「可算名詞」と「不可算名詞」の違いは? イメージが大事という話

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

英語には、「数えられる名詞(可算名詞)」と「数えられない名詞(不可算名詞)」があるのをご存知でしょうか?

中学校で勉強していくうえで、「『数えられる名詞』はともかく、『数えられない名詞』って何??」と悩む方も多いと思います。

今回は、そのややこしい「数えられる名詞(可算名詞)」と「数えられない名詞(不可算名詞)」の違いについてまとめました。

「数えられる名詞(可算名詞)」と「数えられない名詞(不可算名詞)」って何?

まず最初にざっくり説明すると……

「数えられる名詞(可算名詞)」は、文字通り、「1つ、2つ、3つ……」と数えられる名詞のことをいいます。

そして、「数えられない名詞(不可算名詞」)は、「1つ、2つ、3つ……」と数えられない名詞のことをいいます。

タカコ

え? 何それ?? と思うかもしれませんね。

実は、日本語では、あまりこういう考え方をしないので、そう思うのも当然です。

そして、英語を勉強していくうえで、この「数えられる名詞」や「数えられない名詞」と言われると、なかなか理解できないんですね。

可算名詞(数えられる名詞)について

まずは「可算(かさん)名詞」、つまり数えられる名詞から紹介します。

可算名詞には「単数形」と「複数形」がある

英語の場合、「数えられる名詞」には……

  • 単数形
  • 複数形

……の2種類の形が存在します。

頭に「a / an」という冠詞を付けたり、名詞の語尾を複数形にすることで、「1つ」「2つ」という表記ができます。

「単数形」と「複数形」
単数形 複数形
a cup cups
a pencil pencils
a book books

ちなみに辞書の中で「用法」の部分に「C」という印がある単語があります。

名詞のみにある印なのですが、「countable = 数えられる」の頭文字で、「この単語は『 s 』をつけて複数形になりますよ」という印ですね。

ポイントは「具体的な形」を想像できるかどうか

英語の「可算名詞(数えられる名詞)」は、一般的に、
「物(物体)」として、具体的に形あるものが多いです。

たとえば、「pencil(鉛筆)」という言葉を聞いて、想像してみてください。

「pencil」の長さや色、形は違うかもしれませんが、具体的に形を想像できますよね?

「鉛筆」と聞けばいろいろあるけど、想像できる
「鉛筆」と聞けばいろいろあるけど、想像できる

そんな「可算名詞」の数を表現するときには、頭に冠詞(a / an)を付けたり、その名詞の後ろに「 s 」を付けて複数形にしますね。

「pencil」が1本のときと2本のときの表現
1本の鉛筆 a pencil
2本の鉛筆 2(two) pencils

そして、その「物(物体)」を数えるときに、それ自体が単位となります

日本語のように「2本」のような単位を付けずに、「2 pencils」になるということです。

日本語だと「1本の鉛筆(鉛筆1本)」、「2本の鉛筆(鉛筆2本)」のように、数が増えても「鉛筆」と言いますので、かなり違いますね。

タカコ

日本語だと、何本だろうと「鉛筆」という名詞は変化しないんですね。

あえて言うなら、日本語には「家々」、「人たち」のように「々」という文字や「たち」という言葉を使って、複数形を表すこともできますが、単純に「家」「人」だけでも、単数と複数の両方を指すことができます。

不可算名詞(数えられない名詞)について

次は、「数えられない名詞」を具体的に見ていきましょう。

不可算名詞には「複数形」が存在しない

英語の場合、「数えられない名詞」には複数形は存在せず、常に単数形のまま使います。

辞書には、用法の部分に「U(uncountable=数えられない)」の表示があります。

たとえば、こちらのような名詞が不可算名詞になります。

  • water(水)
  • air(空気)
  • information(情報)

英語の「数えられない名詞」の概念とは?

たとえば、上の例で見た数えられない名詞「water(水)」を想像してください。

  • コップに入った水
  • 池や湖にたたえる水
  • 水たまりの水
  • バスタブにためたお湯

どれも水ですよね?

水は状況によって形が違う
水は状況によって形が違う

「お湯」は英語で「hot water」と表記する、「water」の仲間です。「ミネラルウォーター」は、「mineral water」ですし……。

つまり、英語の「water(水)」はいろんな状況や状態によってたくさんの種類があり、その姿が具体的に特定できません

「水」って目には見えても、ちょっと漠然としていて、形とか量とか数とかの具体性がないんですね。

英語では、「絵でうまく描き表せない」「一言では、うまく言い表せない」、そういう言葉が「数えられない名詞(不可算名詞)なんです。

タカコ

ほんと、日本語にはない感覚ですよね。

ほかの例「air」「information」でも見てみましょう。

「air」も無色透明で無味無臭、「information」も絵や言葉で簡単に表せません。具体的ではないからなんですね。

また、想像したときに、「あれもこれも……」といろんな形や状態の物(物体)が想像できて、特定しにくいときにも、英語では「数えられない名詞」なんですね。

「水」も「容器」に入ると数えられる?

……という説明をしましたが、

タカコ

「air(空気)」はわかる! でも水は目に見えるのに、どうして「数えられない」 に分類されるのまだ釈然としない!

