マクドナルドって英語でどう発音するの?「D」が大文字の理由は?

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

世界的に有名な「マクドナルド」ですが、英語では「McDonald's」と書きます。

これ、ちゃんと発音できますか??

今回はちょっとマニアックですが、「マクドナルド」の発音の仕方、及び豆知識についてです!

McDonald's(マクドナルド)の発音は?

「マクドナルド」ですが英語圏の人にカタカナの発音で言っても、まったく通じません

ヨス

じゃあどう発音するんやっ!

……という方のために、わかりやすいようにカタカナ表記をしてみますね。

マッダーナゥズ

ええ。「マクドナルド」と発音しても絶対に英語圏の人には通じませんが、「マッダーナゥズ」と言えば伝わるでしょう。

町中で英語圏の人をつかまえて試してください!

「McDonald's」の発音を解説

では、その発音についてもっと分析してみますね。

暗号みたいになりますが、発音記号(国際音声記号)で書くとこちらになります。

発音記号で比較

  • 英語 [ məkdɑ́nəldz ]
  • 日本語 [ makudonarudo ]
ヨス

とりあえず、全然違いますよね。

小難しく説明するとこうなります。

「マクドナルド」の発音

  1. 「マ」の「 a 」はあいまい母音の [ ə ]
  2. 「ク」の「 母音 [ u ]」は不要で [ k ] はほとんど発音しない
  3. 「ド」の「 o 」は口を縦に広げて「オ」の口で「ア」を言う [ ɑ ] の発音(アクセントもここ)
  4. 「ナ」の「 a 」はあいまい母音の [ ə ]
  5. 「ル」に「母音 [ u ]」は不要で「 l 」はダークエルの発音 [ ɫ ] に
  6. 「ド」に「母音 [ o ]」は不要で最後の「 s 」と合体し[ dz ] という破擦音

ややこしいと思うので、もっと噛み砕いて説明します。

大きな違いは「母音」の挿入

日本語の「マクドナルド」の発音の一番大きな問題は、母音の挿入です。

英語は、日本語と違って子音だけで発音されることがすごく多いですが、日本語ではありえません。

そのため、日本語では「dog」なら「ドッグ(dogu)」みたいに、母音を子音の後ろに付けます。

くわしくはこちらの記事を。

ストレスが「o」のところに来る

そして、「ストレス(アクセント)」の存在です。

日本語にはありませんが、英語には発音の「強弱」があるんです。

その強くアクセントを持ってくる場所が、「McDonald's」の「o」です。

「 o 」の発音はアクセントが来ると [ ɑ ] の発音になるため(アメリカ英語では)、「ダー」のような発音になります。

具体的には口を縦に大きく開け、「オ」の口の構えにしながら、「ア」を発音する感じです。ただし、日本語の「オ」より、もっと口を縦に広げます。

英語では最後に「 s 」が付く

英語でのスペルを見ると分かりますが、最後に「 s 」が付いています。

これは「マクドナルド」という意味の所有を表す「 's 」ですね。

「Denny's(デニーズ)」や「Wendy's(ウェンディーズ)」と同じですね。なぜかマクドナルドだけ「 ’s 」の発音が省略されました。

そのため、語尾が「 ds 」になり、破擦音の [ dz ] の発音になります。

なんで「D」が大文字に?

この「McDonald's」の「D」をあらためて見てみると違和感がありませんか?

ヨス

なんで「D」が大文字に?!

英語の文章ではフツーは単語の途中に大文字が入ることはありません。

実は、この「Mc」は特別な言葉で、英語の中ではアイルランドやスコットランド系の名字で使われます。

そして、アイルランド語、スコットランド・ゲール語で「Mc」もしくは「Mac」は「〜の息子」という意味になります。

「Mc Donald」なら「ドナルドの息子」という意味で、これを英語にするときには「McDonald」というふうに「Mc(もしくはMac)+スペース無し+大文字から」書くルールになっているんです。

つまり、「Mc」や「Mac」が付くアイルランド系の名字は、英語ではこういうふうに書くという風習なんですね。

「Mac」の付く名字例

  • マッカーサー(MacArthur)
  • マッカートニー(MacArtney)
  • マッキントッシュ(McIntosh)
  • マッケンジー(McKenzie)
  • マクニール(MacNeil)
  • マクラクラン(MacLachlan)

ということで、気になるかも知れませんが「そういうもの」だと覚えておいてください。

キャッチフレーズの「I'm loving it」について

ついでに、マクドナルドのキャッチフレーズ「I'm loving it」をご存じでしょうか?

英語の分かる方だったら、最初に聞いたときに「あれ??」と思ったはずです。

なぜなら「love」は状態動詞なので、通常は「現在進行形」にはできないからです。

でも、「今だけ一時的に」の意味であえて使っているんですね。たとえば、状態動詞の「live」を進行形にしたこちらの例を見てください。

ウサギ

Well, you live in Kyoto, don’t you?
(えっと、京都に住んでるんだよね?)

オオカミ

No. I’m living in Tokyo for now.
(いや、今だけ東京に住んでいるんだ)

状態動詞である「live(住む)」が現在進行形になっていますね! 状態動詞の「live」をあえて進行形にすることで「今一時的に住んでいる」というニュアンスを出しています。

マクドナルドのキャッチフレーズである「I'm loving it !」も、状態動詞の「love」をあえて現在進行形にしています。

「I love it」だと「それをずっと好き」になりますが、マクドナルドにはいろんな商品がありますよね?

あえて「I'm loving it(今一時的に大好き)」と言うことで、「今はこの商品が(一時的に)好きだけど今度はべつの商品を好きになってほしい」というニュアンスがあるのだと思います。

ただし、これは「文法破り」な使い方をあえてすることで注意を引いているので、使わない方が無難ですね。

インスタでも投稿しています!

さて今回は「McDonald's(マクドナルド)」の発音について紹介しました。

詳しく書くと難しそうですが、基本的に「マッダーナゥズ」のように発音していたら大丈夫ですよ!

たった5,000円で英語のレッスンが自宅で?!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?