あなたの英語が通じない3つの理由とは?「発音」だけでなく「ストレス」の重要!

stress-important
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

英語の発音を良くするためには「ストレス(アクセント)」のある音節の位置と発音を覚えることが大切です。

今回は、日本人が英語を話すときに伝わらない3つの理由と、「ストレス」の重要性についてまとめます。

なぜ発音が悪いとわかってもらえないのか

言葉は合っているのに、英語が通じない……(泣)。

でも、なぜ発音が悪いと相手にわかってもらえないのでしょう?

単語の音節を正しく発音できないこと、そして単語の中にあるストレスのつけ方をよく間違うことが原因です。

ということで、私達がよく間違う「誤用」の例を3つ見ていきましょう。

【誤用の例1】余計な母音を足してしまう

まずは、英単語に余計な母音を足してしまうこと。

これは「日本語が開音節言語で英語が閉音節言語」という記事でもありますが、言語的な特性の違いが原因になります。

例えば「chocolate」。最後の「te」は、子音の「 t 」だけを発音します。母音がなく、軽めに「トゥ」と息を出す感じです(母音の「ゥ」は言わない)。

日本語の「チョコレート」は、最後の「ト(to)」はがっつり「 o(母音)」の音まで出しますよね。

そこで、「chocolate」と言う時、日本語の「チョコレート」に影響されて、「トゥ(『 t 』の音のみ)」ではなく「ト(to)」の「o」の音を強く出してしまう。

こうなると英語圏の人にはまったく違う単語に聞こえるため、通じないわけです。

【誤用の例2】必要な音を消してしまう

例えば「tomato」。

英語では「トメイトウ」のように発音し、最後の「o」も「オウ」と、しっかり発音します。

この「 o 」を勝手に打ち消して、軽く息を出すだけの「t(トゥ)」だけで発音してしまうと通じないんです。

こちらの、語尾に来る「 o 」については以前の記事にもあるのでご参考に!

【誤用3】間違った音節で強く発音してしまう誤用

例えば「coffee」という単語。

英語では「フィ」のように発音し、前半の「cof」にストレスがあります。

これを間違って後半の「fee」にストレスをつけて「カフィ~」と発音してしまうと全く違う単語に聞こえます。

こちらの音声データの例もお聞きください。

最初に言った「suspect」は後ろにストレスがあるので「動詞(「疑う」の意味)」ですね。

2回目の「suspect」は前の方にストレスがあるので「名詞(「容疑者」の意味)」です(音声ではこれを2回繰り返してます)。

このようにストレスを付ける場所によって違う意味になってしまいます。

英語話者にはどうやって言葉を聞き取っているの?

上で紹介したような誤用で話してしまうと、聞き手のネイティブの英語話者にどういうことが起こるのか? ということですが……

何を言っているのか全く伝わらない!んですね。

たしかに、よけいな音を出してしまったり、必要な音を消してしまったりすると、「違う言葉に聞こえるんだろうな」というのもわかります。

ここで重要なのは、発音が正しくても、ストレスのある音節を間違えるとわかってもらえないことがあるということ。

ネイティブの英語話者がストレスパターンで言葉をおぼえているため、ストレスパターンが非常に重要なんですね。

ストレスの位置を間違える=音痴の歌

私は「発音がいいと、単に聞こえがいいから聞き取りやすいのかな?」と思っていました。

そんな表面的なことではなく、ネイティブの英語話者は、ストレスパターンで言葉を認識しているということなんですね。

言葉は乱暴かもしれませんが、音痴でリズムの狂った、滑舌の悪い歌がよくわからないのと同じのようです。

「そんなに変わらないのに、なぜわかってもらえないんだろう(違うと認識されてしまうんだろう)?」と思うこともありましたが、想像以上に大事なのです。

私は「少しの違い」と思っていましたが、ネイティブの英語話者にとっては、まさにそこがポイントだったんです!

言葉を認識する判断の基準が日本人の感覚とは全く違うようです。

日本の学校の授業でも重要性を教えてほしい

昔、学校の英語の授業で、「この単語のストレス(アクセント)の位置はどこでしょう?」というような問題がテストに出てきたような気がします。

でも、ストレスの重要性は全く習いませんでした

ストレスパターンは、言葉を認識する重要なツールだったんですね。

ぜひ、日本の学校でも「ストレス」の重要性についても教えてほしいなぁ……とここ、アメリカの地で思いました。

いかがでしたか?

言葉は間違っていないのに、自分の言葉が通じないときは、発音だけでなく「ストレスの場所が間違っているのかも……」と疑ってみてください。

正しい発音はもちろんですが、強弱や音の高低、長短も、ネイティブの英語話者にとっては、言葉を認識する大きなポイントなのです。

日本人が思っている以上に、英単語のストレスは奥深いし、重要な項目です。私は完全に甘く見ていました……。反省。

心を入れ替えて、少しでもネイティブの英語話者のストレスパターンに近づけるようがんばります!!

stress-important

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。