形容詞

形容詞
サッシ

こんにちは、サッシ です。

今回は英語の品詞の1つである形容詞についてガッツリと紹介します。

英語の形容詞について

まず、形容詞ってなんでしょうか? その意味を見てみましょう。

英語で形容詞は「adjective(アドジェクティブ)」と言います(略称は「adj.」)。

形容詞の意味・役割は、ズバリ「名詞を修飾」です。

形容詞とは?
名詞を修飾する品詞

【例】

  • pretty dog
  • かわいい

例えば「pretty dog(かわいい犬)」のように、「pretty」という形容詞が「dog」という名詞を飾っているわけですね。

この働きは、英語でも日本語でも全く同じですよ。

サッシ

ものすご~く大ざっぱに言えば、「人や物の前に来る言葉」が形容詞です(笑)!

形容詞の2種類の使い方

英語の「形容詞」ですが、実は2種類の使い方があります。それがこちら。

形容詞の2種類の使い方

  1. 限定用法
  2. 叙述用法

では1つ1つ紹介しますね。

1限定用法(attributive use)

まず、1つ目の「限定用法(attributive use)」です。

サッシ

なんだか名前が難しそうですが、実は中身はすごく普通ですよ。

例えば、こちらのような例の使い方です。

  • tall boy(背の高い男の子)
  • beautiful flower(きれいな花)

日本語だと「〜い◯◯」とか「~な〇〇」という用法ですね。

つまり、先ほど紹介した「形容詞+名詞」という名詞を修飾する使い方が「限定用法」と呼ばれるものです。

限定用法とは?
名詞を修飾する形容詞の用法のこと

日本語の形容詞と同じように、「人や物を修飾する使い方」と思ってもらえればOKですよ。

順番は、原則として「形容詞」が「名詞」より先に来るので注意してくださいね!

「形容詞」は名詞の前

  • boy tall
  • tall boy

2叙述用法(predicative use)

そしてもう1つが、「叙述(じょじゅつ)用法 (predicative use)」という使い方です。

例えば、以下のような使い方が「叙述用法」に当たります。

オオカミ

You are so beautiful.(あなたはとても美しい)

ウサギ

It’s wonderful !(それは素晴らしい!)

先ほどの「限定用法」との違い、分かりましたか?

叙述用法は「あなたは~」「それは~」のように、「〇〇は~」というときに使っていますよね。これが「叙述(←『物事を述べる』という意味)用法」です。

一つの名詞を修飾する「限定用法」と違い、主語や文全体の意味を表すようなイメージですね。

叙述用法とは?
文章全体の意味を表す形容詞の用法

文法上では、「SVC」というパターンの「C(補語)」の位置で使われるという用法です。

形容詞によくある語尾(接尾辞)

では、形容詞の基本が終わったところで、いろいろな形容詞に触れてみましょう。

ポイントは語尾です!

日本語と同じく、英語の「形容詞」もかなりの数が存在しています。でも、実は「同じような形」のものが多いんです。

例えばこの2つの形容詞を見比べると……

  • beautiful(美しい)
  • wonderful(素晴らしい)

気付きましたか?

サッシ

そう、両方とも「~ful」という形で終わっていますよね!

こういった「同じ語尾」である形容詞のパターンを知っていると、「あ、これは形容詞ね」とすぐに分かるようになりますよ。

以下のようなパターンが代表的な「形容詞の語尾」です。

英語の形容詞の語尾
-able, ible reasonable, possible
-ar popular, familiar
-ful beautiful, wonderful
-ic,-ical romantic, musical
-ious,-ous precious, dangerous
-ish selfish, childish
-ive native, creative
-less endless, homeless
-ant important, instant
-ent excellent, independent,
-y pinky, milky

ほかにも「friendly」や「timely」などの「-ly」という形容詞のパターンもあるのですが、これはむしろ副詞に多く見られる語尾なので、ちょっと注意してくださいね!

形容詞に含まれる単語

他には、以下のような単語も「形容詞」に含まれます。

1

まず、数字を表す単語も形容詞に含まれます。

数字を表す単語

  • one(1)
  • ten(10)
  • hundred(100)

「え? 数字が??」と思われそうですが、文章にしてみるとよくわかります。

ウサギ

I have two carrots.
(私は2本のニンジンを持っています)

「carrots(ニンジン)」という名詞を修飾していますよね。

2

さらに「white(白)」や「blue(青)」などの「色」も形容詞としても使いますよ。

オオカミ

Have you ever seen “the blue birds”?
青い鳥を見かけたことあるかい?)

3数や量に関わる言葉

「no」や「all」など、「数や量に関わる言葉」も形容詞です。

ウサギ

Most people think so.
ほとんどの人はそう思うよ)

4分詞

そして、「分詞」という種類の単語も形容詞とみなされます。

分詞とは、いわば「動詞を無理やり形容詞にした形」のことです。

例えば「break(壊す)」という動詞を使って、こういう言い方ができます。

オオカミ

It’s broken.
(それは壊れているよ)

「break(壊す)」という動詞を「分詞(過去分詞形)」にすることで「壊された = 壊れている」のような形容詞の表現を作ることができるんですね。

「exciting(ワクワクする)」、「tired(疲れている・眠い)」や「used(使われた=中古の)」など、よく耳にするものも多いですね。

ウサギ

It was an exciting game.
(それはワクワクする試合だったよ)

副詞との違い・見分け方

お次は「形容詞と副詞の違い」についてです。

英語を勉強していると、形容詞と副詞の違いがわからなくなることがあります。

たとえば「fast(速い・速く)」や「long(長い・長く)」は「形容詞でも副詞でもある」という単語です。こういう単語が少なくないからちょっと大変なんですよね。

それをしっかりと見分ける方法はこちらの3つのポイントです。

形容詞と副詞の違い

  1. 「名詞」を修飾しているかどうか?
  2. その単語を外しも意味が通じるか?
  3. 語尾のパターンは?

詳しくはこちらで。

形容詞を重ねて使うときの順番・位置

では、続いて「形容詞を重ねて使うときの順番・位置」について。

1つの名詞に対して、形容詞は「彼女の黒い髪」だけじゃなく、「彼女の黒くて長い美しい髪」のように繋げても構いません。

そういったとき、形容詞はどんな順番で使えばいいのでしょうか?

実は英語では「形容詞を使う順番のルール」が決まっているんです!

そのルールとは「主観から客観」です。

形容詞の順番のルール

主観客観

こちらは別の記事にてまとめているのでご参考に!

中学で習う基本的な形容詞一覧表

最後に、「中学で習う基本的な形容詞」を一覧表にして並べておきますね。

数限りなくある形容詞ですが、以下のような見覚えのある単語が基本になりますよ!

よく見る形容詞の一覧

  • alone(一人の)
  • beautiful(美しい)
  • cheap(安い)
  • dangerous(危険な)
  • easy(簡単な)
  • far(遠い)
  • good(良い)
  • hungry(お腹のすいた)
  • important(重要な)
  • just(正しい)
  • kind(優しい)
  • late(遅い)
  • much(たくさんの)
  • natural(自然の)
  • other(他の)
  • popular(人気の)
  • quick(速い)
  • ready(用意ができた)
  • safe(安全な)
  • true(本当の)
  • useful(便利な)
  • various(多様な)
  • weak(弱い)
  • young(若い)

カテゴリ「形容詞」の人気記事TOP5

カテゴリ「形容詞」の記事一覧