こちらはレベルが選べるのでいいですね。

使われているボキャブラリーが各レベルによってコントロールされていると思います。

パソコンでアクセスすると、ページ上部の青いバーの部分でレベルが選べます。

上の青いバーでレベルを選択できる
上の青いバーでレベルを選択できる

スマートフォンだと、右上の虫眼鏡のマークの横のオーディオメニュー画面で選べます。

先生には、うまく言えなくても、言葉がわからなくても気にせず、続けるように言われました。

ニュースで何を言っているのかというのは、このトレーニングではあまり関係がないんですね。

さて、今回はシャドーイングについてまとめてみました。

次回は英語のアクセント(ストレス)についてまとめます!

shadowing

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。