カナダデーとは? 7月1日のカナダの建国記念日のこと

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

カナダでは毎年7月1日は「Canada Day(カナダデー)」と呼ばれる祝日です。

今回は、カナダデーがどんな日なのかについてまとめました。

7月1日は「Canada Day(カナダデー)」

毎年7月1日の「Canada Day(カナダデー)」ですがどんな日のことでしょうか?

実は、カナダの建国記念日なんですね。国民の祝日になっているため、カナダでは学校や職場がお休みの日です。

カナダの国旗
カナダの国旗

1867年7月1日がカナダの誕生日で、カナダが1つの連邦として自治を開始した日です。

カナダは2017年に150周年を迎えた

上で1867年の7月1日と書きましたが、そうなんですよ!

カナダは超若い国で、2017年で記念すべき150周年を迎えました。

カナダ建国150年の記念の文字が見えます
カナダ建国150年の記念の文字が見えます。

上の写真は2017年の夏にビクトリアに行ったときの写真ですが、「CANADA 150」の文字が見えますよね!

150周年ということでいろんなところでこのロゴを見かけましたよ。

カナダデーには盛大なイベントが

カナダデーには、カナダ各地で盛大なイベントが開催されます。

日本だと建国記念日には何もイベントをしないと思いますが、カナダやアメリカの独立記念日には各地で催しが行われます。

大きな花火が上がって、たくさんのアクティビティがダウンタウンでも行われます。

フリーコンサートや、コメディアンや大道芸人などのライブパフォーマンスとかもあって、楽しい雰囲気です。

イベントではカナダのナショナルカラー「赤」と「白」を身にまとっている方もよく見かけます。

カナダデーが近くなってくると、こんな感じでお店にカナダデー用の服などが販売されるんですよ!

カナダデーの子ども用の服
カナダデーの子ども用の服

上の写真は子ども用ですが、もちろん大人用もあります。

カナダデー用の大人の服
カナダデー用の大人の服

けっこう派手ですよね(笑)。

日本だと日本の国旗デザインの服なんて着ていると変な目で見られそうですが、カナダの人はあえてカナダの国旗デザインのもの(ピンバッジとか)を着けてたりします。

国旗に対するイメージがあまりにも違うので驚きです。

カナダデーには何をするの?

では、イベントに行かない方は、一般的には何をするのでしょうか?

クリスマスみたいに「クリスマスツリー」を飾るとか、ハロウィンのようにカボチャを飾ったりしません。

強いていうと、カナダの国旗のものを飾って祝う感じですね。

カナダの国旗デザインのグッズ
カナダの国旗デザインのグッズ

多くの人は家族や友達と過ごします。バーベキューとかで集まることが多いようです。

ほかには、ハイキングやキャンプに出かける人も多いです。

7月の始めと言うと、日本では梅雨シーズン真っ盛りですが、カナダでは最も気候がいい時期です。

なので、泳ぎに行ったり公園に出かけたりという人も多いです。

さて、今回はカナダデー(Canada Day)についてまとめました。

何度かカナダに行っているわたしですが、残念ながら未だにカナダデーをカナダで過ごしたことがないんです。

またカナダデーでイベントなどに参加したら追記しようと思います!

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?