助動詞が過去形になると「丁寧」になる理由とは? キーワードは焦点をボカすこと!

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

英語の助動詞と聞くと、ややこしいイメージがありますよね。

たとえば、「will」の過去形は「would」で、助動詞が過去形になると確実性が下がるというお話もしました。

その続きとして、今回は助動詞が過去形になると「丁寧な表現になる」ことについて紹介します。

助動詞の現在形と過去形の違い

以前の記事で、助動詞「will / would」「can / could」「may / might」の現在形と過去形の使い分けについて書きました。

過去形が過去の意味を持たず、現在形を使ったときとの違いは、「確実性」か「可能性」かでした。

そのルールに、今回もう1つ付け加えさせてください。

それが、助動詞が過去形になると「丁寧な表現になる」ということです。

助動詞が過去形になると丁寧な表現になる!

こちらの例文をご覧ください。まずは現在形の「can」から。

ウサギ

Can you get me my iPhone ?
(iPhoneを取ってくれる?)

この「can」を過去形の「could」にしてみましょう。

ウサギ

Could you get me my iPhone ?
(iPhoneを取ってくださいますか?)

このように、助動詞を過去形にするだけで丁寧な表現になります!

過去形が「丁寧な表現」になるワケとは?

では、どうして、過去形だと「丁寧な表現」になるのか……という疑問について、元・英会話教師の夫に聞いてみました。

タカコ

うむむ。なぜ助動詞が過去形になると「丁寧な表現」になるのかがわからない。このままだと寝不足だ!

んー、助動詞の過去形を使った「可能性を示す言い方」は、言っていることの焦点がボケているのがわかる?

タカコ

え? どういうこと??

「そうなるかもしれない。でも、そうならないかもしれない」といった風に。現在形の「確実にそうなる」というのと違って、「助動詞の過去形」は言い切っていないよね?

助動詞のおさらい

  • 助動詞の現在形確実性
    【例】He will come.(彼は来る [確実に!])
  • 助動詞の過去形可能性
    【例】He would come.(彼は来る [……けど来ない可能性もある])

で、内容が確実性を示していれば直接的に聞こえるんだ。でも、可能性を示す内容だと、受け取り方に幅が出て、やわらかな印象になるんだよ。

タカコ

つまり、言い切ってないから、やわらかに聞こえて「丁寧」になるってこと?

誰だって、直接的にガツンと言われるより、やわらかく言われる方が「丁寧に聞こえる」と思わない?

タカコ

そりゃ、そうだね! ガツンときつく言われると、嫌な気分になるよ。

これは、夫の話を聞いて「なるほど!!」と腑に落ちました。

つまり、こういうことですね。

    助動詞の過去形が丁寧に聞こえる理由

  1. 助動詞の過去形は言い切らない
  2. ゆえに間接的に聞こえる
  3. そのためやわらかい(丁寧な)ニュアンスに聞こえる

これを聞いて、「日本語と同じだ!」と思いました。

たとえば、日本語で「とか」や「など」を使うと、直接的なのが間接的になって、じゃっかん丁寧に聞こえませんか?

日本語も焦点がボケると丁寧

  • 手伝ってもらうとかできますか?
  • 一緒に食べに行くとかどうですか?
  • イタリアンなどはいかがですか?

この場合の「とか」は完全に「焦点」をボカしていますよね?!

直接的に「〜はできますか?」ではなく、「〜とか、できますか?」のように曖昧にボカすことで丁寧さを表現しているんですね!

「相手の選択権」を示すのが「助動詞の過去形を使った依頼」

タカコ、疑問文の「Will (Would) you 〜?」や「Can (Could) you 〜?」、「May I 〜?」は、こんな3つの意味を持つ表現だってことはわかる?

  • 依頼
    〜してくれませんか?
  • 可能
    〜できますか?
  • 許可
    〜してもいいですか?

※ 助動詞は肯定文(普通の文章)で使うときと違い、疑問文で使うと「お願いをする」という表現になります。

タカコ

うん、わかる。「(自分はあなたに)〜してほしい」とか「(自分は)〜したい」とか、気持ちがこもっていて、それを相手にお願いしているっていうことだよね。

そう。だから、聞き手にとっては直接的に聞こえ、強めに感じてしまうんだ。

タカコ

へー、そんな風に考えたことはなかった!! 助動詞の「現在形」でお願いすると「強い表現」に聞こえるんだ?

