[評判]ベストティーチャーは本当に「Best Teacher(最高の先生)」だった!

サト

こんにちは、インドネシア在住日本語教師のサトです。

かつてはTOEICで955点をマークしたのですが、最近英語力の低下がかなりやばいことになっております。どれぐらいやばいかと言うと……。

海外旅行中、ホテルのスタッフに英語で話しかけたら、「お客様、英語でお願いします」と返されたぐらい。

今回はオンライン英会話でもすごく特徴のあるベストティーチャーのレッスンを受けてみました。

ベストティーチャーとは?

そもそも、Best Teacher(ベストティーチャー)って、何なのでしょうか。

「Best Teacher」のページ
「Best Teacher」のページ

簡単に言うと、話題のオンライン英会話ですね。

ベストティーチャーの変わったレッスン

ベストティーチャーのキャッチコピーは「日本最大級の4技能対策オンラインスクールのベストティーチャー」……だそうです。

サト

4技能 = 「聞く」「話す」「読む」「書く」を全部鍛えられる、ということですね。

レッスンの特徴は、下記の通りです。

まずはライティングレッスンから?!

ベストティーチャーの大きな特徴は、自分が話したいことをまず最初に書くこと。

Writing(ライティング)レッスン」ですか! これは珍しい。

教材に沿って受け身的にやるレッスンではなく、まずは会話文を作成するんだそうです。

話す前にまずは書くレッスン!
話す前にまずは書くレッスン!

もちろん、その文章を先生が添削してくれます。脳みそに汗をかくぶん、身につきそうですね。

そして、そのレッスンで作成した英文をもとに会話する「Skype(スカイプ)レッスン」の2種類のレッスンが用意されています。

サト

「話す前に書く」。某胃薬のCMを思い出してしまいました。「食べる前に、飲む」(笑)。

自分が英語を使うシーンを選択できる!

1,000以上のシーンを想定した「ビジネス英会話」「日常会話レッスン」が用意されています。

自分が英語を使うであろうシーンを自分で選択し、想定してレッスンできるわけです。

サト

ただ「話したいことを書け! 」 と言われても、なかなか難しいと思います。が、シーンを選択できるのでその点も心配ご無用、といったところでしょうか。

先生はネイティブスピーカーも

先生についてはどうかと言うと、現在のところ50カ国以上の講師(480名程度)が在籍しているそうです。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ジャマイカ、ブルガリア、オランダ、サウスコリア、ベルギー、インド、ルーマニア、フィンランド、クロアチア、セルビア、サウスアフリカ、ギリシャなどで、日本語が大丈夫な講師もいるそうです。

ネイティブスピーカーも在籍しているということですね。様々な国籍の先生をバランスよく採用している理由は、下記の通りだそうです。

CD教材にあるような綺麗な英語を話してくれる人はいないことと、ビジネスの場で英語を話すのはアメリカやイギリスの人だけではなくアジアやヨーロッパ等の人もいるからです。

サト

本音では人件費を抑えたいというのもあるのでしょうが、確かにいろいろな英語に慣れておいて損はないはずです。

ベストティーチャーの特徴

ベストティーチャーの特徴を箇条書きにまとめました。

  • 会員登録は「facebook」でも可能で、楽々
  • 4技能=「聞く」「話す」「読む」「書く」を全部鍛えられる
  • Writingレッスン→Skypeレッスンという流れで、英語が身についていると実感できる
  • ビジネス英会話・日常会話レッスンのシーンが1,000以上あるので、自然に書きたいことが出てくる
  • 先生はネイティブスピーカー、ノンネイティブスピーカー共に在籍
  • 月額9,800円で、レッスン受け放題
  • スマホだけでできる(オリジナルアプリもある)
  • 自分だけの音声付きテキストがPDFファイルとMP3ファイルで蓄積される
  • Writingレッスンは予約不要
  • キャンセル料なし(Skypeレッスン開始時刻30分前までキャンセル可)

