前置詞

前置詞
サッシ

こんにちは、サッシ です。

英語の「to」「in」「at」のようなものを前置詞と呼びますが、「『to』の意味って何?」と聞かれても、答えに困りますよね?

それもそのはず。「to」などの前置詞は、意味よりも「イメージ重視」である言葉だからなんです!

今回は英語の「前置詞」について紹介します。

前置詞について

まず、「前置詞とは何か?」をかんたんに紹介しますね。

前置詞とは?

前置詞とは名前の通り「前に置く言葉」なのですが、いったい何の言葉の前に置くと思いますか?

答えは「名詞(noun)」です。

前置詞は名詞の前に置くことで
名詞に方向性を与えるという働きをする言葉なんですよ。

例えば「to the station(駅へ)」ならば、こうなります。

the station
(駅)
to the station
(駅

サッシ

「to」という前置詞が「the station」という名詞の前に来ることで、「~へ」という意味をくっ付けているんですね。

「in the room(部屋の中で)」なら、「in」という前置詞によって「the room(部屋)」という名詞に「~の中で」という動きが出ます。

前置詞とは?
名詞の前に置くことで「方向付け」をしてくれる

前置詞を英語でなんて言う?

英語では前置詞は「preposition」と表し、発音は「prèpəzíʃən(プリポジション)」と言いますよ。

前置詞の表記
日本語 前置詞
英語 preposition
発音記号 prèpəzíʃən
辞書上での記号 「前」や「prep.」
サッシ

「前置詞」は日本語の文法には存在しない品詞なんですよ!

9種類の基本的な前置詞のイメージ

前置詞を扱う上で最も大切なことは「イメージ」です。

それぞれの前置詞のイメージを捉えずに丸暗記をしようとすると、かなり大変なことになってしまいます。

例えば、前置詞「to」を辞書で調べてみると、以下のようにズラーっと意味・日本語訳が出てくるんです!

くわしくはこちらの記事をどうぞ。

前置詞を使った表現:句動詞・前置詞句

最後に、前置詞を使った表現を少し紹介しますね。

前置詞句

今回見てきた「to the airpot」のような「前置詞 + 名詞」という基本的な使い方を「前置詞句」と言います。

サッシ

「句」は「言葉の塊」という意味です。つまり、前置詞句は「前置詞で作る何単語かの集まり」ということです!

句動詞

前置詞句に対して、動詞とセットで使う「句動詞という表現もあります。

例えば、以下のような表現がそうですね。

句動詞の例

  • get up(起きる)
  • write down(書き記す)
  • look at(見つめる)

このように「動詞+前置詞」で一つの表現になっているものを句動詞と呼びます。

サッシ

いわゆる「熟語」と思ってくれればOKですよ!

カテゴリ「前置詞」の人気記事TOP5

カテゴリ「前置詞」の記事一覧