形容詞と副詞の違いとは? 見分け方をくわしく紹介!

サッシ

こんにちは、英語の文法マニアのサッシ です。

今回は「形容詞」と「副詞」の見分け方についてです。

どちらも、ほかの言葉を修飾するという特性があるので混乱しそうですが、コツを覚えると簡単にわかりますよ!

英語の「形容詞」と「副詞」は似ている?

英語を勉強していると、誰もがこんな疑問を抱くことでしょう。

サッシ

形容詞と副詞って似てるけど、違いは何なの?!

そう。英語の「形容詞」と「副詞」って似ていて、私が塾で教えていても頭を悩ます生徒の多い「英文法あるある」の一つですね(笑)。

英語の「形容詞」と「副詞」が似ている理由

なぜ英語の形容詞と副詞が似ていて、混乱しそうになるのかというと、どちらもこんな性質があるからです。

形容詞と副詞の性質

ほかの言葉を修飾する

そうです。形容詞も副詞も「なにかの言葉を修飾する」という特性があるんです。

「修飾する」とは?

「修飾する」というのは、日本語で言うと「美味しいイチゴ」の「美味しい」のような言葉のことです。

「修飾する」とはどういう意味?
「修飾する」とはどういう意味?

「イチゴ」という言葉(名詞)を具体的に伝えるために「美味しい」という言葉で詳しく伝えていますよね?

まるで「イチゴ」という言葉をイキイキと伝えるために着飾っている(修飾している)ようです。

サッシ

この場合「美味しい」という言葉は「『イチゴ』にかかって(・・・・)いる」のような表現で言われます。

英語の「形容詞」と「副詞」の違いとは?

英語の「形容詞」と「副詞」が似ている話をしましたが、しっかりと見分ける方法はあるんです!

それが以下の3つのポイントです。

形容詞・副詞の見分け

  1. 「名詞」を修飾しているかどうか?
  2. その単語を外しも意味が通じるか?
  3. 語尾のパターンは?

ではこの見分け方を詳しく見てみましょう。

「名詞」を修飾しているかどうか?

まず、形容詞は「名詞」を修飾するのに対して、副詞は「名詞以外」を修飾します。

  • 形容詞名詞を修飾
  • 副詞名詞以外を修飾

例えば、以下の例文をご覧ください。

形容詞の例

ウサギ

He is a lucky guy.
(彼はツイてるやつだ)

「lucky(ツイてる)」は「guy(奴)」という名詞を修飾しているので、「形容詞」ですね。

しかし、以下の文の「Luckily(幸運に)」は、文全体を修飾しているので「副詞」です。

副詞の例

オオカミ

Luckily, I got a ticket.
(幸運にも、ボクはチケットを手に入れた)

その単語を外しも意味が通じるか?

もう1つの見分け方として「その単語を外してみる」という方法があります。

文の構造上「副詞は無くても意味が通じる」という考え方があるため、外してみても文章が成り立てば「副詞というわけですね。

例えば「Your are always stupid.(キミはいつも愚かだ)」という文の場合。「stupid(愚かだ)」という形容詞を抜いてしまうと、どうなりますか?

形容詞は略せない

オオカミ

You are always ...
(キミはいつも……)

オオカミ

......

オオカミ

......

ウサギ

What !? What are you going to say ??
(何?! キミはいつも……なに??)

「キミは……」となってしまい、キミが何なのか意味不明ですよね!

でも「always(いつも=副詞)」を省略しても、「キミは愚かだ」となるだけで、文の意味は問題なく通じます

形容詞は省略できない

  • You are always stupid.(形容詞省略できない
  • You are always stupid.(副詞省略可能

ちょっと応用的なやり方ですが、こうやって形容詞と副詞の違いを見つけることもできますよ。

語尾のパターンは?

そして最後は「語尾」のパターンで見分ける方法です。

英単語の語尾(単語の後ろの部分)の特徴によっては「形容詞にしか無い」という特徴のものがあります。

形容詞にしかない語尾がある

例えば「reasonable(妥当な)」の「-able」や「dangerous(危険な)」の「-ous」。

こういうスペルを見たら「あ、形容詞だ!」と思ってくれてOKですよ!

ほかにも形容詞の「語尾(単語の最後の部分)」によく現れる例を見てみましょう。

英語の形容詞の語尾
-able, iblereasonable, possible
-arpopular, familiar
-fulbeautiful, wonderful
-ic,-ical romantic, musical
-ious,-ousprecious, dangerous
-ishselfish, childish
-ivenative, creative
-less endless, homeless
-antimportant, instant
-entexcellent, independent,
-ypinky, milky
サッシ

これはある程度慣れが必要ですが。

語尾に「-ly」がつく例

そして、逆に英語の副詞の形は語尾に「-ly」が付くものが多いです。

たとえばこういうものがあります。

語尾に「-ly」が付く例

  • usually(たいてい)
  • probably(おそらく)
  • suddenly(突然に)
  • quickly(すぐに)
  • carefully(気をつけて)

ただし「-ly」が語尾に付いたら、イコール「副詞」ではありません。

中には「-ly」のつく「形容詞」もあるので注意が必要です。

基本的に、このようなルールがあります。

副詞/形容詞「-ly」の違い

  • 副詞…… happily
    形容詞 + ly(happy+ly = happily)
  • 形容詞…… friendly
    名詞 + ly(friend+ly = friendly)

形容詞でも副詞でもある言葉

さて、ここまで「形容詞」と「副詞」の見分け方を見てきましたが、超ややこしい単語が英語にはあります。

それは「fast(速い・速く)」や「long(長い・長く)」のような言葉です。

こちらの2つの「fast」は片方は「形容詞」でもう片方は「副詞」です。

2つの「fast」

  • She is fast(彼女は速い)
  • She runs fast.(彼女は速く走る)

こんなふうに、英語には「形容詞でも副詞でもある」という単語も少なくないんです!

そんなときは上で紹介したような「見分け方」で区別してくださいね。

  • 形容詞の「fast」
    She is fast.(彼女は速い)
  • 副詞の「fast」
    She runs fast.(彼女は速く走る)

さて、今回は形容詞と副詞の見分け方……という誰もが突き当たる壁について紹介しました。

「fast」のように形容詞にも副詞にもなる単語がありますが、今回紹介した「見分け方」でバッチリですね♪

英語の品詞について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: サッシ
塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験のある「英語の文法オタク」。早稲田大学 教育学部卒。小学生の時から英語を学んでいた経験もあり。「毎日が生まれたて」という月間に60万回以上読まれる人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"