オンライン英会話の比較! 現役日本語教師が先生の視点で徹底的に比べたよ!

サト

こんにちは、インドネシア在住日本語教師のサトです。

今回は、今までにレッスンを試してみたオンライン英会話比較してみました。

その4社とは、レアジョブ、DMM英会話、ベストティーチャー、ネイティブキャンプです。

では、早速いってみましょう!

オンライン英会話の総合比較結果

ではさっそく、私がオンライン英会話スクールを比較してみました。

私のスペックはこちらです。

  • 言語大好き
  • TOEICの最高は955点
  • 現役で日本語教師をしている
サト

こんな私個人が体験した比較ではありますが、ご参考に。

オンライン英会話の総合比較

オンライン英会話の比較を徹底的にしたのですが(この記事のことです)、あまりにも長すぎるので、まず最初に総合的な比較表を紹介します。

項目は下記の通りで、10段階評価です。

  1. 登録のしやすさ
  2. 予約のしやすさ
  3. 予約変更のしやすさ
  4. レッスン選択肢の多さ
  5. レッスンの気軽さ
  6. レッスン後のフォロー
オンライン英会話の総合比較
  登録のしやすさ 予約のしやすさ 予約変更のしやすさ レッスン選択肢の多さ レッスンの気軽さ レッスン後のフォロー
レアジョブ
10 10 10 8 8 10
DMM英会話 10 10 10 10 8 8
ベストティーチャー 10 6 10 8 6 10
ネイティブキャンプ 6 8 8 8 10 6

これを見る限り、レアジョブDMM英会話はバランスがいいですね。

レアジョブ英会話公式サイト

DMM英会話公式サイト

ベストティーチャーとネイティブキャンプは、特徴的 = とがっているので、それが数字にも出ているんだと思います。

あとで詳しく書いていますが、お値段の表はこちら。

レッスン料金の比較(標準と思われるプランで比較)
  料金/月(税込) 回数 時間/回 料金/回
レアジョブ
(日常英会話)
6,264円 1回/日 25分 202円
DMM英会話
(スタンダードプラン)
5,500円 1回/日 25分 177円
ベストティーチャー
(通常コース)
10,584円 無制限 25分
(Speakingレッスン)
-
ネイティブキャンプ
(日常英会話)
4,950円 無制限 25分
(途中切り上げも可)
-

個人的なオススメは「DMM英会話」

私がどれか一つを選ぶとしたら、迷わずDMM英会話を選びます

いろんな国の先生がいることがポイント高し

サト

一番のポイントは、いろいろな国の人に、いろいろな話を聞けて、視野が広がること。ざっくりしすぎですね(笑)

正直、DMM英会話のレッスンを受けるまでは、セルビアやマケドニアの場所すら曖昧でした。

DMM英会話はいろんな国の先生とレッスンができる
DMM英会話はいろんな国の先生とレッスンができる

しかし、オンラインとは言え、その国の人との会話を通じて、セルビアとマケドニアに対する興味がふつふつと湧いてきたのです。

私は大学でインドネシア語を学んだのですが、高校生の時にDMM英会話に出会っていたら、人生が変わっていたかも。

サト

セルビア語やマケドニア語を勉強する道を選んでいたかもしれません。

お値段も手頃で先生が魅力的

私が受けたレッスンのどの先生もフレンドリーで魅力的な方ばかりでした。

DMMで先生をするためには面接の段階で、能力だけではなく人柄や仕事への熱意も重視しているとのことです。

先生の年齢も若い人が多く、友だちと世間話をしているような感覚で楽しめます。

毎日25分のレッスンを受けられて、月々5,500円というお値段もお手頃でいいですね。

ということで、個人的なおすすめはDMM英会話です!

DMM英会話公式サイト

DMM英会話についてのくわしい感想はこちら

各オンライン英会話スクールをジャンル別に比較

先ほど、総合比較を先に見ましたが、今度はジャンル別に細かく見てみましょう!

