「dog」と「dogs」の違いとは? 不可算名詞だと「肉」になるよ…

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

以前の記事で、「英語の複数形」について紹介しました。

今回は、動物の名前を言うときに「 s 」を付けないと危険だよ!というお話です。

もしかして、犬好きの方、「I like dog!」って言っていませんか?

「動物」と「肉」?

英語の一般名詞には、同じ名詞でも「可算名詞」と「不可算名詞」でそれぞれ違うものを指す場合があります。

例えば、「chicken」です。

「可算名詞」の「chicken」は、動物の「にわとり」を指します。

「にわとり」を英語で「chicken」と呼ぶ
「にわとり」を英語で「a chicken(可算名詞)」

1羽だと「a chicken」2羽だと「2 chickens」ですね。

ところが、食べ物の「鶏肉」も、同じ「chicken」で表します。

「鶏肉」は英語で「chicken(不可算名詞)」
「鶏肉」は英語で「chicken(不可算名詞)」

そして、この「鶏肉」の「chicken」は、「不可算名詞」なのです。「不可算名詞」なので、複数形はありません。

可算名詞と不可算名詞の「chicken」
可算名詞 a chicken, chickens(にわとり)
不可算名詞 chicken(鶏肉)

「I like ○○.」の「s」があるかないかで……

ここで話は少しそれますが、「私は○○が好きです」と言いたいとき、どのように言いますか?

気をつけないといけないのは、この「○○」が「可算名詞」の場合は、複数形にして言わないといけないことです。

「私はりんごが好きです」なら、こう言います。

ウサギ

I like apples.
(私はリンゴが好き)

ピンと来ない方はこちらの記事を読んでみてください♪

参考: 英語の「複数形」ってなに? 実は「s」を付けて言う方が基本だよ!

では、今度は「chicken」でも考えてみましょう。こちらの2つの意味の違いがおわかりですか?

  1. I like chickens.
  2. I like chicken.

日本語も入れてみますね。

  1. I like chickens.(私はが好きです)
  2. I like chicken.(私は鶏肉が好きです)

…と言っているのがわかりますか。

タカコ

「動物」と「食べ物」は全く違いますから、「s」があるかないかで、けっこう恥ずかしい言い間違いになっちゃいます。

肉を表す別の単語がある場合

肉類でも、「cow(牛)」「pig(豚)」とは、「beef(牛肉)」や「pork(豚肉)」という、「肉」を指す別の言葉があります。

「肉」になると言葉が違うもの
動物
cow(牛) beef(牛肉)
pig(豚) pork(豚肉)

それでも、夫の話によると、

オオカミ

I like cow.

……のように「I like cow.」と言ってしまうと、「I like cow meat.(牛肉が好き)」と言っているのと同じ意味になるのだそうです。

もし、「a cow」のように「 a 」が付いていれば、まだマシなんです。「肉」ではなく、「牛」を表していることが伝わりますから!

動物としての「牛」と言いたいなら、複数形で「I like cows.」と必ず言いましょう。

こちら、ほかの例を見てみます。

動物は「 s 」がないと「肉」になる!
動物
horses(馬) horse(馬肉)
lambs(子羊) lamb(子羊の肉)
dogs(犬) dog(犬の肉)
rabbits(うさぎ) rabbit(うさぎの肉)

まだ、「cow」ならましな気もしますね。

ウサギ

Don't say "I like rabbit"!
(「うさぎ肉が好きです」って言わないで―!)

オオカミ

Don't say "I like dog"!
(「犬の肉が好きです」って言わないで―!)

今回は「chicken」という単語には、「可算名詞」と「不可算名詞」の2つがあって、「にわとり」と「鶏肉」の2つの意味があることを紹介しました。

日本語にはそもそも「可算名詞」と「不可算名詞」の使い分けがないので、本当にややこしいです。

間違えずに使いこなすのはなかなか難しくても、とりあえず「動物が好き」というときには複数形になることを絶対に覚えておいてくださいね!

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?