[書評] 『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』

サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

世の中には留学しなくても英語を自在に操れる人もいます。

なんともうらやましい話ですが、そんなことができる人は一体どんなことをしているのでしょうか。

この記事では、『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』という本をご紹介します。

著者の齋藤 兼司 氏について

本書『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』の著者は齋藤 兼司(さいとうけんじ)氏です。

齋藤氏は現在、パーソナル・イングリッシュ・コンサルタントとしてご活躍中。

20年以上にわたり、2,000人以上の指導歴があり、経験も「豊富」どころではないぐらいのレベルだと言えるでしょう。

高校時代は英語がニガテだった

そんな齋藤氏ですが、高校時代は英語が大のニガテだったんだとか。

本書にも、次のようなエピソードがあります(太字はサトによる)。

私の通っていた都立高校では、週に2回ほどネイティブの先生が担当する会話クラスがありました。ある会話クラスの時間、アメリカ人の先生が、私の名前を呼び、こう質問したのです。 “Kenji, Where do you live?”  その瞬間、私の頭の中は真っ白になり、英語がまったく出てきませんでした

齋藤 兼司著『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』(2014年 KADOKAWA)より引用しました

中学・高校と英語を勉強しても、かんたんなやりとりもできなかったわけですね。

母語を習得するのと同じ方法で英語を学習

日本の英語教育に疑問を感じた著者の齋藤氏は、母語を身につけるのと同じ方法で英語を学習しました。

その学習が、次のような結果を生みます(太字はサトによる)。

さまざまな試行錯誤を繰り返しましたが、その方向転換の結果、一度も留学することなく、4年後の22歳のときには映画の英語が理解できネイティブ相手にディベートをしても勝てるほどの英語力を身につけることができました。

齋藤 兼司著『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』(2014年 KADOKAWA)より引用しました

母語を習得するのと同じ方法で英語を身につけられたわけですね。

お子さんは全員バイリンガル

ちなみに、齋藤先生はお子さんが3人いらっしゃるんですが、全員バイリンガルなんだそうです。

お子さんがゲームをしている様子が動画で上がっていましたので、ぜひご覧ください。

サト

発音がめっちゃきれいですよね!

でも、お子さんも留学していないんですよ。

このような、すばらしい結果を生んだ学習法は、どんなものなのでしょうか?

本書で紹介されている「日本語を使わないで英語を学習する」方法とは?

ここでは、本書で紹介されている学習方法の例をご紹介します。

一言でいうと、日本語を使わないで英語を学習する方法です。

ひより

日本語を使わずに、英語を学ぶことなんてできるの……?

……と思ったかもしれませんね。

それが、できるんですよ。そのやりかたを紹介していきますね。

子ども用の「英英辞典」で学習

本書ではまず単語を学習することを提案しています。

ここで登場するのが、
子ども用の英英辞典(『Longman Children’s Picture Dictionary with CDs: With Songs and Chants』)です。

この英英辞典には日本語はなく、あるのはイラストと英語だけ

なので、日本語を使わなくても英語が学習できますよね。

CDもついているので、音声も確認できる「優れもの」です。

ひより

今さら子ども用の辞典を使わないといけないの……?!

……と思ったかもしれませんが、「母語を習得するのと同じ方法で英語を学習する」わけですから、筋は通っていますよね。

それに、子ども用の本からも学ぶことはたくさんあります。

サト

わたしも、英語の絵本を見ていて知らない単語に出合うこともありますし。

「母語を習得する方法」で英語を学習する

話をもとに戻しましょう。具体的には、単語の学習は次のとおり進めます。

単語学習の進め方

  1. 音声を聞いて、そのイメージを浮かべる
  2. 英英辞典にあるイラストだけを見て、単語を声に出す
  3. 英英辞典のスペル(単語)を見て、イメージを浮かべる

詳しいことは本書に譲りますが、まさに母語を習得するプロセスと同じではないでしょうか。

まず1音声を聞き2真似して口に出し3文字と結びつけているわけですから。

この単語の学習は、1か月程度で終わります。

その後、文についても同じようなプロセスで学習を進めます。必要な期間は、2か月

サト

教材や学習方法など、詳しくは本書をご覧ください!

