アメリカで使われる単位「ポンド」「オンス」 がややこしすぎる件

pound-ounce
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

今回は、アメリカで主に使われている重さや長さ、量のなどの単位の中から、重さの単位である「ポンド」と「オンス」について書きたいと思います!

アメリカで使われている重さの単位は?

まず、単位から確認しましょう。

重さは、「ポンド(pound)」や「オンス(ounce)」を使います。

ちなみに、「pound」の発音は、「ポンド」ではなく「パウンド」の方が近いです。「ounce」も「アウンス」の方が発音的に近いです。

これらの単位は、日本では一般的に使われないため、日本では全然なじみがありませんよね。

重さは、オンスやポンド

私は、アメリカに来るまでは、ボクシングの選手の体重をポンドで言っているのを、試合前のアナウンスで聞いたことがあったくらいでした。

言葉として知っていただけで、1ポンドがどれくらいなのか、考えたこともありませんでした。「1ポンド = 約453グラム」です。

実際こちらでは、重さはポンドばかり使います。病院やそのほかの手続きで体重を申告する時は、ポンドで聞かれます。

「キログラム」で言っても「は?」という感じで、ほとんど通じません。お店で売っている食べ物も、ポンドが単位です。

実は「パウンドケーキ」の由来も……

少し話がそれますが、「パウンドケーキ」をいうお菓子があるのをご存知でしょうか。

この名前は、材料の小麦粉、卵、砂糖、バターを1ポンドずつ使ったことが由来と言われています。

マクドナルドに「クォーターパウンダー」というハンバーガーがありますが、これも1/4ポンドのお肉を使っているところから名前がついたんだそうです。

1ポンドは10オンスでないことに混乱

そして、「オンス」は、ポンドの下の「小さい単位」です。

そう聞くと、「10オンス = 1ポンド」だと思っちゃいますよね? ところがどっこい! 「16オンス = 1ポンド」です。

ちゅ……中途半端すぎっ!! 1ポンド = 約453グラムですので、1オンスはその1/16です。つまり、「1オンス = 約28グラム」です。

この「16オンス = 1ポンド」というのが、最初全く意味がわかりませんでした

12オンスや15オンスと、10を超えても上の単位にならないことも、かな~り違和感がありませんか?

グラム、キログラムは理解しやすいのに……

日本で使われる重さの単位は、キログラムやグラムですが「1キログラム = 1,000グラム」と、わかりやすいです。

なので、0.5キログラムは1/2キログラムで、500グラムと単純に計算ができます。なんだかすっきりしたイメージです。

別の記事で書きますが、日本で使われている単位は、長さの単位にしても、量の単位にしても、だいたい1,000を基準に上の単位で表すことができます

でも、アメリカの単位は、どの単位も本当にバラバラなんです。なので、イメージもしづらく、ややこしいです。なかなか覚えることもできません。

例えば、私の娘は、7ポンド3オンスで生まれました。「7lbs. 3oz.」と表記します。

日本人の感覚だと、「それって、どれくらいの重さなの?」というくらい、まったく見当もつきませんね

「1ポンド = 453グラム」とわかっていても、3オンスがさらにややこしいです。

3オンスは3/16ポンドですから。でも、こちらでは、この単位しか使わないので、これが普通なんですね。

重さを細かく表示しようとすると、ポンドとオンスが共存します。頭いたくなってきた……(笑)。

お店で注文する時は?

義父に「量り売りの時に、1/2ポンドと言わず、0.5ポンドと注文しても通じるの?」と聞いてみると「通じるとは思うけど……どうかな……。普通は1/2ポンド(a half pound)って言うよ」と。

続けて義父は「あえて言うなら8オンスでいう方が、(0.5ポンドよりも)わかりやすいし、間違えられないと思うよ」と。

お店でも量り売りに苦戦
お店でも量り売りに苦戦

横で義母が「私はそんな中途半端な単位で注文したことないわ!」と(笑)。

一般的には、お店で量り売りの注文をする時は、0.5ポンドと言わず、1/2ポンド(a half pound)と言って、あまりオンスでは注文しないようです。

1.5ポンドなら、「one and a half pounds」ですね。。

さて、今回の記事はちょっと頭が痛くなる話でしたね。覚えるコツと言えば……「ポンドとオンス」、「キログラムとグラム」は、単位として別物だと考えましょうぐらいですか(笑)。

換算はできますが、きれいな数字にはなりません。海のものと山のものというくらい、個別に存在する単位ですね。

「1ポンド = 453グラム」ということだけ頭に入れておくと、重さの見当がつくので便利ですが、それをいちいち換算しても疲れるだけです。なので下手に換算せず、ポンドとオンスを受け入れていくようにしましょう。

私にとっては、1,000グラムになると1キログラムになるように、すっきりした数字で単位が上がるという概念が通じないことがびっくりで、いまだに違和感があります。

それにしても16オンスって……どこから「16」なんて数字が出てきたのか、謎すぎです(笑)。

pound-ounce

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。