「ベストティーチャー」へ会員登録

そんなわけで、「話す前に書く」英語レッスンを試してみました。

まずは会員登録です。

ベストティーチャーのサイトへ

まずは会員登録のため、公式サイトにアクセス。

公式サイトはこちら

「ベストティーチャー」のページ
「ベストティーチャー」のページ

個人情報入力

ひとまずは氏名にメールアドレス、パスワードだけでOK。

facebookアカウントを利用しての登録も可能です。

Facebookアカウントでの登録が簡単ですね
Facebookアカウントでの登録が簡単ですね

これは楽ですね。あとは、「利用規約」を確認して「Best Teacherの利用規約に同意します」にチェックを入れ、会員登録を押すだけ。

規約を確認し、チェックを入れる
規約を確認し、チェックを入れる

メールに届くURLをクリック

これで、登録したメールアドレスに、認証用のURLが届来ます。

メールをチェックし、確認URLをタップしてください。すると、無料会員登録が完了します。あっけない。

Writing(ライティング)レッスン

ではベストティーチャーの、ほかのオンライン英会話にはない特徴である「ライティング(Writing)レッスン」からです。

話す前にまずは書くレッスン!
話す前にまずは書くレッスン!

そのおもしろい手順を紹介します。

レッスンの「コース」選択

まずはどのコースで無料体験をするかを選びます

通常コース、英検2 級対策やTOEIC SW対策コースなど、こんなコースがあります。

  • 通常コース
  • TOEFL iBT対策コース
  • IELTS対策コース
  • TOEIC SW対策コース
  • 英検1級/準1級/2級対策コース
  • TEAP対策コース
  • GTEC CBT対策コース

一番お手頃で人気なのが「通常コース(9,800円/月)」です。

通常コース: 9,800円/月
通常コース: 9,800円/月

これがたとえば英検2級対策コースになると15,120円/月になります。

英検2級対策コース: 15,120円/月
英検2級対策コース: 15,120円/月

専門的なコースになるので料金も上がるんですね。

TOEIC SW対策コースだと……

TOEIC SW対策コース: 16,200円/月
TOEIC SW対策コース: 16,200円/月

16,200円/月です。

「このコースに入会」のボタンが目立つので思わずタップしそうになりましたが、無料体験の場合は当然このコースで無料体験するを選びましょう。

私は「通常コース」を選択しました。有料だと1か月9,800円で、レッスン回数は無制限だそうです!

サト

む……無制限!?

詳しくはこちら

レッスン(会話のシーン)選択

では、レッスンで使う「会話のシーン」を選択します。

なにせ1000シーン以上もあるようなので、たいていの希望には応えてくれそうですね。

1新しいWritingレッスンを選択する

「通常コース」を選択したので、新しいWritingレッスンを選択するというボタンが出てきました。

「新しいWritingレッスンを選択する」をタップ
新しいWritingレッスンを選択するをタップ

ここをタップ。

2日常英会話かビジネス英会話

日常英会話かビジネス英会話のどちらかを選択しましょう」とのこと。

「日常英会話」か「ビジネス英会話」を選択
「日常英会話」か「ビジネス英会話」を選択

これは自分の希望するレッスンのシーンを探しやすくするためのフィルターですね。

日常のシーン: 433件+ビジネスのシーン: 622件で合計1055件だそうです(増えるのかな?)。

全部で1000以上もあるので、ひとまず「おすすめレッスン」を見てみると……。

「家族構成」や……

家族構成について話してみよう
家族構成について話してみよう

「趣味」。

趣味について話してみよう
趣味について話してみよう

「会社の説明」「自由トピック」などなど、さまざまなレッスンがあります。

自由トピックで会話してみよう
自由トピックで会話してみよう

さらに、「日常会話」「ビジネス会話」それぞれの下にさらにカテゴリーがあります。

それぞれのトピックの下にさらにカテゴリーがある
それぞれのトピックの下にさらにカテゴリーがある

例えば、「日常会話」の下には「ホームステイ」「空港」「ホテル」などのカテゴリーが。

体系的にまとめられているので探しやすいですね!

3キーワード検索もできます

また、キーワード検索も可能! レッスンの検索はかなり充実していると言えます。

キーワードでレッスンを検索
キーワードでレッスンを検索
サト

迷った挙句、私は「食材をどこで買うか説明してみよう」というのを選びました。

食材をどこで買うか説明してみよう
食材をどこで買うか説明してみよう

作文→添削(最大5回)

早速、Writingの開始です。

どんな内容かというと、あらかじめ先生からの質問があって、それに対しての返事を埋めるという形式です。

質問への返事としての会話
質問への返事としての会話

完全に「無」から文章をつくるのではなく、会話の返事としての文章を考えるのがいいですね。

生きたコミュニケーションに近いです。

1簡単に「辞書」で調べられる!

