句と節

句と節とは?

こんにちは、サッシ です。

こちらは、複雑な文構造を理解するときにかかせない「」と「」についてのカテゴリです。

「句」や「節」の意味・種類・共通点と違いなどについて、わかりやすく紹介しますね。

「句」と「節」について

英語の文は「We are rabbits.(私達はウサギです)」のように2〜3個の単語だけでできているとはかぎりません。

たとえば、次のような複雑に見える文も見かけますよね。

I think that you like this YouTube video.
(キミはこのユーチューブ動画好きだと思うよ)

こういった長めのフレーズ・文を作れるのが句や節という表現です。

でははじめに、句と節という専門用語の根本的な意味を紹介します。

「句」と「節」とは?

英語で「句」と「節」が何かというと、ずばり以下のイメージです。

句と節とは?

2語以上の単語のかたまり。

「単語」というのは意味を持つ言葉の最小単位です。

たとえば、次のようなものが単語ですよね。

単語の例

そうではなく、いくつかの単語がくっついた状態のことを「句」や「節」と呼びます。

では、「句」と「節」の例をそれぞれ見てみましょう。

句の例

I like playing video games.
(ゲームが好きなんだ〜)

この場合のオオカミさんの「playing video games(ゲームをすること)」がです。

節の例

Yeah. I know that you stayed up late last night.
(ああ、あんたが昨夜は徹夜したって知ってるよ)

そしてウサギさんの「that you stayed up late last night(昨夜キミが徹夜をしたこと)」がです。

詳しい違いは後述していますが、どちらも2単語以上でひとかたまりになっていますよね?

これが「句」や「節」だということを、まずはイメージとして持っておきましょう。

ちなみに英語で句は「phrase」、節は「clause」と言いますよ!

「句」と「節」の違い

句も節も「2語以上のかたまり」というのは共通でしたね?

なんだかまったく同じものにも感じてしまいますが、ちゃんと大きな違いがあるんです。

それは以下の点ですよ。

句と節の違い
主語・述語がない
主語・述語がある

そう、ずばり違いは「主語・述語があるかないか」なのです。

主語」と「述語」とは英文法でいうところのS・Vですね。

意味的には日本語で「誰が・どうする」があるかないかで考えてくれればOKですよ。

先ほど紹介したオオカミさん・ウサギさんの会話を思い出してみましょう。

I like playing video games.
(ゲームが好きなんだ〜)

Yeah. I know that you stayed up late last night.
(ああ、あんたが昨夜は徹夜したって知ってるよ)

オオカミさんのセリフにある「playing video games(ゲームをすること)」には「誰が」という主語が入っていないため、「句」になります。

それに対してウサギさんのセリフ「that you stayed up late last night.(昨夜あなたが徹夜をしたこと)」には「you(あなたが)」という主語が入っています。

このように「誰が・どうする」という文の形になっているか・いないかが決定的な違いです。

あらためて句と節の特徴を並べてみると、以下のようになります。

句と節の特徴
  • 2語以上のかたまり
  • 名詞・形容詞・副詞のどれか1つの役割
  • SVなし
  • 2語以上のかたまり
  • 名詞・形容詞・副詞のどれか1つの役割
  • SVあり

「名詞・形容詞・副詞のどれか1つの役割になる」という共通点については後述しています

句がフレーズっぽいやつ、節が文っぽいやつというイメージもだいたいOKです。

「句」と「節」の覚え方

「句」と「節」のような文法用語は、どちらがどちらだったか、わからなくなりますよね。

主語があるほうが句だったっけ?

ぜひ、次のように覚えてください。

句と節の覚え方
主語・述語がないので画数が少なくシンプルな「
主語・述語があるので画数が多く複雑な「

画数の多い「節」には、主語と述語があるということですね!

