名詞の形容詞的用法とは? 形容詞との違いやルールを紹介

サッシ

こんにちは、サッシ です。

英語でも日本語でも「名詞は他の言葉を修飾できない」という原則があります。

でも、この原則ですが、英語だと破られていることがよくあるんですよ!

例えば「rabbit hatch(ウサギ小屋)」という言葉。

「rabbit hatch」の成り立ち

  • rabbit(名詞)
  • hatch(名詞)

両方とも名詞になっています! 今回は、名詞で名詞を修飾できる「名詞の形容詞的用法」について紹介します。

名詞の「形容詞的用法」とは?

では名詞の形容詞的用法について紹介していきましょう!

名詞が「形容詞」の役割になる?

まず、名詞の「形容詞的用法」とは何かをかんたんに紹介しますね。

本来は、名詞は「もの・ことの名前を表す言葉」なので、「他の言葉を修飾する」ことができません

例えば「cat」と「dog」という2つの名詞を並べてみます。

cat dog

サッシ

これは、ただ単に「ネコ イヌ」と並んでいるだけですよね。

「cat」が「food」を修飾する例

でも、「cat」と「food」を並べてみると……?

cat food

なんと「cat(名詞)」が「food(名詞)」を修飾して、「cat food(キャットフード)」となるんです!

この場合の「cat」は、形容詞(=名詞を修飾)の役割を果たしていることになります。

「形容詞」と「形容詞的用法の名詞」の比較

同じ形の言葉で、例えば「healthy food(健康的なごはん)」と比べてみましょう。

「healthy food」は、形容詞の「healthy」が名詞「food」を修飾する形になっています。

この「healthy food」と「cat food」を並べてみます。

  • healthy food
    健康的な→ ごはん
  • cat food
    ネコ用の→ ごはん
サッシ

ね? 形がまったく一緒でしょ!?

だから、この場合の「cat」という名詞は「形容詞の役割を果たしている」と言えるんです。

これが名詞の「形容詞的用法」というものになります。

対象は「名詞+前置詞+名詞」の形を取るもの

「cat food」の場合、堅苦しく(?)言えば「food for cats」と表されます。

品詞で言えば「名詞前置詞名詞」ですね。

この「名詞+前置詞+名詞」が省略されるような言い回しが、名詞の「形容詞的用法」だと考えられるんですよ。

ほかの例を見てみるとこのような感じです。

「名詞+前置詞+名詞」の例

  • school cafeteria(学食)→ cafeteria in the school
  • sea water(海水)→ water from the sea

名詞の「形容詞的用法」のいろいろ

ちょっと応用編として、名詞の「形容詞的用法」のべつの種類を見てみましょう。

1「動名詞+名詞」の場合

動名詞(動詞を名詞化したもの)」という表現を使った名詞の「形容詞的用法」もあります。

例えば、「write(書く)」という動詞を「writing」という形にすると、「書くこと」という名詞にすることができます。

動名詞とは?
write(動詞)
  ↓
writing(名詞)

動詞に「ing」が付くと名詞になる。

「writing skills(ライティングスキル)」 という言葉の場合は、「writing」という動名詞が「skill(s)」という名詞を修飾しています。

2合体して1つの名詞になる場合

そして2つの名詞が「もはや一つの単語」になっている場合も多いんですよ。

玄関の呼び鈴を表す「door bell」は、辞書を引いても「doorbell」という立派な一つの単語として出てきます。

ほかの例はコチラです。

合体して1つの名詞になる例

  • bedroom(ベッドルーム)
  • gatekeeper(門番)
  • pencase(筆箱)
  • seatbelt(シートベルト)
  • teapot(ティーポット)

形容詞との違いは?

続いては、名詞の「形容詞的用法」と形容詞の違いについてです。

例えば「cat(ネコ)」や「apple(リンゴ)」は確実に名詞しか無いですよね?