利用の流れの比較

まずは利用の流れを比較してみます。

こちらは各社、大差はなく、

  1. 無料登録
  2. 無料体験
  3. 本登録

という流れです。

ネイティブキャンプだけクレジットカードの登録が…

ただ、ネイティブキャンプのみ、無料登録の段階でクレジットカードの番号を登録しなければならず。

クレジットカード番号の入力が必要
ネイティブキャンプのみクレジットカード番号の入力が必要

まだ無料体験を始めているだけなのに、クレジットカード情報を入力するのは、ちょっとハードル高いなあ、と思ってしまいました。

無料体験レッスンの内容を比較

お次は、「無料体験レッスン」についてです。

「無料体験レッスン」で受けられる内容を比較してみました。

こちらの表をご覧ください。

無料体験レッスンで受けられる内容の比較
  writing speaking
レアジョブ - 25分 × 2回
DMM英会話 - 25分 × 2回
ベストティーチャー 1回 25分 × 1回
ネイティブキャンプ - 25分 × 無制限
(7日間)

そもそもですが、「無料体験」が受けられること自体すごいですよね。

ネイティブキャンプは受け放題

その中でもネイティブキャンプが出血大サービスすぎます!

なんと、無料レッスンが7日間無制限に受けられるんですよ!

先生から電話がかかってくる
先生から電話がかかってくる
サト

無料体験が7日間無制限って! これはスゴイですね。

ネイティブキャンプ公式サイト

ただ、無料体験を受けるだけなのにクレジットカード情報の入力を求められると書きました。

解約しないまま7日間を過ぎると、自動的に課金されるのでお気をつけを。これはやめてほしいですね。

ベストティーチャーのみ、書いてから話すという、ユニークな方法を採用しているのも要チェックです。

レッスン料金の比較

そして、気になるお値段です。

名前からして標準的と思われるプラン・コースを比較してみました。

レッスン料金の比較(標準と思われるプランで比較)
  料金/月(税込) 回数 時間/回 料金/回
レアジョブ
(日常英会話)
6,264円 1回/日 25分 202円
DMM英会話
(スタンダードプラン)
5,500円 1回/日 25分 177円
ベストティーチャー
(通常コース)
10,584円 無制限 25分
(Speakingレッスン)
受けるほど安くなる
ネイティブキャンプ
(日常英会話)
4,950円 無制限 25分
(途中切り上げも可)
受けるほど安くなる

レアジョブとDMMの料金を見ると、1回あたりコーヒー1杯以下

サト

あらためて、いい時代になったものだなあと思います。

レアジョブ英会話公式サイト

DMM英会話公式サイト

ベストティーチャー、ネイティブキャンプの2社は無制限でレッスンが受けられるので、1回あたりの料金は計算できません。

レッスンを受ければ受けるほど安くなるので、人によっては1回あたりのお値段が激安にもなるし、人によっては割高になる可能性もあります。

  • どのくらいの時間を英会話に使うのか?
  • どのくらいの時間を英会話に使えるのか?

……を考えると比較しやすくなるかもしれません。

ちなみにネイティブキャンプのみ、予約の際には200円/回が必要です。

予約せずにすぐに始める場合は不要ですが希望の時間に先生がいないこともあるので、予約はしたいところ……。

受講可能な時間帯の比較

今度は、レッスンのできる時間の比較をしてみましょう。

サラリーマンをしている人の場合は、早朝か深夜しか受講できなかったりします。

そんな方の場合は「いつ受けられるのか?」は非常に重要です。

受講可能な時間帯の比較
レアジョブ 6:00〜25:00
DMM英会話 24時間
ベストティーチャー 24時間
ネイティブキャンプ 24時間

比較してみると、レアジョブ以外は24時間で朝活・夜活なんでもありですね。

24時間いつでもレッスンが受けられる
24時間いつでもレッスンが受けられる
サト

これはまさにオンライン英会話のメリットです!

