アルクの月刊誌『English Journal』は飽きずに英語学習が続けられるのでオススメ!

サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

この記事では、わたしが長年お世話になっている『English Journal』という月刊誌をご紹介します。

この雑誌は楽しく英語の学習を続けるのにピッタリなので、オススメです。

「どんな内容なのか?」や、オススメのポイント、さらには安く購読する方法についてくわしく紹介します。

『English Journal』とは?

では、まず『English Journal』についてご紹介しましょう。

この雑誌は、アルクという出版社が出している、英語学習のための月刊誌です。

なんと、創刊は1971年! 50年もの歴史があるんですね。

内容は、次項で詳しく説明しますが、とにかくバラエティ豊か。わたしも毎月楽しみにしています。

サト

ちなみに、わたしが『English Journal』を買い始めたのは、たしか2002年ごろだったと思います。

当時、音声はCDに収録されていたのですが、今はダウンロードに。時代ですね……。

購読を中断した時期もありましたが、2016年頃に電子書籍でも手に入ることを知り、それから毎月お世話になっています。

『English Journal』の内容

では、次に『English Journal』の主な内容を見ていきましょう。次のとおりです。

本雑誌の主な内容

  • 特集
  • インタビュー
  • 日本の魅力を紹介するコラム「Remarkable Japan」
  • 10の質問を聞いて答えを考えるコーナー「Let’s Talk About You」
  • エッセー「Tea Time Talk」
  • 司会とゲストのおしゃべり「Quick Chat」
  • 英語での講義「Lecture」
  • プレゼント付きクイズ「Mystery Speakers」

いずれも、次の3点がそろっています。

  1. 音声ファイル
  2. スクリプト
  3. 日本語訳

どの内容というか、どのコーナーも楽しめるものなのですが、特にオススメできるものを4つ選んでみました。

次のとおりです。

オススメのコーナー

  1. 特集
  2. インタビュー
  3. Tea Time Talk(エッセー)
  4. Mystery Speakers(プレゼント付きクイズ)

それぞれ、かんたんにご説明しますね。

『English Journal』の特集

まず、特集です。テーマは月替りで、例えば2021年1月号(2020年12月発売)は「世界の新語・流行語」でした。

サト

タイムリーな話題ですよね!

その他、2020年は次のような特集が組まれていました。

特集の例

  • 発音
  • 多義語
  • 世界の英語

毎月テーマが変わるので、飽きずに楽しめます!

『English Journal』のインタビュー

有名人へのインタビューが楽しめるコーナーもあります。

インタビューは毎月2本なのですが、少なくとも1本は映画俳優へのインタビューになっています。

2021年1月号では、次の有名人のインタビューが収録されていました。

2021年1月号インタビュー

  1. ダニエル・クレイグ&キャリー・ジョージ・フクナガ
  2. ボブ・トビン

1は映画『007』シリーズの主演俳優と監督のコンビ。

2は経営コンサルタントであり、慶応義塾大学の名誉教授でもある方です。

その他、2020年発売分では、次のような方々のインタビューが楽しめました。

その他インタビュー例

  • サーシャ・バイン氏(大坂なおみ選手の元テニスコーチ)
  • デビッド・シンクレア氏(ハーバード大学医学部教授)
  • ヒラリー・クリントン氏(政治家)
サト

映画に興味がある人も、そうでない人も、楽しめる内容ですね!

『English Journal』のエッセー「Tea Time Talk」

3つ目は、「Tea Time Talk」。これはケイ・ヘザリさんという方が担当されています。

毎月テーマが変わるエッセーを、ケイ・ヘザリさんご本人が書いて、読み上げてくださっています。

ケイ・ヘザリさんの英語が、とにかく聞き取りやすいんですよ。スピードもそんなに速くないし、発音もハッキリしてますし。

ちなみにケイ・ヘザリさんは、わたしが英語にハマるきっかけにもなった、NHKラジオ英会話も担当されていました。

当時、わたしは大学生。1997年のことでした。

サト

時を越えて、またこうしてお世話になるとは……20年ぶりぐらいに声を聞いたときは、感慨深いものがありましたよ。

『English Journal』のプレゼント付きクイズ「Mystery Speakers」

オススメの4つ目は、「Mystery Speakers」というコーナー。

毎回、ある「モノ」が正体を隠しつつ、英語で自分のことを説明するのを聞いて、誰(何)が話しているのかを当てるというクイズです。

たとえば、こんな感じです(わたしが作りました)。

質問の例(自作)

わたしは今日も事務所にいます。

毎日紙を食べたり、吐き出したり……自分の意思ならいいけど、やらされてるのが何とも言えません。

紙が吐き出せなくなったり、とある液体がなくなったりすると、休めるからいいんですけどね。

あと、電子化が進んで、わたしもだんだん使われなくなってきたので、仕事が減るといいなあと思っています。

誰(何)が話しているんでしょうか?

