基本的な助動詞5つはイメージとイラストで覚えよう!

サッシ

こんにちは、サッシ です。

今回は助動詞のお話です。助動詞は全部で15個ほどあるのですが、まずは基本となる5つを覚えるのがおすすめです。

ということで、その5つの助動詞と、覚えるコツを紹介します!

基本的な5つの助動詞の覚え方

中学校の英語の時間に「助動詞」を習ったと思います。

その中でもこちらの5つが実際の会話でもよく登場するんですよ。

基本的な助動詞5つ

  1. will(意志)
  2. can(可能性)
  3. may(許可)
  4. must(強制・圧力)
  5. should(当然・義務)

これら助動詞を覚える時は、ちょっとしたコツがあります。

それは基本となる「イメージ」を捉えることです。

例えば、「will」の意味を辞書で引くと以下のようにズラーっと多くの日本語訳が出てきます。

「will」の意味

  1. ~しよう
  2. ~するつもりだ
  3. ~だろう
  4. ~してくれませんか
サッシ

これらをいきなり全部覚えるのは大変ですよね。

しかし、基本イメージ」を覚えればラクに覚えられるんです! たとえば、「will」は「意志」というふうに。

では、ここからは5つの基本的な助動詞のイメージをイラスト付きで紹介していきます。

それぞれの助動詞の「イメージ」をつかんでみてくださいね。

Will(意志)

まずは「will」です。基本イメージは「意志」です。

Will(意志)
Will(意志)

「 W 」の文字が、グッと意志を込めてにぎった拳に見えませんか? この図で覚えて下さい。

1未来形

例えば主語が「私」の場合は、「I will 〜」で「私は~する意志がある」というふうになります。

これってつまり……

「will」の意味

私は~する意志がある

私は~するつもりだ

……という意味(訳)になりますよね。

ウサギ

I will go shopping tomorrow.
(明日、私は買い物に行くつもりだ

主語が「she」ならば、こうなります。

「she」が主語の場合

彼女は~する意志がある

彼女は~するだろう

オオカミ

She will go shopping tomorrow.
(明日、彼女は買い物に行くだろう

よく「will」は「未来形」として説明されますが、「will」が「(これから)そうする意志を持つ」という意味だから、結果として未来の形になっているんですよ。

2疑問形では「依頼・お願い」に

さらに、「will」を疑問文で使ってみましょう。

「Will you~」の形で使うと「あなたは~する意志がありますか?」という意味です。

これを上手な日本語に訳すと……

「will」の疑問文

あなたは~する意志がありますか?

~してもらえますか?

こんなふうに「依頼・お願い」の意味にもなります。

ウサギ

Will you close the door?
(ドアを閉めてくれますか?

覚えておいてほしいのは、これらの日本語訳は
あくまで日本語訳です。

英語のネイティブスピーカーは、「肯定文は『未来形』で、質問になると『依頼』の意味だから……」と思っては使っていません。

とにかく、こちらのイメージを覚えておいてくださいね!

Will

意志

Can(可能)

お次は、英語でも頻繁に見かける「can」です。「can」は「可能」という基本イメージを持った助動詞です。

Can(可能)
Can(可能)

こんな感じで、「 C 」の文字が「OK(可能だよ!)」というイメージで覚えてください。

1「可能」の「〜できる」

「can」ですが、基本的には「可能」の意味のままシンプルに「~できる」という意味で使います。

オオカミ

You can do anything if you believe in yourself.
(自分を信じれば、何でもできるよ)

2疑問形「Can I 〜 ?」で「許可」

さらに「Can I ~ ?」の形で疑問形にすれば「私は~することが可能ですか?」という意味になります。

これを上手な日本語訳にするとこうなります。

「Can I」で許可

私は~することが可能ですか?

~してもいいですか?

そう。「許可」という意味にもなるんですね。

ウサギ

Can I use your pen ?
(君のペンを使ってもいい?

3「Can you 〜 ?」で「依頼・お願い」

他には、「Can you ~ ?」の形で質問形にしてみましょう。

あなたは~することが可能ですか?」という意味になりますよね。

これも上手に訳してみると……

「Can you」でお願い

あなたは~することが可能ですか?

~してもらえますか?

そうです。「依頼・お願い」の意味としても使えます。

オオカミ

Can you keep a secret ?
(秘密を守ってもらえますか?)

そういえば、さっき見た「Will you 〜?」も「依頼」でしたね!

サッシ

先ほど見た「Will you 〜 ?」の依頼と比べると何が違うのでしょうか?

「Will you 〜 ?」と「Can you 〜 ?」のイメージの違い
Will you 〜 ?
(意志)
〜する意志はありますか?
(〜してくれますか?)
Can you 〜 ?
(可能)
〜することは可能ですか?
(〜してくれますか?)

実は「Can you 〜 ?」より「Will you 〜 ?」の方が「強い依頼」になります。これも「will(意志)」と「can(可能)」という2つのイメージを理解していれば納得ですね!

