褒める表現

名詞

英語圏の人たちと話していて気づくことがあります。

それは「とにかく人を褒める」ということ。

文化的なものかもしれませんが、非常に気持ちがいいものです! 今回は「褒める」ということに焦点を当ててみます。

英語圏で「褒める」ということについて

英語圏では「褒める」という行動が非常に多いです。

何か話してたら「それはいい考え!」とか「おもしろいね!」という言葉のオンパレードです。

なぜ英語圏ではこんなに褒めるのでしょうか?

褒めることが日常に組み込まれている

英語圏では、「How are you ?」のように挨拶をするのと同じ感覚で「今日の髪型ステキだね」と褒めます。

褒めることが日常生活に組み込まれていると言っても過言ではありません。

ところが、日本では「褒める」のは「お世辞」というふうにネガティブに取る人すらいる文化です。

もしかすると「褒められる」ことが当たり前になっているので、こちらが褒めないと違和感すら感じるかも知れませんね。

褒められたら「ありがとう」

日本だと、褒められたら「そんなことないです」と謙遜することが美しいとされています。

ところが、英語圏では「Thank you(ありがとう)」と感謝を述べるのが普通です。

英語で褒められたときには、褒められなれていない私達はちょっと恥ずかしいかも知れませんが、謙遜せずに「Thank you」と返すようにしましょう。


英語で褒めるときに使う表現

では実際に英語で褒めるときの表現をいろんなジャンルに分けて紹介します。

「いいね」と気軽に褒める

まずは基本ともいえる「いいね」と気軽に褒める表現です。

「Good」や「Nice」などおなじみな表現ばかりを下記の記事にまとめています。

「かわいい・きれい・カッコイイ」と外見を褒める

英語圏では服装や持ち物を褒めることも多いですが、日本と違うところもあります。

日本だと、「目が大きい」とか「鼻が高い」のように具体的な箇所を褒める表現をよく聞きますが、英語圏ではめったに耳にしません。

日本では「目が大きい」は褒め言葉だと認識されていますが、必ずしもそう受け取らない人もいるからでしょうね。

外見を褒める表現は下記記事にまとめています(第三者が褒める表現が多いです)。

「賢い・おもしろい」と人の内面を褒める

そして人の内面を褒める表現です。

内面を褒める表現

  • 頭がいい
  • エネルギッシュな
  • 魅力的な
  • 優しい
  • おもしろい

など、いろいろありますよ♪

「がんばったね!」と努力を褒める

そして、とくに先生や親にとって大切なのが「努力」を褒める表現です。

日本語だと「がんばったね!」という言葉が便利でよく使われますよね。下記では「努力を褒める」表現をまとめています。

「おいしい」と料理を褒める

そして「おいしい」と料理を褒める表現です。

英語圏の文化だと思うのですが、食べる前の「いただきます」や食べたあとの「ごちそうさま」という「決まった挨拶」はありません。

でも、食べたあとに「美味しかった」と料理を褒める文化があります。

作ってくれた人への感謝を伝えるのはコミュニケーション上でも大切なことですので、いろいろ使ってみてください。

カテゴリ「褒める表現」の人気記事TOP5

カテゴリ「褒める表現」の記事一覧