名詞

サッシ

こんにちは、サッシ です。

言葉の品詞の中でも最も種類が多い「名詞」ですが、英語の名詞は意外と奥が深いんです!

今回は英語の「名詞」について、種類から使い方まで分かりやすく紹介します。

英語の名詞とは?

そもそも、「名詞」とはどんな言葉でしょうか?

かんたんに言ってしまえば「人・もの・出来事」などと思ってください。

「名詞」の例

言葉で説明するよりも、どういうものが名詞かを見た方が早いですよね。

たとえば、「girl(女の子)」とか「apple(リンゴ)」とか「speech(スピーチ)」などが「名詞」に当たります。

超基本の名詞を一覧にすると、以下のような言葉たちがありますよ。

超基本の名詞

  • man(男性)
  • player(選手)
  • desk(机)
  • cat(ネコ)
  • family(家族)
  • Japan(日本)
  • milk(ミルク)
  • information(情報)
  • news(ニュース)

名詞とは?
人・もの・出来事を指す言葉

ほかの品詞と名詞の違い

よく使われる品詞の中でも、名詞は動詞や形容詞と大きく異なる点があります。

それは、「時制が無い・修飾しない」ということです。

1時制がない

例えば動詞である「play」を見てみましょう。

「play」は過去の話だと「played」という「過去の形」に変化します。

ところが、名詞には時制がありません。時制ではありませんが、複数形になると「『 s 』がつく」という特性はあります(後述します)。

2修飾できない

形容詞である「cute(かわいい)」は名詞「cat」にくっ付けて「cute cat(かわいいネコ)」と修飾することができます

でも、「名詞」はこういった変化・修飾は一切できません。

ただ、ちょっと裏ワザ的に「 ’(アポストロフィ)」を使って「修飾っぽいこと」は可能です。

サッシ

「Cat’s eye(猫の目)」 とか「John’s bar(ジョンさんのお店)」などがそうですね!

ただし「dog ear(『本のページの隅の折れ』のこと)」や「god hand(神の手)」のように使われる名詞の形容詞的用法もあります。くわしくは下記を。

名詞の種類は「2チーム・5種類」

では、英語の名詞の種類を紹介しますね。

英語の名詞はズバリ「2チーム・5種類」です!

名詞を大きく分けると「可算/不可算名詞」の2つ

名詞は、まず大きく2つのチームに分かれています。

名詞にある2つのチーム

  1. 可算名詞
  2. 不可算名詞

可算名詞を英語では、具体的に「1個、2個、3個……」のように数えられる名詞を「可算名詞(数えられる名詞)」と言い、数えられない名詞を「不可算名詞」と呼びます。

可算名詞と不可算名詞の違いについては下記を。

さらにわけると名詞は5種類!

それをさらに分けると、以下の5種類の名詞が存在します。

5種類の名詞

  1. 普通名詞
  2. 集合名詞
  3. 固有名詞
  4. 物質名詞
  5. 抽象名詞

これらの関係をまとめると、以下のような分類になりますよ。

名詞の分類
可算名詞 普通名詞
集合名詞
不可算名詞 固有名詞
物質名詞
抽象名詞

この5種類の違いに関しては、名詞の5種類の違いについてにて紹介しています。

特定・不特定

英語の名詞では、「数えられる・数えられない」に加えて、もう1つ大事なポイントがあります。

それが「特定か不特定か」ということです。

例えば、目の前にニンジンが100個あるとしますね。

その中の1個を取ってほしいとき、英語だとこの2つで表現が違ってくるんです。

特定・不特定

  1. そのニンジンを取って(特定)
  2. どれでもいいから)1個のニンジンを取って(不特定)
ウサギ

Can you pass me the carrot ?
(そのニンジンを取ってちょうだい)

逆に、「どれでもいいから取って」の場合なら「a carrot」となります。

ウサギ

Can you pass me a carrot ?
( [どれでもいいから]ニンジンを1個取ってちょうだい)

名詞の「文法上の位置・特徴」

最後に、英語の「名詞」の文法上の位置・特徴を3つ紹介しますね。

1名詞は「主語・目的語・補語」になる

まず1つ目は、名詞が「主語・目的語・補語になる」という特徴を持っていることについて。

英語の文章においては、名詞は「主語(S)」か「目的語(O)」か「補語(C)」の位置に来ますよ。

オオカミ

John(主語(S)) likes sushi.
(ジョンは寿司が好き)

ウサギ

I saw John(目的語(O)) near the station yesterday.
(昨日、駅の近くでジョンを見たよ)

オオカミ

She will become a pro gamer(補語(C)) in the future.
(彼女はプロゲーマーになるだろう)

ややこしいかもしれませんが、「へ~そうなんだ」くらいに思っておいてくれればOKですよ(笑)。

2前置詞とくっ付く

2つ目の文法的な特徴は「前置詞とくっ付く」ということです。

例えば「party(パーティ)」という名詞の前に「at」という前置詞がくっ付いて、以下のように文を飾ることが出来ます。

ウサギ

I had a good time at the party.
(私はそのパーティを楽しみました)

ちなみに、名詞を使ったこういう「言葉のかたまり」を「名詞句」と言います。

以下のような「前置詞」とくっ付けて使ってみてくださいね。

前置詞とくっつくと名詞句に

  • in
  • on
  • to
  • for
  • with

さらに言うと、下記例の「that」以下を「名詞節」と呼びます。長~い「名詞のかたまり」ですね。

オオカミ

I think that he is 18 years old.
(彼は18歳だと思うよ)

3「代名詞」は「名詞」と別もの

最後の3つ目は、「代名詞は名詞とは別もの」ということです。

「私( I )」や「あなた(you)」や「彼(he)」などの代名詞は、日本語では「名詞」に含まれます

でも、英語では「代名詞」として独立した品詞という扱いになっているんですね。

だからと言って、ぶっちゃけあまり違いはないんですが、以下のように微妙に語順が異なるルールがあったりします。

名詞と代名詞の語順の差

  • 「それ(代名詞)」を拾う → pick it up
  • 「私のiPhon(名詞)」を拾う→pick up my iPhone

はい。マニアックですね(笑)

カテゴリ「名詞」の人気記事TOP5

カテゴリ「名詞」の記事一覧