「マイナンバー」って聞くけど英語の「my」と日本語の「マイ」は全然違うからね!

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は「マイナンバー」という日本語の「マイ」について語ります! これって英語の「my」と同じように見えますが全然違うの、知っていましたか?

外来語の「マイ」が市民権を得た!?

「マイナンバー制度」ってもう誰しもご存知ですよね。

この「マイナンバー」という言葉は政府が正式に使っている言葉です。

この「マイ」って日本語ですが、もちろん英語の「my」から来た外来のカタカナ英語です。

日本語に入ってからは全然意味の違う言葉になりました。

あれ?「my = マイ」じゃないの?

え? 「my」って「マイ」と同じでしょ? って言われそうですが、違うんですよねー。

日本語だと「自分の車」のことを「マイカー」って言います。まぁ、英語でも「my car」って言いますが、ちょっとこの例を見てください。

「君はマイカーを持ってるかい?」

みたいに使いますね。

英語とまったく同じ使い方に見えますが、全然違うんですよ。じゃあ今度はこの日本語を英語に直してみましょう。

「Do you have my car?」

ってしないように気をつけて! だってこれだと……

「君はオレの車を持っている?」

という意味になりますよ。なんかまるで友達をドロボウ扱いしているみたいですよね(笑)。

「Do you have your own car?」

になるべきですよね。

英語の「my」は「わたしの~」日本語の「マイ」は?

英語で「my」の意味は「わたしの~」です。

カンの良い方は気づいていると思いますが、日本語の「マイ」は「わたしの~」という意味ではありません

なんと「自分自身の」という意味なんです。しかも英語では所有格だったのが、接頭辞になっています。

「超」とか「反」とかと同じで、ほかの言葉の前にくっつけて新しい言葉を作るやつですね。

「マイ」は接頭辞

つまり「マイ + カー」で「自分自身の車」という意味です。けっして「わたしの車」という意味では使われていないハズ。

ここで本題の「マイナンバー」に戻りますが、同じですよね。「わたしのナンバー」ではなく「自分自身(に割り当てられた)ナンバー」という意味です。

いやー、カタカナ化した英語っておもしろいですねー。言語って面白い。

さて、今回は「マイナンバー」で市民権を完全に得た「マイ」という日本語についてでした。

これはかなり昔から思っていたことで「マイカー通勤」って言葉を聞くたびに英語と違うなぁって興味深く思っていました。

日本語は外部の言語を自分のものにするのは得意ですが、多くの場合は本来の意味と変わってくるのが難点です。英語を話すときに勘違いしないようにするのが大事ですね。

ちゃんと英語と日本語の「my(マイ)」は違うっていうことを覚えておいてくださいね!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語のフレーズのカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"