ふつうならデメリットである「海外の時差」をうまく利用したサービスとしかいいようがありません! 考えた人は天才です。

予約締め切り時間の比較

予約を締切る時間の比較です。

レッスン開始時間の何分前まで予約を受け付けてくれるのかをまとめました。

予約締め切り時間の比較
レアジョブ 5分前
DMM英会話 5分前
ベストティーチャー 20分前(Skypeレッスンのみ)
ネイティブキャンプ 10分前(予約するときのみ)

レアジョブ、DMMはレッスン開始の5分前まで予約可能

ネイティブキャンプは唯一、予約なしでも受講可能です。……というか予約不要がスタンダードですね。

ネイティブキャンプ公式サイト

キャンセル締め切り時間の比較

お次は、予約をキャンセルするとき。

レッスン開始の何分前までキャンセルを受け付けてくれるのでしょうか?

キャンセル締め切り時間の比較
レアジョブ 30分前
DMM英会話 30分前
ベストティーチャー 30分前(Skypeレッスンのみ)
ネイティブキャンプ 60分前(予約するときのみ)

こちら、30分前まで大丈夫なところが多いです。

サト

わりとドタキャンも大丈夫なんですね!

ネイティブキャンプは予約をしないのが基本ですので、上の60分というのは予約をする場合(200円が必要)のみ。

講師検索機能の比較

オンライン英会話では毎回先生が変わる場合がほとんどです。

ということは、「希望する先生を探しやすいかどうか」というのも一つのポイントですね。

先生の検索方法について比較しました。

先生の検索方法の比較
  検索条件の「項目数」 フリーワード検索
レアジョブ 7 ×
DMM英会話 6
ベストティーチャー 1 ×
ネイティブキャンプ 4

検索条件が充実しているのはレアジョブDMMの2社。

年齢や性別に加え、レアジョブは大学の学科、DMMでは国籍でも検索が可能です。

「DMM英会話」の講師検索は優秀

フリーワード検索もできるDMMは先生を探すという点ではかなり優秀ですね。

そもそも在籍講師の数とバリエーションがダントツで多いので、検索が優れていないと困るんですけど(笑)。

DMM英会話公式サイト

24時間いつでもレッスンが受けられる
DMM英会話の講師検索機能は優秀!

逆にベストティーチャーの検索条件は時間帯のみで、ものすごく探しにくかったです……。

サト

ここは改善を期待したいところ……

先生についての情報

お次は先生についての情報です。

どんな国の先生が何名ほど在籍しているのか? 先生はネイティブもいるのか? などをまとめました。

先生についての情報
  出身国 人数 ネイティブ プロフィール 生徒の評価
レアジョブ フィリピン 3,000名 ×
DMM英会話 84カ国 6,300名以上
ベストティーチャー 50カ国以上 470名
ネイティブキャンプ フィリピン 非公表 ×

△  = 評価はできるが、平均点などは公開されていない

「DMM英会話」の講師がバラエティ豊か

DMM英会話が最多の在籍人数を誇っており、また出身国も一番バラエティーに富んでいます

「DMM英会話」の講師が一番バラエティ豊かです
「DMM英会話」の講師が一番バラエティ豊かです

DMM英会話公式サイト

レアジョブとネイティブキャンプは全員フィリピンの方

先生のプロフィールは4社とも閲覧可能です。

生徒から先生に対する評価は、公表しているところとしていないところがあります。

レアジョブは先生の評価は見られない
レアジョブは先生の評価は見られない

レアジョブは、先生のプライドを重視して、公表を控えているそうです。

ベストティーチャーなら追加料金なしでネイティブに

ネイティブスピーカーはDMMにもベストティーチャーにも在籍しています。

ただ、DMMの場合は特別なプランになり、普通のプラン(ネイティブスピーカーの先生と話せないプラン)よりも高くなります。

その点、ベストティーチャーだと追加料金なしでネイティブスピーカーの先生を選べるのはうれしいですね。

ベストティーチャー公式サイト

コース・教材の比較

そして、レッスンのコースの数と、レッスンで使う教材の数です。

コース・教材の比較
  コース数 教材数(タイトル数)
レアジョブ 2 23
DMM英会話 6 70
ベストティーチャー 7 無限
ネイティブキャンプ 14 20

