動詞

動詞
サッシ

こんにちは、サッシ です。

数ある英語の品詞の中で、最も重要な品詞である「動詞」。

日本人にもフツーに使われるものでも「love(愛する)」「run(走る)」「walk(歩く)」「play(遊ぶ)」などいっぱいあるので、お馴染みですよね。

今回は英語の主役とも言える「動詞」の種類や活用、「 s 」が付く場合から基本動詞の一覧まで分かりやすく紹介します。

動詞とは?

まず「動詞とは何か?」をかんたんに見てみましょう。

動詞は10種類ある英語の品詞の中の一つです。

動詞は簡単にまとめるとこういうものです!

動詞とは?
動作や状態を表す品詞

動詞と言えば、例えばこういうものがありますよね。

動詞の例

  • walk(歩く)
  • eat(食べる)
  • run(走る)

「動詞」の意味自体は、日本語と変わりはありません。ただ、日本語と英語で、「動詞」の扱いに決定的な違いがあります。

それは動詞は絶対に省略できないということです!

英語の動詞
省略できない!

例えば、日本語だと「あ、そのボールこっち!」と言うことが出来ますよね?(動詞である「投げて」や「ちょうだい」が省略されている)

でも、その場合は英語だとこんなふうに言います。

オオカミ

Pass me the ball.
(ボールこっちにちょうだい)

この「pass(投げる・渡す)」は絶対に省略できず、「動詞」が必要なんです。

サッシ

動詞は「絶対に省略できない、英語の中心となる品詞」と覚えておいてくださいね。

動詞の種類

続いて、動詞の種類を紹介しますね。

いくつかの分け方があるので1つ1つ紹介します。

「be動詞」と「一般動詞」

動詞は大きく分けて2種類に分けることが出来ます。それが、「be動詞」と「一般動詞」です。

1be動詞

「be動詞」は「ある・いる・~です」という意味で、以下のたった6単語しかない超レアな動詞なんですよ。

be動詞

  • be
  • am
  • are
  • is
  • was
  • were

be動詞についてはこちらにくわしくまとめています。

2一般動詞

be動詞以外の「run(走る)」や「drink(飲む)」などのいわゆる普通の動詞は「一般動詞」と呼ばれます。

be動詞以外の動詞
一般動詞

サッシ

この世の99%以上の英語の動詞は「一般動詞」です!

「動作動詞」と「状態動詞」

ちょっとマニアックな話になりますが、他には「動作動詞」と「状態動詞」という分け方もあります。

動作動詞
「jump(飛ぶ)」や「make(作る)」など、人の動きを表す動詞
状態動詞
「like(好き)」「become(~になる)」など、動作じゃなくて様子を表す動詞

英文法においては、「状態動詞は進行形(=『今まさに~している』という形)にできない」ということが大きな特徴なんですよ。

詳しくは動作動詞と状態動詞についてをご覧ください。

「自動詞」と「他動詞」

また「自動詞(用法)」と「他動詞(用法)」という分け方もあります。

例えば「drop(落ちる・落とす)」という動詞なら、「落ちる = 自動詞(自分がする動作)」と「落とす = 他動詞(他のものにする動作)」という2つの意味合い・用法があるんです。

自動詞・他動詞に関しては、「英語の自動詞と他動詞って? その見分け方はどうやるの?」の記事で詳しくまとめているので読んでみてくださいね。

動詞の活用(過去形や過去分詞)

では、次は動詞の活用についてのお話です。

活用の形は4つ(原形・過去形・過去分詞・現在分詞)

英語の「動詞」は、いつも同じ形で使うわけではありません。

サッシ

なんと、必要に応じて違う形に変身するんです!

以下のように、全部で4つの活用形があるんですよ。

動詞の4つの活用形

  1. 原形(参考: 現在形と原形の違い
  2. 過去形
  3. 過去分詞形
  4. 現在分詞形

動詞の活用形について詳しくは下記をどうぞ。

「規則動詞」と「不規則動詞」

英語の動詞は全部で4つの活用形に変化するのですが、そのパターンはこちらの2つに分類されます。

動詞の活用の2パターン

  • 規則的なもの規則動詞
  • 不規則・バラバラなもの不規則動詞

「規則動詞」の例として「play」、「不規則動詞」の例として「go」の活用を見てみます。

規則動詞「play」の活用
原形 過去形 過去分詞形 現在分詞形
play
(規則動詞)
played played playing
go
(不規則動詞)
went gone going

残念ながら、不規則動詞は覚えるしかありませんが、実は不規則動詞の中でも幾つかパターンが存在するし、そもそも不規則動詞の数はそんなに多くはありませんよ♪

動詞に「s」が付く場合がある

さらに、動詞には「 s 」が付く場合があります。

「三単現(三人称・単数・現在)」という3つの条件がそろったとき、「動詞に『 s 』が付く!」というルールが発動されます。

3つの条件というのはこちらです。

  1. 主語が「三人称」
    私・あなた以外
  2. 主語が「単数」
    主語が複数形のときは除外
  3. 動詞の時制が「現在」
    過去や未来は除外

これが、通称「三単現の『 s 』」と呼ばれるルールです。文章例はこちら。

三単現の動詞に付く「 s 」

  • I like her.(ぼくは彼女が好きだ)
  • She likes me.(彼女はぼくが好きです。)

なぜ「三単現の S」が必要なの?

そもそも三単現の「 s 」はなぜ必要なのでしょうか?

その理由についてまとめた記事はこちらです。

三単現の「 s 」が付いたときの表記ルール

三単現の「 s 」がついたときの表記ルールはこちらをご参考に!

三単現の「 s 」が付いたときの発音ルール

「 s 」が付いたときの発音のルールはこちらを。

英語の基本動詞一覧

最後に、英語でよく使われる「基本動詞」を紹介しますね。

日本語と同じく、英語も動詞は数限りなく存在します。

サッシ

新しい動詞もどんどん増えていて、例えば最近では「google(グーグルで検索する=ググる)」みたいな表現もあるんですよ。

でも、論文や詩的表現ならともかく、日常会話で使われる動詞は実はそんなに多くありません

5つの超基本動詞

まず、以下の5つの単語が「これさえ覚えておけば話せる!」くらいの位置づけとして有名な超基本動詞です。

5つの超基本動詞

  1. get
  2. have
  3. give
  4. take
  5. make

中学校で習う基本動詞

他に、以下のような言葉が「基本動詞」と言える単語たちですね。

そのほか基本動詞

  1. be(am, are, is)
  2. go
  3. come
  4. have
  5. eat
  6. put
  7. keep
  8. speak
  9. feel
  10. think
  11. see
  12. hear
  13. want

どれも中学校1年生レベルの単語なので、見覚えのあるものばかりではないでしょうか?

いきなり多くの動詞を覚えても絶対に使いこなせないので、まずは基本の動詞を少しずつ使えるようにしていくのが英語上達のコツですよ。

カテゴリ「動詞」の人気記事TOP5

カテゴリ「動詞」の記事一覧