英語の副詞の種類は「5種類+その他」に分けると理解しやすいよ

サッシ

こんにちは、サッシ です。

「副詞」という品詞は、「名詞以外を修飾する」という役割を持っています。

……と一言でまとめるとモヤっとしますよね。副詞って、いろんな意味・種類の言葉を寄せ集めた品詞ですから。

もっと深く理解するために、どういうものが副詞に含まれるかを具体的に見てみましょう。

ということで、今回は「5種類+その他」に分けて「副詞の種類」を詳しく紹介します。

副詞とは

まず、「副詞」とは何かをかんたんに紹介しておきますね。

英語の「副詞(adverb)」とは、「名詞以外を修飾する」という役割の品詞です。

例えば「速く走る」の「速く(fast)」がそれに当たります。

オオカミ

She runs fast.
(彼女は速く走る)

この場合、「速く(fast)」という言葉が「走る(run)」という「動詞」に掛かっていますよね?

このような働きを持つ言葉を「副詞」と言います。

サッシ

名詞以外であれば、「動詞」も「形容詞」も「副詞」も修飾できますよ。

さらに言うと、なんと「文全体」を修飾することだってOKです!

詳しくは、副詞についてのページをご覧ください。

5種類の副詞+その他

副詞は「その他の言葉」という意味でもあるので、副詞に含まれる言葉はかなり多いです。

いろいろ考え方はありますが、英語の副詞の種類は以下の「5種類+その他」と捉えると分かりやすいですよ。

5種類の副詞+その他

  • 時間の副詞
  • 場所の副詞
  • 様態の副詞
  • 程度の副詞
  • 頻度の副詞
  • その他の副詞

ここから、それぞれ順番に紹介していきますね!

時間の副詞(Adverbs of time)

まずは「時間の副詞」です。

名前の通り、「今」や「昨日」といった「時間」に関する副詞のグループですね。

サッシ

「時間の副詞」は文頭や文末に置かれる場合が多いですよ。

こちらの例文では「yesterday(昨日)」と「already(すでに)」が「時間の副詞」です!

オオカミ

I bought a new game yesterday.
昨日、新しいゲームを買ったよ)

ウサギ

I've already got it. LOL
(ソレ、すでに買ってるよーんw)

「時間の副詞」の一覧

「時間の副詞」には以下のような言葉が含まれます。

「時間」を表す副詞

  • afterwards(その後で)
  • already(すでに)
  • after(後)
  • before(前)
  • early(早く)
  • finally(最後に)
  • immediately(即座に)
  • lately(最近)
  • later(後で)
  • now(今)
  • recently(最近)
  • soon(まもなく)
  • still(まだ)
  • then(その時)
  • today(今日)
  • tomorrow(明日)
  • yesterday(昨日)
  • yet(すでに)

場所の副詞(Adverbs of place)

お次は「場所の副詞」です。

これも名前の通り「場所」に関する副詞のグループを指します。

例えば「near(近くに)」や「outside(外に)」といった言葉ですね。

サッシ

「場所の副詞」は基本的に文末に置かれますよ。

こちらの例だと「here(ここ)」と「outside(外に)」がそうですね!

ウサギ

Hey, come here !
(お~い、こっち来なよ!)

オオカミ

I don't wanna go outside right now.
(今、外に行きたくない)

※「wanna」は口語で使われる「want to」の略。

ちなみに、オオカミさんの言っている「now(今)」は先ほど紹介した「時間の副詞」です。

「場所の副詞」の一覧

以下のような言葉が「場所の副詞」に含まれます。

「場所」を表す副詞

  • abroad(海外に)
  • above(上に)
  • below(下に)
  • downstairs(階下に)
  • far(遠く)
  • here(ここ)
  • home(家に)
  • near(近く)
  • nowhere(どこにも~ない)
  • outside(外に)
  • there(そこ)
  • under(下に)
  • up(上に)
  • upstairs(階上へ)

様態の副詞(Adverbs of manner)

続いては「様態の副詞」です。

……って、「様態」と言われても、ちょっとイメージ湧かないですよね(笑)

「様態」とは「様子や状態」のことで、「すぐに(quickly)」や「正しく(right)」といった言葉が含まれます。

サッシ

「様態の副詞」は一般動詞の直前か文末に置かれることが多いですよ。

こちらの例でご確認ください。「very well(上手に)」と「slowly(ゆっくりと)」が「様態の副詞」に該当しますよ!

オオカミ

I don't touch-type very well.
(タッチタイピングが上手にできないんだ……)

ウサギ

Don't worry ! Just go slowly.
(大丈夫!ゆっくりやればいいんだよ)

「様態の副詞」の一覧

以下のような言葉たちが「様態の副詞」です。

「様態」を表す副詞

  • accurately(正確に)
  • badly(悪く)
  • beautifully(美しく)
  • carefully(気をつけて)
  • expertly(専門的に)
  • fast(速く)
  • greedily(貪欲に)
  • happily(幸せに)
  • hard(一生懸命に)
  • Kindly(親切に)
  • loudly(大きく)
  • quickly(すぐに)
  • quietly(静かに)
  • right(正しく)
  • sadly(悲しく)
  • slowly(ゆっくりに)
  • suddenly(突然に)
  • well(上手に)
サッシ

様態の副詞は「形容詞+ly」の形が多いですよ!