入力する欄のすぐ下に辞書のボタンがあり、ここをクリックすると、吹き出しが現れ、その中にWeblioの辞書(英和・和英)が出てきます!

サト

編集中の画面はそのままで、辞書を引きながら英文が書けるということですね。これはすごい。

すごいので「すごい」を辞書で調べてみました。

辞書で「すごい」を検索
辞書で「すごい」を検索

おお! 便利。

2作成文章は100語以内で

そんなこんなで、100語まで入力可能とのことなので、ちょっとがんばって99語使ってみました

自作文章は100語まで
自作文章は100語まで

書き終えると、入力内容の確認を経て、送信。

確認して送信しましょう
確認してこの内容で返信をタップ
サト

先生からの返事(添削結果)を待つことになります。添削をするのは主にネイティブスピーカーの先生だそうです。

3先生との添削→修正のやりとりは5回まで

そして、作文→添削、作文→添削……というやりとりが最大5回まで可能

せっかくなので、がっつりと、5回書かせていただきました。最大限に活かした方が学べることが多いですから。

先生からの添削はこんな感じです。

自分が入力した文章
自分が入力した文章

自分が入力した文章の下に……

間違い部分には下線がある
間違い部分には下線がある

間違いを指摘した内容の文章(添削)があります。

サト

ちなみに、速いときは5分程度で返事が!

今回やったやりとりで返信までの時間を平均すると58分でした。なかなかのレスポンスです。

オフィシャルには、「30分から6時間程度で返信が」あることになっています。

自分で書いた英文が高品質の教材に!

さて、入力文字数の限界に挑戦し、それを限界の5回まで添削してもらいました。

そのあとは先生から総評が届きます。

1先生から総評が届く

こちらが先生からの総評です。

添削講師からのコメントが
添削講師からのコメントが

ほめられて、落とされました(笑)! 弱点を指摘してくれるのはありがたいことです。

2先生の読み上げる「MP3の音声教材」が!!

そして、これは本当に感動しました。

何と、添削後の英文をネイティブスピーカーの先生が読んでくれて、音声教材になって届いたのです!

しかも、MP3形式でダウンロードが可能

サト

この音声ファイルですが、市販の教材のようなクオリティです。雑音がないのはもちろん、ものすごくいい声です(笑)

3添削結果が「PDFのオリジナルテキスト」に!!

ついでに、添削結果のテキストも、PDF形式でダウンロードできます。

自分の作った文章がオリジナルPDFテキストに
自分の作った文章がオリジナルPDFテキストに

何だか、音声ファイルにしろ、添削結果のテキストにしろ、愛着を感じています。

もともとは自分が書いたもの=世界に一つしかない自分のためだけの教材なので、当然かもしれません。

Writingレッスンの復習

さて、流れとしてはこのあと、自分の作った「オリジナルテキスト」を使って、Skypeレッスンにつづいていきますが……!?

でも、いきなりSkypeレッスンに入るのではなく、その前に復習することになっています。

音声と文字データで何度も復習
音声と文字データで何度も復習!

ベストティーチャーではその「復習システム」が高いレベルで再現できるんです!

PDFテキストで「読む」練習

送ってくれたPDFテキスト(自分だけのオリジナル教材)を使って「読む」練習をしましょう。

自分の作った文章がオリジナルPDFテキストに
自分の作った文章がオリジナルPDFテキストで復習

他人の作った文章ではなく、実際にこのシチュエーションになったときに「自分ならこう答える」というリアルな教材なので定着度も違いますね。

ただの暗記とは違うわけです。

MP3テキストで「聞く」練習

そして、MP3教材(先生が読み上げてくれる私の作った文章)が音声教材です。

まさに生きたコミュニケーションですね。

これをスラスラ言えるようになると、海外に行ったときの実際の場面でスムーズに使えるというわけ!

復習完了

復習が終われば復習完了ボタンを押します。

復習が終われば「復習完了」を押す
復習が終われば復習完了ボタンを

ここまでで、「書く」「読む」「聞く」と、4技能のうち3技能を使っているわけですね。

  1. 書く …… Writingレッスンで質問への返答を書く
  2. 読む …… 作成されたPDFテキストを読んで復習
  3. 聞く …… 作成されたMP3テキストを聞いて復習
  4. 話す …… Skypeレッスンで先生と話す

そして、Skypeレッスンの「話す」に続くと !