コース数ですが、DMMはネイティブスピーカーがいるかいないか、1日何回レッスンを受けるかで6つに分かれています。

「DMM英会話」の教材数は豊富
「DMM英会話」の教材数は豊富

DMMを除く3社は、日常英会話コースや、TOEIC対策など、目的別です。

レアジョブのサイトには「3,000以上」とあるのですが、タイトルを数える限り23でした。「3,000以上」というのは、おそらく単元の数だと思われます。

英語の資格対策は「ベストティーチャー」

どの英会話スクールも「TOEIC」対策はあります。

その上、ベストティーチャーなら「TOEFL iBT」「IELTS」「英検」「TEAP」「GTEC CBT」と、あらゆる英語資格の対策コースがあります。

英語の資格対策は「ベストティーチャー」
英語の資格対策は「ベストティーチャー」

ライティングなど、会話以外の勉強ができるので、英語のテスト対策ならベストティーチャーが一番良いでしょう。

ベストティーチャー公式サイト

「DMM英会話」には「IELTS」「英検」対策もあるようです。

「ベストティーチャー」の教材はオンリーワン

ベストティーチャーは1000以上の会話のシーンから1つ選んでまず「Writing」、その後「Speakingレッスン」を受けます。

最後に添削してもらった「自分の作った作文」と、それを「先生が読み上げた音声データ」が教材として手に入ります!

これはすごいです。

サト

ベストティーチャーはオンリーワンの教材です! ある意味、教材数が無限にあるとも言えますね。

ベストティーチャーの教材は無限でオンリーワン
ベストティーチャーの教材は無限でオンリーワン

ネイティブキャンプを除く3社は追加料金なしで教材を利用できるのですが、ネイティブキャンプのみ、別途購入が必要な教材もあります

レッスン後のフォロー比較

そして、レッスン後のフォローについて。

どんなフィードバックが得られるのかを比較してみます。

レッスン後のフォロー比較
レアジョブ レッスンレポート
DMM英会話 レッスンノート
ベストティーチャー レベルチェック レポート
ネイティブキャンプ 講師からのメッセージ

フィードバックが充実しているのは「ベストティーチャー」

一番充実しているのはベストティーチャーです。

「ベストティーチャー」のフィードバックがすごい
「ベストティーチャー」のフィードバックがすごい

講師からのコメントがあるだけでなく、リスニング・発音など5項目の評価がグラフでわかります。

ベストティーチャー公式サイト

レアジョブのレッスンレポートも、レッスンのポイントが復習できる優れものです。

レアジョブ英会話公式サイト

DMMのレッスンノートはレッスンと一致していないことがあり、形だけかなあ、という印象。

ネイティブキャンプは先生からの挨拶のメッセージでした。

さて、今回はかなりマニアックにいろんなオンライン英会話を比較してみました。

当然ですが、どのオンライン英会話も、長所もあれば短所もあります。

また、私が短所と思っていることを全然気にしない人もいると思いますし、その逆のパターンもあるはずです。

気になるオンライン英会話があったら、まずは無料で試してみてください!

どれにしていいのか分からない!」という場合は、私のオススメするDMMをぜひお試しください。

おすすめのオンライン英会話

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

サト
学生時代にインドネシア語を専攻、留学も経験。また、受験英語好きが高じ、かつてはTOEICで955点をマーク。しかし、近年は日本語教師としてインドネシアにおり、英語を話そうとするとインドネシア語が出てくる始末。そんな自分のことは棚に上げて、地の利を活かし、主にインドネシアで使われている英語を題材として取り上げていきます。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?