さらには「can」も「will」も、それぞれ過去形「could」「would」にすると、「~してくださいますか?」という丁寧なニュアンスになりますよ。

Can

可能

May(許可)

そして、助動詞「may」の基本イメージは「許可」です。

May(許可)
May(許可)

「May」の「 y 」の文字が「どうぞ(やってもいいですよ!)」と許可を促す手に見えてきませんか? これで覚えて下さい。

1目上の人には使えない「許可」

例えば「You may go now.」と言った場合、どうなるのでしょうか。

「may」で許可

今、あなたには行く許可がある

行っていいですよ

こんな訳になりますね。

オオカミ

You may go to the bathroom.
(トイレに行ってもいいですよ

ただし、この使い方には注意点があります。

「可能」を表す「can」とは違って、「may」はまさに「許可(を与える)」という意味です。

つまり、許可は上の立場から下の立場へ行われるものなので、目上の人には使わないでくださいね。

2疑問形「May I 〜 ?」なら「許可を求める」

疑問文で「May I ~ ?」という形で使えば、「~してもいいですか?」という相手に許可を求めるニュアンスになります。

「May I」で許可を求める

私に〜する許可はありますか?

私が〜してもいいですか?

上で見た「Can I ~ ?」も「許可」なのですが、「May I 〜 ?」の方が改まった言い方です。

これも2つの助動詞のイメージを理解していれば分かりやすいです。

「Can I 〜 ?」と「may I 〜 ?」のイメージの違い
Can I 〜 ?
(可能)
私は〜することは可能ですか?
(〜してもいいですか?)
May I 〜 ?
(許可)
私に〜する許可はありますか?
(〜してもいいですか?)

「may」はもともと「許可を求める」ときに使う助動詞のため、正式なんですね。

なので、学校の先生に許可を求めるときなんかは「May I 〜 ?」を使うのが適切です。

ウサギ

May I ask you a question ?
(質問してもいいですか?

3「May」には「〜かもしれない」という意味も

また、「may」は「可能性を広げる許可がある」ということで「~かもしれない」という推量の意味にもなります。

ウサギ

He may be a lier.
(彼は嘘つきかもしれない

ちなみに、「may」の過去形の「might」も「~かもしれない」という意味ですが、「may」よりも確信度が低いニュアンスになりますよ。

May

許可

Must(強制・圧力)

「must」は「強制・圧力」の基本イメージを持った助動詞です。

Must(強制・圧力)
Must(強制・圧力)

「強制・圧力」によって、「 M 」の文字が押しつぶされているようなイメージで覚えて下さい。

1「〜しなければならない」という「強制」

まず、「~しなければいけない」という抑圧のある意味で最もよく使います。

オオカミ

You must study English hard.
(君は英語を一生懸命勉強しなければいけない

「have to」も同じような意味ですが、「must」の方が圧倒的に強制力が強いです。

ただし、使い方(言い方)によっては「絶対~しなくちゃ!」という強いオススメの意味としても使えますよ!

オオカミ

You must go to the restaurant.
(あのレストランは絶対行った方がいいよ!)

こちらは全然重苦しさはありません。

2「〜に違いない」という「確信」の意味に

さらに、強い圧力のイメージから「~に違いない」という確信の意味にもなります。

ウサギ

He must be rich.
(彼はお金持ちに違いない

こちらにも重苦しさはありませんよ。

3否定形では「禁止」の意味に

否定形の「must not」にすると、強い強制力のイメージから「~してはいけいない」という「禁止」の意味になります。

ウサギ

You must not enter the room.
(その部屋に入ってはいけません

こちらは非常に強い言い方です。

注意をしたいのは「must」に似た意味を持つ「have to」の否定形「don't have to」。

こちらは「禁止」の意味はなく、「する必要はない」という「〜しなくてもいい」という意味になります!

Must

強制・圧力

Should(当然・義務)

最後は「should」です。こちらは「当然・義務」という基本イメージを持っています。

Should(当然・義務)
Should(当然・義務)

「Should」の「 S 」の文字がビシッと「こうしなさい!(義務)」を示すイメージで覚えて下さい。

1「〜すべき」という義務

義務感のイメージから、こんな意味でよく使われます。

「should」で義務

~する義務がある

~するべきだ

ウサギ

You have a fever ? You should stay home.
(熱がある? 家に居るべきだ!)

ただし、言い方によれば、重苦しい義務感ではなく「やってみたら?」という軽い提案にも頻繁に使われます。

オオカミ

This is good ! You should try !
(これ美味しい! 君も食べてみなよ!)

2「〜なはずだ」という「可能性」

また「当然~である」というイメージから「~なはずだ」という「可能性」の意味にもなります。

オオカミ

She should call me tonight.
(彼女は今夜、僕に電話するはずだ

ちなみに「should」は「shall」という助動詞の過去形ですが、「shall」は日常会話ではほとんど使われません

もともとの「shall」よりも過去形の「should」の方が圧倒的に使われるという不思議な(?)助動詞です。

Should

当然・義務

さて今回は、基本的な5つの助動詞を紹介しました。

助動詞は日常会話で毎日、頻繁に使われます。いろんな助動詞が存在しますが、今回紹介した5つをまず覚えておくことをオススメしますよ♪

英語の品詞について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: サッシ
ライター / ブロガー / カメラマンをしながら、学習塾と託児所も運営しています。小学生の時に帰国子女の友人のお母さんに3年くらい英語を習ったおかげで、その後も英語の読み書きは全く苦労しなくなりました。塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験を活かして、「ことば」そのものや「文法」を中心としたテーマを楽しく記事にしています。「毎日が生まれたて」というブログも運営しています。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?