Skypeレッスン予約

復習が終わったら、Skypeレッスンが予約できます!

復習が終わったら、Skypeレッスンが予約できます
復習が終わったら、Skypeレッスン予約をタップ

まあ、復習したかどうかは自己申告なので、実際は復習しなくても予約はできます

Skype名入力と確認

ではSkype名を入力して、先生にコンタクトを申請します。

1Skype名を入力

「Skypeレッスン予約」をタップすると、「アカウント情報」の画面に。

下の方に「Skype名」を入力後、変更を保存をタップします。

Skype名を入力
Skype名を入力

まだSkypeを始めてない方はこちらからインストールしてアカウントを取ってくださいね!

iPhone版

Android版

2Skype名が間違ってないかのチェック

Skype名が間違っていないか、自分にSkypeをかけてチェックをします。

間違いなければ「自分への通話はできません」と出る
間違いなければ「自分への通話はできません」と出る

変な感じですが、下のように「通話失敗」になれば成功です!

「通話失敗」になれば成功
「通話失敗」になれば成功

Skypeコンタクト申請

そして、ベストティーチャー事務局にSkypeコンタクトを申請します。

これはレアジョブ英会話DMM英会話と違う点ですね。Skypeコンタクト申請は自分(受講生)からしなければなりません。

1「コンタクト申請」をタップ

まずはコンタクト申請をタップしましょう。

「コンタクト申請」をタップ
コンタクト申請をタップ

2アプリ「Skype」を開く

そして、Skypeのアプリを開いてください。

3Skypeで「areyoubt.apply」を検索

Skypeの連絡先検索で「areyoubt.apply」を検索します。

Skypeで「areyoubt.apply」を検索
Skypeで「areyoubt.apply」を検索

すると「Best Teacher Support」というアカウントが出てくるので選択してください。

「Best Teacher Support」を選択
「Best Teacher Support」を選択

4連絡先追加のリクエストを送信

「Best Teacher Support」に連絡先追加のリクエストを送信しましょう。

連絡先追加のリクエストを送信
連絡先追加のリクエストを送信をタップ

一応、申請の文章も入力しました。

なくてもいいと思うけど文章も
なくてもいいと思うけど文章も

5チェックボックスにチェックを

「スカイプ名のチェック」と「Skypeコンタクト申請」の2つが終わったところで、それぞれチェックボックスにチェックを入れ、講師選択画面に進むをタップします。

チェックボックス2つにチェックを入れ「講師選択画面に進む」
チェックボックス2つにチェックを入れ講師選択画面に進む

先生を選択(PCがオススメ)

では講師選択なのですが、スマホだと探しにくい!

ベストティーチャーの講師選択画面
ベストティーチャーの講師選択画面

条件が「時間帯」しか見当たらない……。

しかも、1画面に2名分の情報しかないので、探しにくいことこの上なし。

サト

仕方ないので、
PCで探すことにしました。

1[PCの画面]右上の「Speaking」をクリック

画面右上の「Speaking」をクリックしてください。

右上の「Speaking」からレッスンを予約
右上の「Speaking」からレッスンを予約

2レッスンを選択

「Skypeレッスン未完了の一覧」からレッスンを選択。

「Skypeレッスン未完了の一覧」からレッスンを選択
「Skypeレッスン未完了の一覧」からレッスンを選択

私の場合は「食材をどこで買うか説明してみよう」だけですね。

Writingレッスンは3つまで同時進行が可能です。

3「Skypeレッスン予約」を押す

右の方にあるSkypeレッスン予約を押します。

「Skypeレッスン予約」を押す
span class="icon_tab">Skypeレッスン予約を押す

4先生を選ぶ

条件が「時間帯」しかないのは同じでしたが、スマホと比べるとだいぶ探しやすいですね。

先生の選択はPC版がやりやすい
先生の選択はPC版がやりやすい

先生を選び、その先生のところにある予約するを押すと予約画面になります。

5ネイティブスピーカーも同じ値段!!

ネイティブスピーカーの先生も普通にいました。

当日の予約は難しかったものの、翌日ならOK。というわけで、お願いすることにしました。

ネイティブスピーカーの方も同じ料金で!
ネイティブスピーカーの先生も同じ料金で!