「ly」が付くものが多い

  • beautiful + ly = beautifully
  • slow + ly = slowly

程度の副詞(Adverbs of degree)

さらに「程度の副詞」というグループもあります。

「程度」とは「わずかに(slightly)」や「十分に(enough)」といった言葉のことです。

「ベリーグッド(very good = とても良い)」の「very」も程度の副詞なんですよ。

サッシ

程度の副詞は「形容詞の直前」で使うことができます。

こちらの例では「pretty(かなり)」と「too(〜すぎる)」が「程度の副詞」ですね。

ウサギ

This game is pretty fun !
(このゲーム、かなり面白い!)

オオカミ

Yeah. It's too exciting to stop it.
(うん、面白すぎてやめられないよ)

「助動詞・動詞の前」や「文頭・文末」にも置けるものもありますよ。

文頭・文末の例

  • I absolutely will win the game.(私は絶対にその試合に勝つつもりだ)
  • Thank you very much.(ありがとう!)

「程度の副詞」の一覧

「程度」の副詞には以下のようなものがあります。

「程度」を表す副詞

  • absolutely(絶対に)
  • almost(ほとんど)
  • completely(完全に)
  • enough(十分に)
  • extremely(極端に)
  • fairly(公平に)
  • just(ちょうど)
  • much(大いに)
  • perfectly(完璧に)
  • pretty(かなり)
  • quite(まったく)
  • really(本当に)
  • remarkably(著しく)
  • slightly(わずかに)
  • so(とても)
  • terribly(ひどく)
  • too(~すぎる)
  • totally(全体的に)
  • utterly(すっかり)
  • very(とても)

頻度の副詞(Adverbs of frequency)

5つ目のグループは「頻度の副詞」です。

「程度」とちょっと名前が似ていますが、「いつも(always)」や「時々(sometimes)」といった言葉が「頻度」ですよ。

代表的な「頻度」の副詞を「頻度が高い順」に並べると以下のようになります。

副詞を「頻度」の高い順に

  1. always(いつも)
  2. usually(たいてい)
  3. often(よく)
  4. sometimes(時々)
  5. seldom(めったにない)
  6. hardly(ほとんど~ない)
  7. never(決して~ない)
サッシ

これらの副詞は「主語と動詞の間」に入れてくださいね。

こちらの例文でご確認ください。

ウサギ

I sometimes lose in the game.
(私はときどきゲームで負けるよ)

オオカミ

Sometimes ? You always lose.
(ときどき? 君はいつも負けているよ)

「sometimes(ときどき)」と「always(いつも)」が「頻度の副詞」ですね。

「daily(毎日)」「weekly(毎週)」「monthly(毎月)」「yearly(毎年)」なども頻度の副詞です。

「頻度の副詞」の一覧

以下の言葉たちが「頻度の副詞」に含まれますよ。

「頻度」を表す副詞

  • again(再び)
  • always(いつも)
  • daily(毎日)
  • ever(今までに~)
  • frequently(頻繁に)
  • hardly(ほとんど~ない)
  • monthly(毎月)
  • never(決して~ない)
  • occasionally(時々)
  • often(よく)
  • rarely(稀に)
  • seldom(めったにない)
  • sometimes(時々)
  • twice(二度)
  • usually(たいてい)
  • weekly(毎週)
  • yearly(毎年)

その他の副詞

最後は「その他の副詞」です。

これまでに紹介した5種類に入らないものは「その他」と考えておくと良いですよ。

例えば「personally(個人的に)」や「maybe(たぶん)」などですね。

接続詞と思われがちな「however(しかしながら)」も実は副詞なんです!

ウサギ

I want to buy some carrots. However, I have no money.
(私はニンジンを買いたい。しかーし!お金がないんだ)

オオカミ

You could say simply "Please lend me some money ".
(単純に「お金貸して」って言っていいんだよ)

※ 「しかし」と言いたいときは普通は「but」を使います。「however」は主に書き言葉です。

「その他の副詞」の一覧

以下の副詞は「その他」と考えておいてくださいね。

その他の副詞

  • especially(特に)
  • finally(最後に)
  • generally(一般的に)
  • however(しかしながら)
  • mainly(主に)
  • maybe(たぶん)
  • particularly(特に)
  • surprisingly(驚くほどに)
  • personally(個人的に)
  • simply(単純に)

さて、今回は副詞の種類5種類+その他について紹介しました。

こうやって見ると、副詞は日常会話で頻繁に使われていることが分かりますね。

副詞の種類によって、入れる場所が文末だったり、動詞の前だったりと違いますが、使っていると慣れると思います!

英語の品詞について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: サッシ
ライター / ブロガー / カメラマンをしながら、学習塾と託児所も運営しています。小学生の時に帰国子女の友人のお母さんに3年くらい英語を習ったおかげで、その後も英語の読み書きは全く苦労しなくなりました。塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験を活かして、「ことば」そのものや「文法」を中心としたテーマを楽しく記事にしています。「毎日が生まれたて」というブログも運営しています。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?