はい、プリンターです。

サト

正確には、やる気のないプリンターです(笑)。

これを英語で聞いて、誰(何)がしゃべってるか、考えるわけですね。

ちなみに、これはプレゼント付きのクイズになっていて、正解は次号で発表されます。

『English Journal』のオススメのポイント

『English Journal』は、内容はもちろん魅力的なのですが、英語学習という視点から見たときに個人的なオススメポイントを3つ挙げます。

オススメのポイント

  1. バラエティが豊かで飽きない
  2. レベルもさまざまで、自分に合ったものを選んで学習できる
  3. アプリが優秀で、学習しやすい

1点ずつ、ご説明します。

バラエティが豊かで飽きない

まず、バラエティが豊かで飽きない点。

前項でご紹介した通り、特集、インタビューなどの割とまじめな内容から、気軽に楽しめるクイズまで、色とりどりの内容になっているんです。

特にクイズの答えは次号に掲載されるので、毎月楽しみにしています。

レベルもさまざまで自分に合ったものを選んで学習できる

それから、レベルもさまざまで、自分に合ったものを選んで学習できる点です。

レベルは本誌に3段階で書いてあるので分かりやすいですし。

サト

わたしも一番むずかしいレベル3を聞き取るのには骨が折れるので、レベル2のものをよく聞いています。

アプリが優秀で、学習しやすい

最後に、アプリが優秀で、学習しやすい点です。

音声は「ALCO」というアプリで聞くのですが、このアプリでできることは、それだけではありません。

なんと、スクリプトも見られてしまうんですよ!

スクリーンショットを撮ってみました。

こちら、音声再生中の画面ですが、右上の「A」のマークをタップすると……。
右上の「A」をタップ
右上の「A」をタップ

次の通り、スクリプトが出てくるんです!

スクリプトが出てくる
スクリプトが出てくる

なので、聞いてわからないところを確認する際も、アプリで完結するわけですね。

わざわざ本を開く必要もないので、スマホさえあればいつでもすぐに確認できます

サト

こういう手軽さは、学習を継続するのに大切なポイントですよね!

一部、アプリでスクリプトが確認できない音声もあります。短めの音声はスクリプトが収録されていないようです。

『English Journal』を割引価格で読む方法

楽しみながら学習を続けられる『English Journal』。

でも、購読するとなると、毎月の支出が増えてしまうのは確かです。

そこで、割引価格で読む方法をご紹介しましょう。次の2つです。

割引価格で読む方法

  1. 定期購読
  2. Amazonの読み放題サービス

定期購読

まずは、定期購読です。

アルクのサイトで直接申し込むと、毎月『English Journal』が送られてきます。

定期購読だと、1年で1冊分(1,540円)お得になるんですよ!

サト

買い忘れが防げるのもいいですよね。

定期購読ページ

Amazonの読み放題サービス

こちらは紙の雑誌という形ではなく、電子書籍であるKindleです(参考: Kindleとは?)。

また、Amazonの読み放題サービス(Kindle Unlimited)に加入する手もあります。

個人的には、こちらのほうがオススメです。というか、わたしも『English Journal』はKindle Unlimitedで読んでますし。

月々980円で『English Journal』を読める

Kindle Unlimitedの月会費、980円(税込)で『English Journal』を楽しむことができます。

Kindle版(電子版)の定価も1,200円以上なので、これだけでもお得ですよね。

サト

さらに、『English Journal』を含む200万点もの本や雑誌が読み放題になります!

ただし「最新号」はすぐに読めない

注意しないといけないのは、『English Journal』の最新号は、読み放題ではない点。

たとえば、1月号が発売になっても、しばらくは読み放題では読めないんですよ。

読み放題になるのは、次の2月号が出てからになります。1か月遅れで読み放題対象になるということですね。

わたしは、1か月でそこまで古くなるわけでもないし、まあいいかと思っております。

ちなみに、Kindle Unlimitedは無料で30日間試せますので、『English Journal』が気になるならぜひ!

30日間も無料で試せる

Kindle Unlimited 30日間無料体験

無料期間が終わっても月額980円
解約も簡単にできます

この記事では、英語学習のための月刊誌である『English Journal』をご紹介しました。

どうせなら楽しく英語の学習を続けたい、というニーズにぴったりです。

ぜひ一度、手にとってみてくださいね! 繰り返しになりますが、Kindle Unlimitedがだんぜんお得ですよ!

30日間も無料で試せる

Kindle Unlimited 30日間無料体験

無料期間が終わっても月額980円
解約も簡単にできます

最後にもし、この記事が役に立ったら、Twitterで教えてもらえるとうれしいです!

 Twitterで教える

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強の書籍のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者:
受験英語が大好きで、独学でTOEIC 955点をマーク。現在はインドネシアに移住し、言語の専門家である日本語教師として生計を立てている。英語よりも「英語の勉強」に興味が強く、最近ではオンライン英会話や電子書籍を試すことにハマっている。>>サトについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?