DMM英会話だと、ネイティブスピーカーとのレッスンは高くつきますがベストティーチャーでは料金に影響はありません

ちなみに、先生お一人お一人の自己紹介文(英語)や、スタッフからの推薦文(日本語)があります。

ここはDMM英会話と同じく、力を入れているようです。

予約前の確認項目

予約の最終段階で、下記項目を指定します。

  • 話すスピード
  • 希望するレッスン内容(スクリプト中心にするかどうか)
  • 要望(間違いの訂正をどうするかなど)
先生に指定できる項目
先生に指定できる項目
サト

せっかくなので、ビシビシ間違いを指摘してもらおう。

ということで予約を押しました。

Skypeレッスン!

いよいよ25分間のSkypeレッスンです!

Skypeで話す力、コミュニケーション力を鍛える
Skypeで話す力、コミュニケーション力を鍛える

いわば、今まで学んだことを実践として試せる場です。

先生に「この言い方で大丈夫」とお墨付きをもらっている「自分の表現したいこと」を使えるので、ロールプレイのようなものですね。

先生からのSkype着信
先生からのSkype着信

先生からのSkype着信に応えます。

Skypeレッスンの流れはこんな感じでした。

  1. 自己紹介
  2. 添削結果リピート
  3. 添削結果についてQA
  4. レベルチェックのための質問3つ

自己紹介

まずは自己紹介です。

サト

インドネシアに住んでいます!!

と言ったら、ものすごく興味を持ってくれたようで、いろいろ聞いてきました。

世間話で緊張感はゼロに近くなりました。もともとあまり緊張していなかったのですが(笑)。

添削結果リピート

次に、添削結果のテキストを、先生が読んだ後で私がリピート。

「いいですね、じゃ、次」ぐらいで、特にコメントはありませんでした。私もここに関してはコメントしようがありません(笑)。

予約の最終段階で、「発音の誤りを積極的に指摘して欲しい」にチェックを入れていたのに!

サト

英語で話しても「英語でお願いします」って言われるレベルなのに!!

まあ、テキストもあるし、少々聞きづらくても分かるので流してくれたのかもしれません。

添削結果についてQA

そして、添削結果について質問はないか、と聞いてくれました。実は2か所ほど、誤解されていると感じたところがあったので、そこについて質問。

すると、「ああ、そういうことだったら、初めの文が正しいですよ」とのことでした。

私も日本語教師なのでわかりますが、作文の添削はどういう意図で書いたか本人に確認しないと訂正しようがないこともあります。

ベストティーチャーでは、先生に直接質問ができるので、この点は完全にクリアできていると感じました。

レベルチェックのための質問3つ

最後に先生から、レベルチェックの質問が3つありました。

インドネシアを絡めた質問と、ごく一般的な質問があり、途中ところどころで詰まりながらも何とか答えられました。

レベルチェックレポート

Skypeレッスンが終わると、ほどなく「レベルチェックレポート」が届きました。

先生からのレベルチェックレポート
先生からのレベルチェックレポート

評価項目は

  1. リスニング
  2. 発音
  3. 語彙力
  4. 文法
  5. 表現力

の5つ。

それぞれ5段階でしたが、気になる発音は最高評価の「5」。また、何回も聞き返したのにもかかわらず、リスニングも「5」でした。

評価は甘め
評価は甘め?

うーん。高い評価をいただけるのはうれしいのですが、だいぶ甘めだと思います(笑)。

ベストティーチャーの感想

という感じで終わったベストティーチャーの無料体験。総括をしてみたいと思います。

ベストティーチャーの改善してほしい点

まずは、ここはがんばってほしいなあ、と思ったところを3点。テストティーチャー流に(?)落としてから上げてみます。

1[Writingレッスン]先生からの返事文章が短い

Writingでは、1回につき100語までの英文が書けます。

なので、張り切っていろいろ書いたのですが、返事はシンプルそのもの。私の作文は平均82語だったのですが、返事は平均35文字でした。

間違い部分には下線がある
間違い部分には下線がある

正直、もうちょっと長い返事が欲しいなあ、と思います。

「自分が話したいこと」からスタートするのが売りで、キャッチコピーが「4技能対策のオンラインスクール」なので、なおさら。

自分が話したいことを書いて、それに対する長い返事があれば、がんばって「読む」と思うのです。それもいい練習になるはず

とは言え、私が無駄に長く書いているだけかもしれませんし、添削はしっかりとしてくれるので、望みすぎか?

