英語で「太っている(人)」って、なんて言う?

fat
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

以前書いた「日本語のすべての言葉には、対応する英語の言葉があると思いますか?」で、私が「あの太っている人」と言う時に「fat」という言葉を使ってしまったということを書きました。「じゃあどう言えばいいの?」という質問をいただきましたので、今回は詳しく紹介します。

「fat」は「脂肪」という意味

この「fat」という言葉は、人に使っていい言葉ではないんです。原則として、「fat」は名詞で脂肪という意味です。

無脂肪のヨーグルトのことをノンファットヨーグルトといいますよね。人に対して使ってしまうと、イメージ的には「脂のいっぱいついた人」といことで、すごく失礼なのです。

知らずに使ってしまったとはいえ、なんてひどいことを言ってしまったのか……あぁ、大失敗。今でも穴があったら入りたいです。 では、「fat」がダメなら、なんて言えばいいのでしょう?

じゃあなんて言ったらいいの?

ということで、アメリカ人の夫に聞いてみました。

まず、「体型や体重のことを言葉にするのは、避けた方がいい」というのが大前提です。

やはり太っていることを口にするのは、どこの国でもデリケートな話題だということなんですね。では、必要に迫られて言う場合ですが、「overweight」という言葉があります。「体重が重すぎる」という意味で、「太った」というようです。

ちなみに、反対語は「underweight」です。私の娘が定期健診で体重が平均よりもかなり軽かったのですが、その時に義母がこの言葉を使っていました。

夫の話によると、「overweight」なら、必要なら、まぁ使っても大丈夫というレベルらしいです。

なので、人を特定したい時は別の特徴を話したり、どうしても使いたい時は控えめに話したりするのがいいんでしょうね。

難しいですが、日本語でも「やせた」「太った」には、いい意味で使う時と悪い意味で使う時があるのと同じですね。

「chubby」という単語も

また、太っていることを表す言葉に「chubby」というのもあります。

「ぽちゃっとした」とか「小太り」といった意味で、「fat」よりはひどくない印象のようですが、やはり人に使うのはよくないそうです。

この「chubby」は、ディズニーのくまのプーさんの歌に出てきます。プーさんの体型を想像してもらえれば、どんな感じなのかわかりますよね。

出典: Amazon『くまのプーさん/完全保存版 スペシャル・エディション』

反対の「やせた体型」についても注意

また、やせた体型については「skinny」という言葉があります。スキニージーンズという、細めのジーンズのことなどで聞いたことがあると思います。

この言葉も、人に使うのは要注意です。「skinny」は、たしかに「(体型が)細い」という意味なのですが、名詞の「skin(皮膚)」からきていて、「肉がなくて骨と皮だけ」という、ちょっと不健康にやせすぎたイメージなのだとか。

ほめる場合は、「slim」だそうです。この言葉は、「健康的に細い」というイメージなので、人に使ってもいいそうですよ。

単純に「big」や「small」は?

ほかにも、簡単に「big」「small」と言えないこともないようですが、これも言い方や状況で注意が必要なのだそうです。

そもそも大きさや数を表す言葉なので、「(体が)大きな」というイメージです。「太った」というイメージとは少し違ってきそうですね。

また、「big」には、「great、important」といったほかの意味もあるので、それまでの文脈と「横幅がある」という身振りもつけて話すことで、間違われずに伝わりそうです。

ちなみに、日本語では背が高いことを「(背が)大きい」、背が低いことを「(背が)小さい」とも言ったりしますが、英語では「tall」「short」と言います。

日本語の感覚で「(背が)高い」と言いたい時に、つい混同して「big」と言ってしまいがちなので、注意が必要ですね。

そんなことするのは、つい日本語の感覚で置き換えて考えてしまう私だけかもしれませんが……(笑)。テレビのチャンネルを変えるように、日本語と英語の感覚を使い分けられるようになりたいです。

 
fat

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。