間投詞

間投詞
サッシ

こんにちは、サッシ です。

びっくりした時の「Wow !」とか、おはようの意味の「Good morning」。これって何の品詞なのかご存じですか?

実は、文法上は「間投詞」という立派な品詞の一つなんです。

今回はその種類一覧から使い方まで、英語の「間投詞」を分かりやく紹介します。

英語の「間投詞(感動詞・感嘆詞)」について

間投詞は10種類ある英語の品詞の中の一つです。

まず、英語の「間投詞(感動詞・感嘆詞)」とは何かをかんたんに紹介しますね。

間投詞とは?

間投詞は「喜怒哀楽などの感情」や「あいづち」を意味する言葉と思ってもらえればOKです。

間投詞とは?
「喜怒哀楽などの感情」や「あいづち」を意味する言葉

例えば、以下の例文の「Oh」のように、思わず漏れてしまう「ああっ!」のような言葉を指します。

ウサギ

Oh, what a beautiful morning!
(ああっ、なんて素晴らしい朝なんだ!)

また、以下のような「あいづち」として、間を持たせて会話を滑らかにする役割もありますよ。

オオカミ

Are you free tonight ?
(今夜ヒマ?)

ウサギ

Let me see
( [考えながら] えーっとね……)

間投詞には「フレーズ」も含まれる

間投詞の種類は「単語」のものと「フレーズ」のものがあります。

2語以上の「フレーズ」も間投詞という一つの品詞と見なすところが特徴です。

サッシ

「えーと……」という意味の間投詞でも「Well(1語)」のものと、「Let me see(フレーズ)」のように2語以上のものがあります。

2語以上の「フレーズ」としては、こんな2つの種類があります。

フレーズになってる間投詞

  • 文法的に成立している …… That’s it! (その通り!)
  • 文法的に成立していない …… Good morning(おはよう)・Oh my god(なんてこった)

間投詞を英語でなんて言う?

間投詞は英語で「interjection」と言い、発音は「ìnṭɚdʒékʃən(インタージェクション)」です。

辞書では「interj.」と略語で表されています。

間投詞の表記
日本語間投詞
英語interjection
発音記号ìntərdʒékʃən
辞書上での記号「間」や「int.」
サッシ

間投詞は「感動詞」や「感嘆詞」とも呼ばれます。日本語では「感動詞」という品詞として扱われ、英文法では「間投詞」と言われることが多いですよ。

間投詞の使い方

では、間投詞の具体的な使い方を見てみましょう!

……と言いつつ。ハッキリ言って「間投詞に文法上のルールなんて無い」んです、実は。

「人の気持ち」がそのまま表現される言葉なので、「活用」も無いし、「置かれる位置・順番」にも論理的な規則は何もありません

ただ、その人の感情がポンっと出てくる表現なので、文の先頭に置かれることが多いですね。

オオカミ

C’mon (Come on), we are friends, huh ?
(おいおい、ボクたち友達だろ~?!)

間をつなぐ場合は、以下のように文中に置かれますよ。

ウサギ

He’s a bit, you know, awkward.
(彼ってちょっと、ほら、不器用だよね)

サッシ

感情のままに、自然な位置で使ってくれればOKです!

間投詞の種類一覧

最後に、間投詞の種類や一覧を紹介しますね。

間投詞は人の気持ちをそのまま表すものなので、かなりの数が存在します(どの言葉を間投詞とみなすか、定義がハッキリしないくらいです)。

以下に、代表的な「間投詞」をほんの少し紹介しますね。

間投詞の一覧
Aha / Ah-haふーん
Bingo ! その通り!
Booブーイング、「ばぁ!」
Congratulations !おめでとう!
Excuse meすみません
Let me see, Let’s seeえーと
meow meowネコの鳴き声
Okey !了解!
Ohおぅ
Really ?本当に?
Ta-dah ! ジャジャーン!
Ouch !痛っ!

一覧にするとルールがなさそうに見えますが、大きく分けるとこのようなものがあります。

間投詞の種類一覧

  1. あいづち
  2. 感情
  3. オノマトペ
  4. フィラー
  5. 挨拶
  6. スラング
  7. その他

くわしくは下記記事にまとめていますので、ぜひご覧くださいね。

カテゴリ「間投詞」の人気記事TOP5

カテゴリ「間投詞」の記事一覧