2先生探しが非効率

また、先生を探すのにものすごく時間がかかりました

検索条件は「時間帯」のみ。しかも、例えば「10時から」を選ぶと自動的に「11時まで」と指定されてしまい、希望に合う先生がいない場合は、再度時間帯を選ぶ必要がありました

ベストティーチャーの講師選択画面
ベストティーチャーの講師選択画面

また、スマホだと1画面につき先生2名分の情報しか表示されず、延々スクロールという羽目に......。

例えばDMM英会話だと、時間帯はもちろん、国籍、年齢、性別、教師歴○年以上など、さまざまな検索条件があります。

DMM英会話での講師検索画面
DMM英会話での講師検索画面

また、DMM英会話は、検索結果の見やすさも、ベストティーチャーとは雲泥の差です。先生の情報は3名分ではありますが、予約できる時間が一目瞭然。

改善の余地がありそうですね。

3アプリが残念

ベストティーチャーには、オリジナルのアプリがあります! しかし、復習専用。レッスンの予約などはできません

また、添削結果が、テキストも音声も参照できるのですが、音声は自動読み上げのようです。

せっかくいい声で録音したMP3ファイルがあるのに、それが聞けないなんて......もったいなすぎる。

こちらは改善を重ねて、いいものになると期待しています!(きっとなるはず)

ベストティーチャーの良い点

落とすだけ落としたので、今度は上げてみます! ベストティーチャーのすごいところは4点あります。

1[Writingレッスン]添削の返事が早い!

まず、Writingの添削されて返事が返ってくるのが早い!

ベストティーチャーでは、Writingが全ての始まりです。

その添削が遅いと、書いた者としてはテンションが下がってしまいそうですね。でも、そこはまったく問題ありません。

サト

SNSレベルのレスポンスの良さです!!

2世界に一つだけのハイクオリティな教材が手に入る!

自分で作った文が添削されて、リスニング教材のようなクオリティの音声ファイルになったのには感動しました!

添削結果のテキストも同様。思い入れがあるので、何度も見たり聞いたりしたくなってしまいます。

これはベストティーチャーだけの最もすばらしい点です。賞賛に値します。

3自分が作成した文章なので頭に残る!

自分のことを、自分で書いた文を添削してもらった後に会話をするので、頭に残ります!

訂正してもらった箇所なんかは、特に。

サト

大学時代、一番おもしろいと思ったインドネシア語の授業がこんな感じだったことを思い出しました。

4ネイティブスピーカーのレッスンも好きなだけ受けられる!

DMM英会話だと、ネイティブスピーカーのレッスンを受ける場合、1日1回のプランでも月に15,800円かかってしまいます。

その点、ベストティーチャーなら、Skypeレッスンの講師がネイティブスピーカーでもノンネイティブスピーカーでも関係なく、月々9,800円から受けられます

しかも、回数制限なしの受け放題!

サト

まあ、Skypeレッスンの前にWritingレッスンがあるので、毎日話すというわけにはいかないと思いますが。

私が試したときは、ノンネイティブスピーカーの先生の方が多かったのは確かです。

しかし、ネイティブスピーカーの先生も相当数いましたし、予約が取りにくいなんてことはありませんでした。

以上4点から、だてに「ベストティーチャー(最高の先生)」を名乗ってないな、と思いました。

詳しくはこちら

というわけで。ベストティーチャーは、こんな方にオススメです。

  • 自分のことを英語で表現できるようになりたい!
  • 会話力だけでなく、読んだり書いたりする力も養いたい!
  • 出費を抑えつつ、ネイティブスピーカーのレッスンをバンバン受けたい!

無料体験でも、正真正銘オリジナルの教材がもらえるので、オススメですよー!

特に音声教材は感動ものです(笑)。とりあえず無料体験をしましょう! 無料体験レッスンで1回分の流れは全部体験できるので、やらないと損レベルです。

おすすめのオンライン英会話

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

サト
学生時代にインドネシア語を専攻、留学も経験。また、受験英語好きが高じ、かつてはTOEICで955点をマーク。しかし、近年は日本語教師としてインドネシアにおり、英語を話そうとするとインドネシア語が出てくる始末。そんな自分のことは棚に上げて、地の利を活かし、主にインドネシアで使われている英語を題材として取り上げていきます。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?