こじつけですが、「覚えた者勝ち」ですから。

「句」と「節」の持つ3種類の役割について

では、「句」と「節」の持つ3種類の役割について見ていきましょう。

句と節は、2語以上がくっつくことにより、以下の3種類のどれか1つの役割になりますよ。

句と節の持つ3つの役割

  • 「名詞」としての役割
  • 「形容詞」としての役割
  • 「副詞」としての役割

では、句と節の持つ3種類の役割を例文とともに紹介しましょう。

「句」の3種類の役割

「句」はその役割によって3種類に分類できます。

句の3つの種類

  1. 名詞句
  2. 形容詞句
  3. 副詞句

つまり名詞・形容詞・副詞のどれかの代わりになれるんです。

では、3種類の句の例を見ていきましょう。

名詞句

例えばこのページの最初に紹介した「playing video games(ゲームをすること)」は名詞句です。

I like playing video games.
(ゲームが好きなんだ〜)

「ゲームをすること」という名詞の形になっています。

日本語でも「〜こと」がつくと名詞の形になるのと同じですね。

名詞句についてはこちらに詳しく書いてあります。

形容詞句

形容詞句は以下のような感じです。

Look at the dog running in the yard !
(庭を走っている犬を見て!)

オオカミさんの「running in the yard(庭を走っている)」は形容詞句です。

この句が「dog(犬)」という名詞を修飾(説明)しているので形容詞の役割だとわかります(参考: 修飾するとは?)。

名詞を修飾できるのは形容詞だけです!

形容詞句についてはこちらに詳しく書いてあります。

副詞句

そして、「副詞句」の例を見てみましょう。

I saw him at the park 3 days ago.
(3日前に公園で彼を見かけたよ)

at the park(公園で)」と「3 days ago(3日前)」は、それぞれが副詞句です。

どちらも文全体を修飾しているので副詞と判別できますよ。

副詞句についてはこちらに詳しく書いてあります。

「節」の3種類の役割

「節」もその役割によって3種類に分類できます。

節の3つの種類

  1. 名詞節
  2. 形容詞節
  3. 副詞節

名詞・形容詞・副詞のどれかになるという点では、句とまったく同じですね。

では3種類ある「節」の例も見てみましょう。

名詞節

こちらが「名詞節」の例です。

I know that you are hungry.
(キミがおなかすいてることを知ってるよ)

that you are hungry(キミがおなかすいてること)」は名詞節になります。

「〜こと」という形になるのは名詞だけです。

名詞節についてはこちらに詳しく書いてあります。

形容詞節

形容詞節は以下のような具合です。

Do you know someone who ate my carrots ?
(あたしのニンジン食べたやつ知ってる?)

この場合の「who ate my carrots(私のニンジンを食べた)」は形容詞節です。

名詞「someone(誰か)」を説明しているからですね。

形容詞節についてはこちらに詳しく書いてあります。

副詞節

そして「副詞節」の例です。

I don’t know, because I was out all day.
(わからないなぁ、ボクは一日中出かけてたから)

because I was out all day(一日中出かけていたから)」は副詞節になります。

その前に出てきた「I don’t know(わからないな)」という文全体にかかっているから副詞です。

副詞節についてはこちらに詳しく書いてあります。

形から分類した「句」と「節」

先ほどは「名詞」「形容詞」「副詞」という3つの役割で「句」と「節」を分類しました。

今度は形から「句」と「節」を分類しましょう。

前置詞句

前置詞」+「名詞」で構成された句を「前置詞句」と呼びます。

たとえば、「I go to the station(私は駅に行く)」の「go to the station」は前置詞+名詞なので前置詞句です。

前置詞句についてはこちらをご覧ください。

that節

「that」で作る名詞のかたまりを「that節(ザットせつ)」と呼びます。

「それを知っている」のようにシンプルな文ではなく、「彼がユーチューバーであることを知っている」と言いたいとき、次のように言います。

I know that he is a YouTuber.
彼がユーチューバーだって知ってるよ)

このように「that」を使って作られる「名詞節」を「that節」と呼びます。

that節についてはこちらをご覧ください。

カテゴリ「句と節」の記事一覧