だから、それらが他の単語を修飾する場合は、絶対に「名詞の形容詞的用法」しかあり得ないわけです。

「名詞」と「形容詞」のある単語

でも、例えば「wood」は微妙な立ち位置になります。

なぜなら、「wood」は「木」という名詞と「木の」という形容詞の2種類があるというのが一般的な定義なんです!

「木」という単語には「名詞」「形容詞」の両方がある
「木」という単語には「名詞」「形容詞」の両方がある

例えば「wood chair(木のイス)」の場合、「木の」という形容詞「wood」が「chair」という名詞を修飾しているととらえられます。

ほかにも、このような名詞に形容詞もあります。

名詞・形容詞のある単語

  • paper(紙)
  • stone(石)
  • white(白)
  • red(赤)

「素材」や「色」などを表す言葉はそもそも「名詞と形容詞がある」と考えられるのが一般的です。

さらにややこしい単語も

そうかと思えば、例えば「music」のようにややこしい単語も存在します。

「music」と「musical」
単語 意味
music 音楽(名詞)
音楽の(形容詞)
musical ミュージカル(名詞)
音楽の(形容詞)

「music」には「名詞」と「形容詞」がありつつ、別の単語で「musical」という形容詞もあるんです。

さらに、「musical」には「ミュージカル」という名詞の意味も発生し、カオスな状態に(笑)。

そして、「music」も「musical」も「音楽の」という意味があるんです!

サッシ

もうイヤ……。

実際の使い分けは、「慣習」によりますね。

例えば「音楽映像」ならば、圧倒的に「music video」のように「music(名詞)」を形容詞的用法として使います。

「musical video」でも間違いでは無いのですが、歌って踊る「ミュージカル」を浮かべる人が多いですね。

名詞の「形容詞的用法」と形容詞の使い分けは、曖昧なケースが多いです。

名詞の「形容詞的用法」を使うときの順番

名詞の「形容詞的用法」を使うときの順番はどうなっているのでしょうか?

これは「修飾する方が先、される方が後」と覚えてもらえればOKです!

例えば「ウサギ小屋」と言いたいなら、こちらのようになります。

ウサギの(修飾する方) → 小屋(修飾される方)

つまり、「ウサギ(rabbit)」が先で、「小屋(hatch)」が後になります。

rabbit hatch(ウサギの小屋 = ウサギ小屋)

この順番は、例外なしですよ。

サッシ

日本語と同じなのでわかりやすいと思います!

単数形・複数形のどっちを使う?

最後に、「単数形・複数形」のお話です。

名詞の「形容詞的用法」のときは、名詞は単数形・複数形のどちらを使うべきでしょうか

例えば「お花屋さん」ならこちらのどちらが正しいと思いますか?

「お花屋さん」はどっち?

  • flower shop
  • flowers shop

はい。答えはもちろん「flower shop」ですよね。

そうなんです。つまり、名詞の「形容詞的用法」のときは基本的に「単数形」を使いましょう

サッシ

明らかに「フラワーズショップ」は気持ち悪いですよね(笑)

「food court(フードコート)」や「Apple juice(りんごジュース)」など、馴染みのある言葉を見回してみると、みんな「単数形」になっているはずですよ。

ただし、「複数形」でほぼ用いる「スポーツ(sports)」を使った「Sports news(スポーツニュース)」なんかは、かなり例外になります。

さて、今回は「名詞」の「形容詞的用法」というマニアックな言葉について紹介しました。

多くの方はこんな法則があることを知らずに使いこなしていると思います。

最後にもう一度まとめます。

  • 名詞で名詞を修飾するのが「名詞の形容詞的用法」
  • 修飾する方が先、される方が後
  • 名詞は基本的に「単数形」を使う

こちらは関連記事です。

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: サッシ
ライター / ブロガー / カメラマンをしながら、学習塾と託児所も運営しています。小学生の時に帰国子女の友人のお母さんに3年くらい英語を習ったおかげで、その後も英語の読み書きは全く苦労しなくなりました。塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験を活かして、「ことば」そのものや「文法」を中心としたテーマを楽しく記事にしています。「毎日が生まれたて」というブログも運営しています。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?