Kindle UnlimitedでTOEIC対策! オススメの本は?

サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

わたしはAmazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」が2016年に始まってから、ずーーーっと使い倒しています

英語の勉強オタクのわたしは、Kindle Unlimitedでも英語本をあさっているのですが、「TOEIC」関連の本だけでも1,000点以上出てくるんです。

そこで今回は、「Kindle Unlimited」で読めるオススメのTOEIC対策本を厳選して3点ご紹介します。

\ 30日間も無料で試せる /

Kindle Unlimited 30日間無料体験

無料期間が終わっても月額980円
解約も簡単にできます

「Kindle Unlimited」でオススメのTOEIC対策本

では、わたしがオススメする「Kindle Unlimited」のオススメTOEIC対策本を紹介しますね。

キクタン TOEIC TEST SCORE 990

最初のオススメ本は、『キクタンTOEIC TEST SCORE 990』です。

簡単にこの本のオススメポイントをまとめるとこちらです。

オススメポイント

  • 英単語を耳から覚えられる
    スキマ時間を有効活用できる

「キクタン」で英単語を耳から覚える→スキマ時間を有効活用

「キクタン」は、英単語を耳で覚えてしまおう、という単語帳です。

ノリノリの音楽に合わせて「英単語日本語訳英単語」の音声を収録したファイルをダウンロードできます!

TOEIC用のキクタンを聞きまくったわたしは、スキマ時間を活用しながら、見事TOEICのスコアアップに成功しました。

耳だけでも勉強できるので、スキマ時間をすべてキクタンにつぎこんでました。

サト

その昔、お金を出して買ってしまったので、読み放題対象になったのは、じゃっかん悔しいのですが……。

これが「Kindle Unlimited」の対象だなんて幸せすぎますよ。

キクタンは「Prime Reading」でも読める

ちなみに、わたしのオススメの『キクタンTOEIC TEST SCORE 990』は、「Prime Reading」でも読むことができます。

「Prime Reading」は、Amazonの「Amazonプライム」会員の特典のひとつです。どちらもAmazonのサービスで、違いをまとめるとこんな感じになります。

Kindle Unlimited と Prime Reading の違い
  Kindle Unlimited Prime Reading
月額 980円 400円
対象の冊数(和書) 12万冊以上 1,000冊以上

簡単に言うと、Kindle Unlimitedのほうが高いぶん、対象の本がいっぱいです。

どちらも初めの30日は無料で試せますし、何ならその30日でやめてしまえば全くお金はかかりません。

サト

Amazonさん、良心的すぎ!

月額400円でほかにもいろんな特典があるので、「やめないだろう」という自信があってのことかもしれません。

「Kindle Unlimited」の前に、「Amazonプライム」を試すと幸せになれるかもしれませんね!

\ 30日間も無料で試せる /

Prime Reading 30日間無料体験

無料期間が終わっても年間たったの3,900円
解約も簡単にできます

新TOEIC(R) テスト 900点突破 20日間特訓プログラム

次にご紹介するのは、TOEIC対策本に見える『新TOEIC(R) テスト 900点突破 20日間特訓プログラム』という本です。

簡単にこの本のオススメポイントをまとめるとこちらです。

オススメポイント

  • ひたすら音読をする
    本当の英語力が鍛えられる

いや、実際にTOEIC対策なのですが、やたら「音読」をすすめてくるんですよ。

サト

はじめは「音読なんてめんどくさい」と思っていたのですが……。

続けていくうちに楽しくなりましたし、何より、本当の意味で英語力が上がりました

ひたすら音読→「話す力」もアップ

どういうことかと言うと、この本に書いてあるとおりに音読をガッツリやったら、TOEICで点を取る力だけではなく、話す力も上がったのです。

TOEICの模試のスコアが上がったのはもちろん、わたしの大好きなオンライン英会話で話すときも、英語がスムーズにが出てくるようになったんです!

TOEICって、筆記試験では会話力が測れないので、高得点を取っても会話ができることにはなりませんよね。

サト

その点、この本を使えば、TOEICの対策をしつつ、英語を運用する力も上がります!

現行の試験形式に対応していない

ひとつ難点を挙げるとすれば、この本は、現行の試験形式に対応していないということ。

この本が出たのが2010年なのですが、2016年にTOEICの形式が一部変わったんですよね……。

ですが、わたしは現行の試験形式でのTOEIC模試で点数がアップしました。

その模試で結果が出たので、試験形式についてはそこまで気にする必要なし……というのが実感です。

TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

先ほど「TOEIC模試」のスコアが上がった……と書きました。

実はですが、
その「TOEIC模試試験」すらもKindle Unlimited 対象商品なんです!

簡単にこの本のオススメポイントをまとめるとこちらです。

オススメポイント

  • 3回も模試が受けられる
    しっかり試験準備ができる
  • 信頼できる方法でスコアが出せる
    自分の実力がちゃんとわかる
サト

しかも、模試が3回分。おトクすぎて、よだれが出そうになります。

TOEICのスコア計算はなかなか難しいのですが、この本だと、正答数からスコアを出すこともできますし。

その計算式もちゃんと、東京外国語大学の大学院の先生が監修しているので、ちゃんとしたやつです!

わたしも事情があって正式なTOEICはなかなか受けられないので、この模試には本当にお世話になっております。

Kindle Unlimitedは本当にオススメ

Kindle Unlimited は月々たった980円で12万冊以上の本が読み放題になるサービスです。

Kindle Unlimitedはすごいサービス
Kindle Unlimitedはすごいサービス

基本的には少し前のベストセラーから読めるようになっている印象ですが、冊数はどんどん増えているようですね。

正直なところ、本の値段って1,000円以上のものがほとんどなので、
月に1冊読むだけで元は取れ、2冊読めばお得というすごいサービスですね。

\ 30日間も無料で試せる /

Kindle Unlimited 30日間無料体験

無料期間が終わっても月額980円
解約も簡単にできます

この記事では「Kindle Unlimited」で読めるオススメのTOEIC対策本を3点ご紹介しました。

書き終わってから気づいたのですが、結果的に「アルク」という出版社の本ばかりに……。

我ながら、かたよっております。

「アルク」の本は、デザインといい中身といい、昔からめっちゃ好きなんですよね。

電子書籍化にも熱心で、海外在住者にも優しいし。もちろん、アルクさん以外の本も数え切れないほど読み放題対象になっていますので、ぜひ一度お試しください!

\ 30日間も無料で試せる /

Kindle Unlimited 30日間無料体験

無料期間が終わっても月額980円
解約も簡単にできます

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: サト
学生時代にインドネシア語を専攻、留学も経験。また、受験英語好きが高じ、かつてはTOEICで955点をマーク。しかし、近年は日本語教師としてインドネシアにおり、英語を話そうとするとインドネシア語が出てくる始末。そんな自分のことは棚に上げて、地の利を活かし、主にインドネシアで使われている英語を題材として取り上げていきます。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?