リンゴが数えられない「不可算名詞」になる?「a piece of」の使い方

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

以前の記事で、「可算名詞」と「不可算名詞」の違いについてまとめました。

今回は、さらにそのややこしさを掘り下げてみます(笑)。

「リンゴ」が切られてしまって「数えられなくなるとき」についてです。そんなときに登場する言葉「a piece of apple」という表現についてくわしく紹介します。

「数えられる名詞」と「数えられない名詞」とは?

本題に入る前に少しだけ復習します。

可算名詞(数えられる名詞)」は、一般的に、具体的な形を持つ物や(物体)で、「1つ、2つ……」と数を数えられる名詞です。

タカコ

数を数えられるので、その名詞の前に「a / an」の冠詞をつけて単数形に、名詞の語尾に「 s 」をつけて複数形で表すことができるんでしたね。

「鉛筆」は可算名詞(数えられる名詞)
「鉛筆」は可算名詞(数えられる名詞)

一方、「不可算名詞(数えられない名詞)」は、「目に見えないもの」「具体的な形を持たないもの」などが特徴で、「1つ、2つ……」と数えられない名詞のことです。

不可算名詞は「数を数えられない」ので、複数形がありません。ここまでがよくわからない方は、こちらの記事でおさらいをしてください♪

参考: 「可算名詞」と「不可算名詞」の違いは? イメージが大事という話

「可算名詞」が「不可算名詞」に変化する場合とは?

「可算名詞」は、目で見て「1つ、2つ……」と数えられるはずなのですが、実は、「可算名詞」が「不可算名詞」に変化することもあるんです。

タカコ

「え? そんな不規則あり!?」と思いますよね……。

それは、食材や食べ物が、もともとの「物」から小さくなったときです。

例えば、「apple(リンゴ)」は数えられる名詞なのでこんなふうに使います。

ウサギ

Can you get 3 apples at the store?
(リンゴ3個、お店で買ってきてくれる?)

と言ったり、

オオカミ

I see some apples.
(いくつかのリンゴが見える)

と言ったりしますが、この場合の「apple」は「可算名詞」ですよね?

リンゴまるごとの場合は、数えられるので「apples」
リンゴまるごとの場合は、数えられるので「apples」

丸ごとのリンゴは、「1つ、2つ…」と数えますから、「an apple、2(two) apples…」なのですが、切ってしまうと「不可算名詞」に大変身するのです。

リンゴを切ると不可算名詞に?!

例えば、ホームパーティーなどで、カットフルーツがあるとしますよね。

このときに「リンゴを何切れか持ってきてくれない?」というときにはどう言えばいいのでしょうか?

不可算名詞になる「カットされたリンゴ」
不可算名詞になる「カットされたリンゴ」

もしここで、こんなふうに言うとどうなるでしょうか?

ウサギ

Can you get me some apples?

おそらく、リンゴを何個か持ってきてくれるでしょう。こんなふうに。

リンゴまるごとの場合は、数えられるので「apples」
リンゴまるごとの場合は、数えられるので「apples」

そうじゃなく、「何切れか」を持ってきてほしいんですよね?

そんなときには、こう言わなくては伝わりません。

ウサギ

Can you get me some pieces of apple?
(リンゴ、何切れか取ってきてくれない?)

「1切れ」を表す「piece」という言葉

ここでのポイントは、こちらの表現です。

some pieces of apple

「piece」は「1切れ」という意味です。上では「some(いくつかの)」が付いているので「pieces」と、複数形になっていますが。

この「piece」ですが、日本語で言うときの「パズルの1ピース」の元になっている英語ですね。

出典: Amazon『Ingooood-ジグソーパズル - 絵画シリーズ - カラフルな猫 '私はあなたと一緒にすべての9人の人生を過ごすだろう' - ディーン・ルッソ - 成人繁殖のための1000個の木製のパズルの装飾のおもちゃ』

この「piece」が、数えられない不可算名詞になった「apple」の代わりに、「2 pieces」のように数えられてくれる役目です。

ほかの例も見てみましょう。

たとえば、切られていない状態のホールケーキ(whole cake)だと「可算名詞」ですが、切られて小さくなると、その物(名詞)は「不可算名詞」になるのです。

「cake(ケーキ)」が可算名詞と不可算名詞になる例
可算名詞の「cake」 2 cakes
(ケーキ2個)
不可算名詞の「cake」 2 pieces of cake
(ケーキ2切れ)

このような形で「piece」を使うことで、「小さくなった部分」を表すことができます!

いかがでしたか?

「apple」は、同じ「リンゴ」でも、丸ごとか切られた状態かによって、「可算名詞」か「不可算名詞」を使い分けるというお話でした。

「a piece of 〜」の形に慣れて、使えるようになった! ……と言っていただけるとうれしいです。

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?