「察する」を期待するのはNG! 英語圏ではガンガンお願いしましょう!

ask-a-favor
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

今回は、少し文化的な側面から、英語の世界を紹介したいと思います。それは「察する」ということについて。

アメリカではよくお願いする・される

アメリカに来て思ったことですが、こちらの人たちは、よく人にお願いして手伝ってもらいます

逆に「手伝おうか?」の声もよく聞かれます。

……と言っても、日本人がお願いすることが嫌いなわけではありません。

人から手伝ってもらえないわけではありません。周りの人と助け合いながら生きています。

ただ、日本独特の「察する」という文化が、わざわざ「手伝って!」や「手伝おうか?」と声かけをしたりすることを、間違いなく減らしているように思うのです。

良くも悪くも。

日本は「察する」文化

日本人が、日本で、その「察する」という文化の中で暮らすには、そんなに問題がないんです。

たまに察せない人がいても、「この人、気が利かないなぁ」と思うくらいでしょうか。でも、人それぞれですし、そんなに気になりません。

必ず気が細やかで、気の付く人が周りに数人はいますし、日本の文化では、そういう人が素晴らしいと思われる傾向にもありますよね。

一から十まで言わなくても、途中でさらっと先を読んでくれたり、先回りするようにさりげなく助けてくれたり……

なんというか、かゆいところに手が届くような感覚です。

ところが、その文化の中で暮らした日本人が、その感覚が根付いていないところで暮らすとなると、けっこう大変です

なかなか思うように察してくれません(泣)。

言葉でお願いすることに慣れていない日本人

察しの文化の中で暮らしていると、つい「察してくれること」を期待してしまうんです。

なので、察してもらえないとイライラしてしまいます。それに、今まで察してもらってきたので、「手伝ってほしい」とお願いすることが上手にできないんです。

つまり、言葉でお願いすることに慣れていないんですね。

みなさんは、「手伝って!」とお願いすることになんとなく気をつかってしまいませんか?

特にプライドが高いというわけではないのに「手伝って!」とお願いすると、自分ができない人間になったような気がしませんか? なので、何かをお願いするときは、よっぽど自分の手が回らないとき。

私だけですかね?……こういうの。

前述しましたが、こちらの人は「お願いすること」に慣れています。全く察しないわけではありませんが、「手伝って!」とお願いするまで、あまり手を出してきません。

よく言えば、個人を尊重しているのかもしれません。それぞれの領域を勝手に荒らさないし、そもそも自分には関係がない、といった感覚かもしれませんね。

英語でお願いするときの言い方は?

では英語でお願いするときの言い方を見ていきましょう。

言い方はいろいろありますが、手伝ってほしいときは

I need your help(手伝ってほしいんだけど)

Could (Can) you help me?(手伝ってくださいませんか(くれない)?)

と言ったりします。

タカコ「I need your help(手伝ってほしいんだけど)」

「What is that?(何?)」

タカコ「I want you to do the laundry(洗濯をしてほしいの)」

といった具合です。

ほかにも……

I have a favor for you(お願いがあるの)

Could (Can) I ask you a favor?(ちょっとお願いしてもいいですか(いい)?)

という言い方もあります。※ CouldはCanよりも丁寧な言い方です

あとは、お願いする側ではありませんが、

Let me know if you need the help(何か手伝ってほしいことがあったら知らせてね)

という表現もよく耳にします。

これって、日本語でもよく言いますよね。「何かあったら言ってね」と。でも、本当に「何か言う」人ってどれくらいいるんでしょう?

だいたいは自分の中で消化して、よっぽどできないときだけ「ごめん、悪いんだけど……」とお願いするのではないでしょうか?

やっぱり言葉でお願いできない……そして負の連鎖

私は、手伝ってほしいとなかなか言うことができず、いつも家事と育児に追われています。

夫は「何でも言ってくれれば手伝うよ」といつも言います(←しかも、のんびりしながら)。でも、私はそれが言えず、ピリピリして、手が回らず、最後には自爆。

こっちからお願いする前にやってくれないかな~と思ったりするのですが、なかなか動いてもらえません。期待するから、動いてもらえないことにまたイライラ。悪循環です。

わざわざ口に出してお願いしないといけないなんて、「面倒くさい!」なんて思ったりもしませんか?

でも、その一言を出すことができれば、機嫌よく手伝ってもらえるんです。意地になっているわけではないので、さっさと自分でも「お願いすればいいじゃない!」と思うんですが、なかなか習慣を変えるということは難しいですね。

育児と家事にはきりがありません。少しでも自分の体の負担を軽くするために、心に「言葉でお願いする」という負担を少しかけ、お願い上手な人になりたいです。

困っているときには「手伝って!」と声をかけてほしいアメリカ人

アメリカの人は、お願いすることにも慣れているので、手伝うことにも慣れています。逆に、お願いされないと、あてにされていないように感じて、寂しく思うそうなのです。

私は「(私が何をしてもらいたいか)察してほしい」と思うのですが、「I can't read your mind(思っていることは読めないよ)」と言われます。

「手伝ってほしいことは、具体的に言ってくれ」という感じです。

逆にお願いしないと、夫は「全部自分でどんどんやって……僕なんていなくてもいいよね……」という風なことを言ったりします

いやいや、何でも手伝ってくれればうれしいんですけど、「言えない」んですよ私。

また、知人の話ですが、子どもを出産したときに、周りの人から「何かあったら声をかけてね」と言われていたものの、彼女は周りの力を借りることもなく、がんばっていたそうです。

ある日どうしても手伝ってほしいときがあったそうなのですが、それまでひとりでがんばりすぎて、気づくと気軽に頼める人がいなかったそうです。みんな「彼女は助けがなくても大丈夫」と、距離を置いていたんですね。

アメリカでは、やっぱり「ずうずうしいかな?」と思うくらい、人を当てにしてお願いする方がいいんだな……と思った事例でした。

とにかく「察してもらう」ことを期待するのはNG

そうは言っても、言葉でお願いするのであって、察してもらうことに期待してはいけません。

例えば、私の夫の場合ですが、前に手伝ってくれたときに、過剰なくらい「ありがとう!」と言っても、「すごくすごく助かった!!」と持ち上げておいても、それはそれらしく(←もちろん悪気はない)……あまり効果がありません。

「前にすごく喜んでもらえたから、またしてみよう!」という感覚には、あんまりならないようです(泣)。

3年暮らして少しわかったことは、「察せない」のではなく、「察しない」んです。

「わざと(察しない)」のではなく、「ただ(察しない)」んです。そういう思考回路のようです。謎です。

いかかでしたか? 今回の件は、もしかしたら、性格の違いで、国際的な文化の違いではないかもしれません。

でも英語ではよく「手伝って!」や「手伝おうか?」と声をかけあい、日本の文化は「察する」という、全く違う行動なので、書いてみました。

英語を話す外国人とカップルの方で、言葉に出してお願いできない方、私と一緒に気軽に「手伝って!」や「○○してほしい!」と声をかけられるようにがんばりませんか?

最初は心には負担かもしれませんが、そのうちに慣れると心も体も楽になれますよ、きっと!!

そして、時間はかかりますが、長く一緒に時間を過ごすと、パートナーの方も少しは察してくれるようになってくれるので(私の夫も、全く察せないわけではありません)、お互いの心の負担も軽くなるはずです。

がんばりましょう!!

ask-a-favor

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。