3か月で「英語の頭」が完成

単語学習の1か月プラス、文の学習にかかる2か月で、合計3か月ですね。

本書によると、この3か月で「英語の頭」が完成するんだそうです!

と言っても、ここで終わりではありません。この時点で「英語力を伸ばす準備が整った」に過ぎないと書かれています。

3か月はあくまで準備期間なんですね。とは言え、こういう時間的な目安がわかるのは、ありがたいポイントです。

そして、「英語の頭」が完成したら、今度は技能別に英語力を伸ばす方法も紹介してくれるんです。

サト

「技能」というのは、「聞く」「読む」「話す」「書く」のことですね。

技能別の学習方法とは

では、技能別の学習方法はどのようなものなのでしょうか。

例えば、「聞く」については、次の3つの能力が必要です。

「聞く」のに必要な能力

  1. 英語の音を拾う能力
  2. 拾った音を英語として認識する能力
  3. 認識した英語をイメージで理解する能力

本書では、この3つの能力を個別に鍛える方法が具体的に紹介されています。

たとえば、次のようなことが分かるのです。

  • どんなレベルの英語を聞くのか
  • 何回ぐらい聞くのか
  • 聞きながらどんな活動をするのか
サト

なので、迷うことなく学習をすすめることができますよ!

「聞く」時間は最低1000時間

ちなみにトータルでは、最低1000時間ほど聞く必要があるんだそうです。

1日3時間で、1年かかるわけですね。

1000時間と言えば、「ヒアリングマラソン 」という通信教育が、1000時間聞くことを目標にしています。

興味があれば、ぜひ見てみてください。

無料で内容を知る方法

『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』の詳しい内容が気になってきたのではないでしょうか。

ここでは、無料で本書の内容を知る方法をご紹介しますね。

次の2つです。

無料で読む方法

  1. Kindle Unlimitedの無料体験
  2. Audibleの無料体験

順番に見ていきましょう。

Kindle Unlimitedの無料体験

まずは、Kindle Unlimitedの無料体験です。

Kindle Unlimitedというのは、Amazonの読み放題サービスのことですね。

サト

このサービスは、30日もの間、無料で体験できるんですよ!

本書を読んでも、無料期間中に解約すれば、お金は1円も払わなくてもいいということです。

ただ、Kindle Unlimitedの対象は入れ替わることもあります。

今は本書も読み放題の対象ですが、明日には対象から外れているかもしれません。

気になるなら、お早めにお試しくださいね。

30日間も無料で試せる

Kindle Unlimited 30日間無料体験

無料期間が終わっても月額980円
解約も簡単にできます

Audibleの無料体験

それから、Audibleの無料体験という手もあります。

AudibleもAmazonのサービスなのですが、こちらはいわば「聞く本」です。

『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』をプロが読み上げたものを聞けるんですが、こちらも30日間は無料でお試しいただけます

Audibleについては、「Audibleは英語学習に活用できる? 実際に試してみた」という記事にまとめてありますので、よろしければどうぞ。

無料で1冊分を試せる!

Audible 無料体験

無料体験が終わっても月額1,500円
いつでも解約できます!

この記事では、『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』という本をご紹介しました。

日本語を使わずに、英語力を上げる方法が具体的に分かる良書です。

無料でも読めますので、ぜひ一度目を通してみてくださいね!

英語の勉強にオススメの書籍はほかにもいろいろあります。

次の記事にわかりやすくまとめたので、ぜひご参考に!!

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強の書籍のカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
受験英語が大好きで、独学でTOEIC 955点をマーク。現在はインドネシアに移住し、言語の専門家である日本語教師として生計を立てている。英語よりも「英語の勉強」に興味が強く、最近ではオンライン英会話や電子書籍を試すことにハマっている。>>サトについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?