数えられない名詞を数える方法とは?

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

英語には「数えられる名詞」と「数えられない名詞」があります。

数えられない名詞というのは「水」とか「空気」とか「塩」とかで、「 s 」を付けて複数形にできないものですよね。

今回は、そんな数えられない名詞を数えられるようにする方法についてまとめます。

数えられない名詞ってなに?

以前の記事でくわしく紹介していますが、英語の「名詞」には、大きくわけて2つの名詞があります。

  1. 数えられる名詞
  2. 数えられない名詞

この2つです。

たとえば「apple(リンゴ)」は数えられますが、「water(水)」は数えられませんよね?

ヨス

「え? どういうこと?」と思った方はぜひこちらの記事をどうぞ。

参考: 「可算名詞」と「不可算名詞」の違いは? イメージが大事という話

「数えられないもの」を数える方法

「不可算名詞」には複数形はありませんが「piece(1切れ)」や「slice(1切れ・1スライス)」という可算名詞と組み合わせることによって、数や量、大きさなどを表すことは可能です。

わかりやすい例で「大さじ2杯の塩」と言いたいときを考えてみてください。

「塩」を数えたいときは?
「塩」を数えたいときは?

「塩」は数えられませんが、器である「大さじ(tablespoon)」の数なら、数えられますよね?

アメリカの計量スプーン
アメリカの計量スプーン

器であるこのスプーンの数は数えられるので、「大さじ2杯」は、「tablespoon(大さじ)」という単語を使ってこんなふうに言えます。

2 tablespoons

ヨス

形のない「塩」ですが、「tablespoon(大さじ)」に入れることで、大さじの数を数えることができますよね。

あとは「〜の」を表す「of〜」をくっつけて……

2 tablespoons of salt

というふうに表現します。

「salt(塩)」が複数形にならない代わりに、器である「tablespoon」が複数形になってくれるんですね!

不可算名詞を数えるために使える単語例

上では「tablespoon(大さじ)」という単語を紹介しましたが、ほかにも「不可算名詞(数えられない名詞)」を数えるために使える言葉はいろいろとあります。

簡単にまとめてみますね。

不可算名詞を数えるための単語
piece(大きなものの一部)
  • a piece of paper(紙ひと切れ、小さい紙)
  • 2 pieces of paper(紙2切れ)
bunch(束)
  • a bunch of celery(1束のセロリ)
  • 2 bunches of celery(2束のセロリ)
pinch(指でつまんだ状態)
  • a pinch of sugar(1つまみの砂糖)
  • 2 pinches of sugar(2つまみの砂糖)
slice(スライス)
  • a slice of cheese(1スライスのチーズ)
  • 2 slices of cheese(2スライスのチーズ)
tablespoon(大さじ)
  • a tablespoon of salt(大さじ1杯の塩)
  • 2 tablespoons of salt(大さじ2杯の塩)
cup(カップ)
  • a cup of coffee(カップ1杯のコーヒー)
  • 2 cups of coffee(カップ2杯のコーヒー)
glass(ガラスコップ)
  • a glass of coke(ガラスコップ1杯のコーラ)
  • 2 glasses of coke(ガラスコップ2杯のコーラ)
galon(ガロン: 単位
  • a galon of water(1ガロンの水)
  • 2 galons of water(2ガロンの水)
bucket(バケツ)
  • a bucket of water(バケツ1杯の水)
  • 2 buckets of water(バケツ2杯の水)

見ての通り、いろんな言い方ができますね!

さて、今回は数えられない名詞を数えられるようにする方法をまとめました。

「a piece of 〜」という表現はよく聞くと思いますが、ほかにもいろいろあるので、調べてみると面白いです!

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?