英語の「男性名」と「女性名」とは? 欧米で使われる名前の謎

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

日本人の名前には男性の名前、女性の名前があります。「ヒロシ」と「ヒロコ」みたいな名前ですね。

もちろん、欧米で使われている名前にも男性の名前、女性の名前があるのですが、日本語とは違った特徴があるのです。

今回は、欧米で使われる「男性名」と「女性名」について紹介しますね。

欧米で使われる名前の「男性名」と「女性名」

アメリカの元大統領であるオバマ氏。そのファーストレディである奥さんの名前をご存じですか?

答えは……ミシェル(Michelle)さんです。

この「ミシェル」という名前ですが、じつは
「マイケル(Michael)」と同じ名前なんです。

……なんて言われても、

タカコ

え? どういうこと??

……と思いませんか?

実は、「ミシェル」は、「マイケル」の女性名なのです。

「ミシェル」は大天使「ミカエル」に由来した名前

まず、「ミシェル」は聖書に登場する大天使「ミカエル」の英語形に由来している名前です(参考: イングリッシュネームとは?)。

タカコ

なんと、天使の名前だったんですね!

欧米で使われている名前には、キリスト教や歴史上の人物などからとったものが多いんですよ。

そして、ここがポイントです。

モデルになっている人物の名前を、
女性につける場合と、男性につける場合で形が変わります

男性には「マイケル」・女性には「ミシェル」

ということで「ミカエル」に由来した名前を男女別にわけるとこうなります。

大天使「ミカエル」に由来した2つの名前
男性名 マイケル(Michael)
女性名 ミシェル(Michelle)

つまり「マイケル」も「ミシェル」も、名前の由来は大天使「ミカエル」なので、「同じ名前」ということなんです。

タカコ

ぜんぜん違う名前だけど同じという認識はおもしろいですね!

日本人の名前の「ヒロシ」と「ヒロコ」、一般的には、「ヒロシ」は男性で「ヒロコ」は女性につけると思います。

でも、「マイケル」と「ミシェル」のように、モデルになっている人物はいませんよね?

歴史上の武将や偉人の名前をそのままもらうこともあるかもしれませんが、決められた男性名や女性名があるわけではありませんよね。

日本には欧米の「男性名」「女性名」という概念はまったくないため、同じとは言えません。

ヨーロッパでは「男性名」と「女性名」の存在する名前が多い

ほかにも、イタリア・スペインあたりの名前は「男性名」と「女性名」を持つ名前がとても多いです。

やはり、名前がキリスト教関係というのが大きい理由でしょう。

たとえばこちらのような名前があげられます。

男性名 女性名
マリオ マリア
アレクサンドロ アレクサンドラ
シモーネ シモーナ

そう言えば、アイルランドでの語学留学時代に出会ったイタリア人の友人(女性)は、こんなことを言っていました。

友人

私、ボーイフレンドと同じ名前なの!

彼女は「ジュリア」で、彼が「ジュリオ」でまさしく女性名と男性名だったんですね。

その「ジュリア」と「ジュリオ」ですが、名前の由来する人物が同じなら、カップルで同じ名前ということもありうる、ということなんです。

「男性名」と「女性名」は入れ替わることも

国(地域)が変わると、男性名が女性名という風に、性別が入れ替わることもあるようです。

語学学校の先生(女性:英国出身)は、「アンドレア」という名前でしたが、イタリアでは男性につける名前なのだそうです。

ウィキペディアによると、「アンドレア」という名前は、ヨーロッパで男性・女性の両方に使われるそうですが、イタリア名では男性名のみ、英語名では女性のみに使われるそうです。

参考: アンドレア - Wikipedia

ちなみに、モデルになっているのは、新約聖書に登場する使徒「アンデレ」だとか。やはり、キリスト教関係の名前なのですね。

今回のお話をまとめます。

まとめ

  • 欧米の名前にはモデルとなる人物がいる
  • その人物の名前には男性名・女性名がある
  • 国によっては男性名と女性名が逆になることも

人間の名前っておもしろいですね!

映画に出てくる好きなあの人の名前もじつはモデルになる名前があって、その男性名・女性名かもしれませんね!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英単語のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: タカコ
アメリカ人の夫との結婚を機に渡米。現在は二児の母として英語に囲まれた環境の中で生活。日本語教育に携わっていたため言語への視点が鋭く、元・英会話教師の夫とのやりとりから生まれる記事が秀逸。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"