英語の「男性名」と「女性名」? 欧米で使われる名前の謎

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

欧米で使われている名前には、「男性名」と「女性名」があることがあります。

「男性名」と「女性名」? わかるような、わからないような……感覚ではないでしょうか。

日本でもある「ヒロシ」と「ヒロコ」みたいな?

……と思うかもしれませんが、これとは少し違います。では、さっそく見てみましょう。

欧米で使われる名前の「男性名」と「女性名」

もうすぐ任期満了になる、アメリカのオバマ大統領。ファーストレディである奥さんの名前をご存知ですか?

答えは……ミシェル(Michelle)さんです。

この「ミシェル」という名前ですが、実は「マイケル(Michael)」と同じ名前なんです。

え? どういうこと?? ……と思いませんか?

実は、「ミシェル」は、「マイケル」の女性名なのです。

どちらも大天使「ミカエル」に由来している

以前の記事で「English name」の謎について書きましたが、その中で「名前のモデルになっている人物がいる」ことを書きました。

今回の「男性名」と「女性名」も似たような感覚といえるかもしれません。

欧米で使われている名前には、キリスト教や歴史上の人物などからとったものが多いです。

「マイケル」は、聖書に登場する大天使「ミカエル」の英語形に由来しているとのことで、英語圏ではよくある名前です。

そのモデルになっている名前を、男性につける場合と、女性につける場合、名前の形が違うんです。

男性には「マイケル」・女性には「ミシェル」

ということで「ミカエル」に由来した名前ですが……

  • 男性 …… マイケル(Michael)
  • 女性 …… ミシェル(Michelle)

……となります。

でも、「マイケル」も「ミシェル」も、名前の由来は大天使「ミカエル」なので、「同じ名前」ということなんです。

日本人の名前の「ヒロシ」と「ヒロコ」、一般的には、「ヒロシ」は男性で「ヒロコ」は女性につけると思います。

でも、「マイケル」と「ミシェル」のように、モデルになっている人物がいません

日本人の名前は、例えば、歴史上の武将や偉人の名前をそのままもらうこともあるかもしれませんが、男性名や女性名があるわけではありませんよね。

やはり、同じとは言えないと思います。

ヨーロッパでは「男性名」と「女性名」の存在する名前が多い

ほかにも、イタリア・スペインあたりの名前は「男性名」と「女性名」を持つ名前がとても多いです。※すべての名前がそうではありません

やはり、名前がキリスト教関係というのが大きい理由だと思います。

例えば……

  • マリオ(男性名)
  • マリア(女性名)
  • アレクサンドロ(男性名)
  • アレクサンドラ(女性名)
  • シモーネ(男性名)
  • シモーナ(女性名)

……など、たくさんあります。

そう言えば、アイルランドでの語学留学時代に出会ったイタリア人の友人(女性)は、「私、ボーイフレンドと同じ名前なの(はあと)」と言っていました。

彼女はジュリアで、彼がジュリオ。失礼ながら、「コント!?」と思うくらい名前がそっくりで、びっくりしました。

男性名の最後に「オ」がつけば、日本人にも男性名っぽく聞こえますね。

その「ジュリア」と「ジュリオ」ですが、名前の由来する人物が同じなら、カップルで同じ名前ということもありうる、ということなんです。

「男性名」と「女性名」は入れ替わる!?

それから、国(地域)が変わると、男性名が女性名という風に、性別が入れ替わることもあるようです。

語学学校の先生(女性:英国出身)は、「アンドレア」という名前でしたが、イタリアでは男性につける名前なのだそうです。

ウィキペディアによると、「アンドレア」という名前は、ヨーロッパで男性・女性の両方に使われるそうですが、イタリア名では男性名のみ、英語名では女性のみに使われるそうです。

参考: アンドレア - Wikipedia

ちなみに、モデルになっているのは、新約聖書に登場する使徒「アンデレ」だとか。やはり、キリスト教関係の名前なのですね。

いかがでしたか?

「男性名」と「女性名」、ただの「ヒロシ」と「ヒロコ」のようなことではないんですね。

「English name」のように、名前のモデルは同じでも、言語の違いで何種類も名前の形が変わります。

さらにその名前に「男性名」と「女性名」のバージョンがあれば、「同じ名前」という「くくり」はもっと広がる、ということです。

そして、地域によっては、その「男性名」と「女性名」が入れ替わることも!! 奥が深いですね。歴史を感じます(笑)。

おすすめのオンライン英会話

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?