……と思われるかもしれません。

たとえば、日本語では5杯の水」のように数えられるじゃないかと。

でもこの「5杯」というのは「コップに入った水 × 5」という意味ですよね?

同じように、英語でも「2 cups of water」と、容器である「cup」の数を増やすことで数えられるようになります。

2 cups of water
(2カップの水)

「数えられるようになる」と言いましたが、厳密には「water」が複数になるのではなく、容器である「cup」が複数形になっていますよね。

「water」という物質は、具体的な形を持たないのですが、数えられる名詞とつなげることで形が固定され、「2 cups of water(2カップの水)」と表現できるのです。

  • 2 tablespoons of water(大さじ2杯の水)
  • 3 glasses of water(グラス3杯の水)

「数えられない名詞」の特徴や見分け方

ほかにも、英語には「数えられない名詞」は、意外とたくさんあります。ここでは具体的な例を挙げますね。

1液体や気体

  • blood(血液)
  • gasoline(ガソリン)
  • oil(石油)
  • gas(気体やガス)
  • steam(蒸気・水蒸気)

2素材

  • wood(材木)
  • stone(石材)
  • marble(大理石)
  • glass(ガラス)
  • cotton(綿)
  • leather(皮革)
  • wool(羊毛)

3食材

  • fish(食べ物としての魚)
  • chiken(鶏肉)
  • honey(はちみつ)
  • butter(バター)
  • cheese(チーズ)
  • salt(食塩)
  • flour(小麦粉)
  • celery(セロリ)
  • spinach(ほうれんそう)

4飲み物

  • beer(ビール)
  • wine(ワイン)
  • coffee(コーヒー)
  • tea(茶、紅茶)
  • milk(牛乳)

5何かの「総称」になるもの

  • money(お金)
  • food(食べ物)
  • meat(肉類)
  • produce(野菜類と果物類の総称)

6天気に関する、空から降ってくるもの

  • rain(雨)
  • snow(雪)
  • hail(ひょう、あられ)

7具体的に形(物体)に表せないものや特定できないもの

  • news(ニュース)
  • homework(宿題)
  • equipment(設備)
  • beauty(美、美しさ)
  • help(助け)
  • advice(アドバイス)
  • love(愛)
  • safety(安全)
  • fear(恐れ)
  • anger(怒り)
  • happiness(幸せ)

「news」や「homework」、「help」、「advice」なんて、日本人の感覚だと、1つ、2つ…と数えられそうに思います。

言葉を想像してみたとき、つい、自分で内容を特定して想像してしまいがちですが、英語的には、かな〜り漠然とした言葉なんでしょうね。

【注意】「furniture」は数えられない

ややこしいのが「furniture(家具)」という言葉。これも「数えられない名詞」です。

タカコ

これも日本人の感覚では、「なんで??」と思いますよね……。

この「furniture」という言葉は、日本語で「家具」と訳されることが多いです。

家具といえば、desk(机)、table(テーブル)、chair(いす)、bookshelf(本棚)など。

ですが、本来「furniture」は、「『furnish(家や部屋などに家具などを備え付ける)』された物」という語の成り立ちで、「備えられた必要な物や備品」という意味なんです。

「furnish」の活用
原形 三人称単数 現在分詞形 過去形 過去分詞形
furnish furnishes furnishing furnished furnished

それを指す具体的な物に、「desk(机)」などの家具が含まれるだけで「furniture」=「家具」ではないんです。

「furniture」には、細かく言うと、ほかにも調度品、備品なども含まれます

つい、家の中の家具だけを想像してしまいがちですが、会社に置かれるようなものも含みます。

そうなると、「いろいろ感」が出て、具体的に物(物体)が特定できないので、「数えられない名詞」なのですね。

「可算名詞」と「不可算名詞」のあるものも

注意しなければいけないのは、こちらの1〜4については、すべて「一般的な物質として」使う場合だけ「数えられない」という点です。

  1. 液体や気体
  2. 素材
  3. 食材
  4. 飲み物

ところが、これらが具体的な種類や物体に対して使う場合は「数えられる名詞」になります。

素材としての「glass」は「数えられない名詞」ですが、ガラスコップを表す「glass(グラス)」は「数えられる名詞」です。

グラスたち(ガラスコップ)
グラスたち(ガラスコップ)
「glass」の2つの意味
可算名詞 グラス(ガラスのコップ)
不可算名詞 ガラス(素材)

ちなみにメガネは、常に複数形で「glasses」と言います。

こういうものは、たまたまスペルが同じなだけの「違う単語」と思った方がいいですね。

いかがでしたか?

ややこしい「数えられる名詞」と「数えられない名詞」の考え方ですが、私は恥ずかしながら、語学留学するまで全く意識したことがありませんでした

語学学校で、それを知ったときにはそれはもうびっくりしましたし、辞書の用法に載ってある「 U 」と「 C 」の意味を知って、「目からうろこ」状態でした。

存在には気づいていましたが、「そういうことだったのかー!!」と。

それから(やっと)意識するようになりましたが、コツがわかるまでは本当にややこしく、今でもときどき間違っては夫に教えられています。

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?