英語の間投詞にはどんなものがあるの? 7種類に分けてくわしく紹介

サッシ

こんにちは、英語の文法マニアのサッシ です。

「Ah(ああ)」や「wow(わお)」を英語の間投詞(interjection)と呼びますが、本当に豊かなバリエーションがあります。

今回は英語の間投詞を7種類に分けて詳しく紹介します!

間投詞は自然に使えるようになると、英語のネイティブ度が一気にアップしますよ♪

英語の間投詞の種類

では、さっそく英語の間投詞を7種類に分けて紹介していきます。

あいづち

まずは「あいづち」です。

会話の途中に挟む「うんうん」や「えっ?」のような表現ですね。

英語では以下のような間投詞がありますよ。

間投詞: あいづち
Absolutely間違いない
Aha / Ah-haふーん
All right !いいね!、はいはーい
Bingo! その通り!
Blah Blah はいはい(分かってるよ)
Ehえっ?何?(※ カナダでよく使われる)
Exactlyまさしくその通り
fineはいはい分かったよ(うんざり)
(it) sounds good (to me)!イイね!
Huh〜でしょ?
Kidding冗談だよ~、冗談でしょ
I mean要するにさ、つまりね
Not at allううん、全然
Not reallyそれほどでもないよ
Okey !了解!
Perfect !それ、いいね!
Really ?本当に?
~, right ?〜なんでしょ?
Serious ?マジで?
That’s it !そう、それ!
That’s rightその通り
Yeahうん、そうだね
Yep (Yes)うん、そう!
〜 yeah ?〜だよね?
Way to go !よくやった!

単語もフレーズっぽいものもありますね!

感情

お次は「感情」を表す間投詞です。

サッシ

「わっ!」や「げっ!」のような、思わず出てしまう言葉ですね。

以下のようなものがあります。

間投詞: 感情
Ahああっ
Booブーイング、「ばぁ!」
Boyおいおい、なんてこった
Come on !おいおい!いいだろ〜
Dearおやおや!なんとまあ
Ewうぇっ!
Great !素晴らしい!
Gee / Jeeえー、マジかよ〜
Mercy !まあ!
No way !そんなバカな!
Ohおぅ
Oh my... , Oh, my!, (oh my) gosh!なんと(・・・)
Phewふうーっ(危なかった、ホッとしたとき)
Shoot !ちくしょう!
So-soぼちぼちだね
Sureもちろん(of course / no problem / certainly)
Ughうげっ、あーあ(不快感)
Wowわーお!
Oops !おっと!
Ouch !痛っ!
Yuckうげぇー!
Yum yumおいしい
サッシ

さすがに短い表現が多いですね。

オノマトペ

続いては「オノマトペ(擬音語・擬態語)」です。

「わんわん!」や「ギギギギギ」のような、実際の音を表現したものですね。

例えば以下のような言葉があります。

間投詞: オノマトペ
bowwow犬の鳴き声
cock-a-doodle-dooニワトリの鳴き声
meow meowネコの鳴き声
tick-tack時計の刻む音(チクタク)
zoom, zoom, zoom車が走る音

同じ犬やネコの鳴き声でも、英語と日本語で違う音で表現するのが面白いですね〜。

くわしくはこちらの記事をご覧ください!

フィラー

オノマトペに続いては「フィラー」も見てみましょう。

フィラー(filler)とは、「えーっと」や「ほら」のような会話のつなぎに使う言葉のことです。

以下のような間投詞がありますよ。

間投詞: フィラー
Let me see, Let's seeえーと
uh/umうーむ
Wellえーとね
You knowほら、あのね
How can I say なんというか
I meanほら

挨拶

お次は「挨拶」です。

挨拶として使われる間投詞も多いですね。「hello(こんにちは)」「bye(バイバイ)」などがまさにそうなんです。

以下のような言葉がありますよ。

間投詞: 挨拶
Cheers!乾杯!
Byeバイバイ
Congratulations!おめでとう!
Excuse meすみません
Go aheadお先にどうぞ
Good morningおはようございます
Good nightおやすみ
Helloこんにちは
Heyあのー

「Good morning(おはよう)」や「Good night(おやすみ)」も間投詞ですね。

スラング

さいごは「スラング」です。

例えば以下のような言葉ですね。

間投詞: スラング
awesomeヤバい!(いい意味)
damnくそっ!
gotchaオッケー!
hi thereよう!
oh my goodnessなんてこった!
piece of cake朝飯前よ!
Shit !くそっ!

ちなみにスラングには「代替表現」がよく使われます。

例えば、「shit」と言いたい状況のときには代わりに「shoot」や「shivers」や「shiver me timbers(ちょっと古い言い方)」なんて言ったりする具合ですね。

「oh my god」の代わりには「oh my goodness」「oh my gosh」と言ったり、最大級に汚い言葉である「f**k」の代わりには「fudge」、「holy shit」の代わりには「holy mackerel (キリスト教の由来あり)」などがありますよ!

その他

ここまで紹介した以外の間投詞を「その他」に分類しておきますね。

以下のような表現がありますよ。

間投詞: その他
Achooハクション!(くしゃみの音)
Bless you !(誰かのクシャミに対すして)お大事に
Peek a booいないいないばあ!
Presto !はいっ!(手品師の掛け声)
Psst, psst犬を呼ぶときの声
Ta-dah ! ジャジャーン!
TGIF花金だぜイェーイ!
サッシ

特定のシチュエーションで使う表現が多いですね。

今回は以下の7種類に分けて間投詞(interjection)を詳しく紹介しました。

  • あいづち
  • 感情
  • オノマトペ
  • フィラー
  • 挨拶
  • スラング
  • その他

スラングはフォーマルな場では失礼に当たることも多いので、使うときは相手・状況に十分に注意してくださいね!

英語の品詞について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: サッシ
塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験のある「英語の文法オタク」。早稲田大学 教育学部卒。小学生の時から英語を学んでいた経験もあり。「毎日が生まれたて」という月間に70万回以上読まれる人気ブログも運営。>>サッシについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"