例えば「Will you come to my house?」と「Would you come to my house?」だと「will」の方が「would」よりも気持ちが強くて、「Please come!!(来て!!)」という意味合いが強いんだ。

タカコ

なるほど!!「当然来てくれるよね?」というニュアンスになるんだね。

もちろん「will」で聞かれても、「yes / no」で答えられるけど「来る? ね、来るよね??」って、話し手の気持ちがぐいぐいくる感じがする言い方なんだ。

タカコ

「will」で言われると断りづらそう……。じゃあ「would」だと?

過去形の「would」は、「もしよかったら……」と、うかがうような言い方になるんだ。なんというか「あなたには選択権がありますよ」的な感じで、言われた方も断りやすい(笑)。

  • Will you come to my house?(うちに来てくれますか?)
    「Please come!!(うちに来て!)」という意味合いが強い
  • Would you come to my house?
    「来るかどうか、あなたには選択権がありますよ」的なニュアンス
タカコ

あ! だから「I would like to 〜(〜したいです)」も、「もしよかったら、(自分は)〜したいんですけど」っていう、丁寧なニュアンスになるんだね。

そうなんだよ。

お願いするときの「can」について

タカコ

へー。おもしろいね。なんか、ちょっとわかってきた!!

よかった! 今度は助動詞「can」についてだけど「それが能力的にできるかどうか」を聞く方法だよね? たとえばこんな感じで。

Can you eat Natto?
(納豆、食べられる?)

あなたは納豆を食べることは可能ですか?

この返事は「食べられる」か「食べられない」かが焦点になるよね。

タカコ

うんうん。でも、「can」の過去形「could」もそれは同じじゃないの?

「could」は「それができることは知っているけど、そうするかはあなたには選択権がありますよ」っていう感じなんだ。だから、「would」と同じで断りやすい。

タカコ

なるほど、だから「丁寧」なんだね。

ここで、夫が家事を例に出してくれました。

私はいつもゴミの日に「ゴミを出してきて」と夫にお願いしていますが、これを「can」と「could」で言ってみます。

2つの「ゴミを出してきて」

  • Can you take out the trash?
  • Could you take out the trash?

わたしはいつも「Can you 〜 ?」で聞いていますが、「ゴミ出し、してくれる? お願いね!」的な意味合いです。

でももし、「could」で言った場合は、「(相手に)ごみを出せる(=能力がある)」ことはわかっているうえで、「ごみ、出してもらってもいいかな?」と相手に「うかがう」感じになるということです。

「can」を使っても、命令文「Take out the trash !」じゃないからきつい言い方でもないんだけどね。でも「can」の方が「お願い感」が強い

タカコ

相手との関係性で「can」を使うか、「could」を使うかを考えないとダメってことだね!

丁寧な依頼表現の最上級は「+ please」

さて、最後に「丁寧な依頼表現」の最上級の形を紹介します。

「Can (Could) you ?」「Will (Would) you ?」の依頼表現は、こんなふうに散々説明してきました。

助動詞の過去形は「丁寧」

  • 「will」よりも「would」が丁寧
  • 「can」よりも「could」が丁寧

このさらに上をいく表現として、「please」を付ける技があります。

英語では「please」をつけると「丁寧な言い方」になるというのはよく知られていますよね?

オオカミ

Please help me !!
(手伝ってください、お願いします!!)

助動詞を使った依頼表現にも「please」を付けて言うことによって、さらに丁寧な言い方になります。

オオカミ

Could you help me, please ?
(本当に申し訳ございませんが、手伝っていただけますか?)

ちなみに助動詞で依頼するときの「please」の位置ですが、2パターンあります。

「please」の位置

  • Could you help me, please ?(文末)
  • Would you please help me ?(動詞の前)

上の例のように「please」は、文末か動詞の前に付けます。

「助動詞が過去形になると丁寧な表現になる」と言われているのは、「可能性」示す過去形は、言いたいことのの焦点がぼけているからだったんですね。

そのため、現在形よりも表現がやわらかで「丁寧」に聞こえる……ということだったんです。

今まで「Can you〜 ?」を連発していた人も、お店や親しくない人と話すときは「Could you〜 ?」を使ってみてくださいね!

こちらの記事もぜひ!

英語の品詞について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?