客は3日目には臭くなる!? 誰かの家に泊めてもらうとき、長居は要注意です!

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

先日、「Fish and visitors stink after three days.」というおもしろい言葉に出合ったので紹介したいと思います。

直訳すると「魚と客は、3日目には鼻につく」という意味ですが、どんなときにつかうのでしょうか?

人を家に泊めてあげるのは3日が限度!?

先日、義両親が3泊4日で、親戚の家に行ってきました。その親戚は違う州に住んでおり、片道8時間かけての移動です。

以下、義両親が帰ってくる日の、私と夫の会話です。

父さんたち、今日帰ってくるんだっけ?

タカコ

そうだよ。夜の7時くらいに帰ってくるんじゃないかな。

片道8時間かぁ……1週間くらいいたい距離だなぁ。いろいろ観光もしたいし。

タカコ

今回は、4日のうち2日が移動だから、実質顔を見に行くだけの旅行だよね。お義母さん、今週はほかに用事があるって言ってたし、ゆっくりできなかったんだと思う。

忙しかっただろうね。でも、もしかしたら、「Fish and visitors stink after three days.(魚と客は、3日目には鼻につく)」というのもあったのかも。

タカコ

何それ?! Fish(魚)? いきなり「fish」が出てきた!!

タカコ、魚を3日放置するとどうなる?

タカコ

腐るんじゃないの?

そう、臭くなって、そのうちに腐ってくる。誰かの家に泊めてもらうとき、いくら「好きなだけいてもいいんだよ」と言ってもらっても、3日過ぎると、「厄介者」のように思われてくるという意味だよ。それに、泊めてもらう方も疲れてくるしね。

タカコ

へー、そんな言葉があるんだ。言葉そのままの意味だけど、おもしろいね。

もちろん、本当によっぽど親しくて気をつかわない間柄なら、これに当てはまらないことだってあるけど。例えば、実家とか、おじいちゃん・おばあちゃんの家とか。でも、「友人の家に泊めてもらう」というような場合は、注意が必要だね。

これはたしかに、厚意で泊めてあげても、たいていの人は3日も経つとちょっと疲れてくるかも。お互いに疲れちゃうと思う。

ベンジャミン・フランクリンによって有名になった言葉

「Fish and visitors stink after three days.」について、詳しく説明しますね。

言葉の意味としては、夫が話したような感じのもので、「人の家にあまり長く泊めてもらうものではない」という教訓です。

もともとは、John Lyly(ジョン・リリー)という人の言葉だそうですが、後にBenjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)が『Poor Richard’s Almanack(貧しいリチャードの暦)』で使ったことで有名になったようです。

ベンジャミン・フランクリンはご存知でしょうか?

ベンジャミン・フランクリン
ベンジャミン・フランクリン

日本人には、あまりなじみがないかもしれませんが、「アメリカ合衆国建国の父」の1人としてたたえられる有名な人だそうです。

現在の100ドル札に肖像が描かれています。

『Poor Richard’s Almanack(貧しいリチャードの暦)』は、そのベンジャミン・フランクリンが、リチャード・ソーンダーズという名前で 1732年から25年間発行していた「生活暦」のことだそうで、

「あらゆるジャンルの教訓とユーモアとことわざの寄せ集めはアメリカ人の道徳的手本となった」とあります。

参考: ベンジャミン・フランクリン - Wikipedia

当時大人気の暦だったようです。

日本のカレンダー(日めくりなど)でも、いろんな格言や名言、教訓などが書かれていることがありますが、それと同じような感じだと思います。

日本人でも共感できるはず

それにしても、この言葉、魚を例に出しているのがおもしろいですね。

いくら「好きなだけいてもいいんだよ」と言って泊めてくれても、やっぱり長居しすぎると、お互いが疲れてしまいます。

日本語でも似たような表現がありそうな気がしますが、思い当たりません。

でも、感覚としてはわかるのではないでしょうか。

お互いが気持ちよく暮らすには?

お互いの関係が良好なうちに出ていくのが一番いいのでしょうが、長く泊めてもらうこともあるかもしれません。

そんな場合はどうすればいいのでしょう?

正直、生活させてもらうにはお金がかかります。水道だって、電気だって使わせてもらうんです。日数が長くなれば、その分お金もかかります。

お金の問題だけではありませんが、やはりお金で埋められる部分もたしかにあります。

知人(アメリカ人)の話ですが、親しい友人でも、長く泊めてもらうときは、お礼として、食材を買ったり、帰るときに少しお金を置いて出てきたりしたそうです。

その友人は、面と向かってだと、絶対お金を受け取らないので、部屋に封筒に入れたお金を残してきたそうなのですが、

「彼女が気づいたときには、私はもう出て行った後だから、どうしようもないわよね(笑)」と言っていました。

その知人は、友人への感謝の気持ちとして、どうしても受け取ってもらいたかったそうです。

親しき仲にも礼儀あり」。そんな言葉が思い浮かびました。知人は日本人じゃありませんが。

友人とのいい関係を保つためには、そういうことをするというのも、選択肢の1つですね。

泊める側も泊めてもらう側も、その期間はお互い気持ちよく過ごしたいですし、そのあとの関係も保ちたいですから。

いかがでしたか?

魚と来客が3日もすると臭くなってくるとは……おもしろいしわかりやすい例えですよね。人の心理も的確にとらえていると思います。

英語にこんな教訓があったとは……。少し意外でしたが、友人なら3日くらいがいい関係で過ごせる、ちょうどいい期間かもしれません。

古い言葉ですが、時間的感覚は今も変わらない、ということもおもしろいですね。

おすすめのオンライン英会話

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?