フィリピン人の先生って英語話せるの? フィリピンの英語事情って?

サト

こんにちは、インドネシア在住日本語教師のサトです。

オンライン英会話でフィリピン人の先生が多いことをご存じですか?

日本では「英語の先生」と聞けばアメリカ人とか白人というイメージを持つ人が多いのでこんな不安を持つ方がいます。

ウサギ

フィリピンって英語を話すんだっけ? 大丈夫かな?

今回は、オンライン英会話で大活躍中のフィリピン人の先生について、そのすごいところをご紹介したいと思います。

フィリピンの英語教育事情

まずはフィリピンの英語教育事情と、英語力を簡単に説明します。

ネットを見ていても、正直なところ「どの情報が正しいの?」という状況だったので、フィリピンに住んでいる私の日本人の友人に直接聞いてきました。

サト

ちなみに友人は元日本語教師で、今は大学院に在学中。以前、フィリピンにあるコールセンターで日本人の顧客対応をしていたこともあります。

フィリピンの公用語はフィリピノ語英語です。その英語をどのように教育しているのか? 興味ありますね。

フィリピンの学校での英語教育

フィリピンの子どもたちは、公立でも小学校1年から毎日、だいたい1日に2コマ(1コマ1時間弱)英語を勉強するのだとか。

(ただ友人いわく、記憶は「おぼろげ」だそうです)

そして、外務省の資料にもありますが、数学や理科などもフィリピノ語を使わず、英語で勉強するそうです! 

サト

仮に私の友人の記憶違いがあったとしても、日本の小学生よりはるかに英語に触れる時間が多いのは間違いないでしょう。

フィリピンでの英語教育
フィリピンでの英語教育

また、フィリピンの英語教育は、言語そのものだけでなく、歴史や格言、伝記など幅広い内容を扱うそうです。

数学や理科もそうですが、英語を学ぶだけでなく、英語「で」学ぶ授業があるんですね。

これは日本の英語教育との圧倒的な違いだと思います。

学校外での英語教育

一方、学校を一歩出ると、とたんに英語に触れる機会が激減する場合も。これは所得によります。

例えばテレビも、無料で見られる地上波で常に英語放送があるのはCNNフィリピンのみ。1つでも、地上波で英語のみのチャンネルがあるのはすごいと思いますが。

フィリピンのイメージ写真
フィリピンのイメージ写真

ただ中流家庭では、有料のケーブルテレビなどを導入して、家でも英語に触れられる環境が整っているようです。

フィリピン人の英語力

そんなわけで、英語教育を終えたフィリピン人の英語力はどの程度なのでしょうか。これまた友人に聞いてみました。

以前勤めていたコールセンターのワーカーは大半が大学卒なので、基本はある程度おさえているのだとか。

また、幼い頃から英語に触れているので、英語耳もばっちり。「大学を出ていれば英語の基本がおさえられる」というのも素晴らしいというかうらやましいというか……。

しかし、たとえば友人は大学院にいる間、ずっと英語で話しているわけでありません。

フィリピンの家
フィリピンの家

授業以外ではフィリピノ語でコミュニケーションをとることがほとんど。

売店や学校の警備員、図書館の係員など、普段授業に携わっていない人たちは英語に慣れていないので、フィリピノ語の方がスムーズなんだそうです。

また、フィリピノ語の方が親しみを感じてもらえるという利点もあり、政治家も一般市民に語りかける際には慎重にフィリピノ語を使っているそうです。いやあ、勉強になるなあ。

フィリピン人の先生のここがすごい!

今度は、わたしがフィリピン人の英語の先生に何度も教わった経験から「フィリピン人の先生のすごい」ところを3つご紹介します。

テンションが高い

まず、基本的にどの方もテンションが高い!

南国生まれの南国育ちだからか、それとも陽気な方が選ばれて先生になっているからなのか。

とにかく、どの英語の先生もテンションが高いのです。

「先生のテンションが高いなんて当然では?」と思われるかもしれませんが、少なくとも私の中高生時代は、そうではない先生がちらほらいました。

フィリピンのイメージ写真2
フィリピンのイメージ写真2

私が尊敬する日本語の先生から「『この先生、教えるのが好きなんだな』と学生に思われるような教師になれ」というお言葉をいただいたことがあります。

私がお世話になったフィリピン人の先生方は、まさにこの「教師像そのもの」と言えます。

英語力が高い

もちろん、テンションが高いだけでは先生になれません。そもそもの英語力がないと……。

先ほどフィリピンでの英語教育事情とフィリピン人の英語力をざっと見てみましたが、具体的な数字をご覧ください。

フィリピン人の「TOEIC」と「TOEFL」の点数(平均点)を見てみました。

【参考】フィリピン人のTOEIC、TOEFLの平均点
 
TOEIC 388 / 495
(日本: 288)
322 / 495
(日本: 228)
- - 709 / 990
(日本: 516)
TOEFL 22 / 30
(日本: 18)
21 / 30
(日本: 18)
23 / 30
(日本: 17)
23 / 30
(日本: 19)
89 / 120
(日本: 71)

参考までに日本人の平均点も掲載しましたが、TOEICでもTOEFLでも惨敗ですね。

サト

合計点はもちろんですが、セクションで見ても、ひとつも勝ててないなんて……。改めて見ると、悲しくなってきます。

先ほど「フィリピンでは大学を出ていれば英語の基本がおさえられる」と書きましたが、たとえばレアジョブ英会話の先生は「フィリピンの東大」と言われるフィリピン大学の卒業生や在校生が中心。

フィリピンのイメージ写真3
フィリピンのイメージ写真3

在校生とはいえ、「大学に入っている = 幼い頃から学校でも家でも英語にふれてきた人材」と考えられるので、英語力はお墨付きでしょう。

卒業生にいたっては、わたしなんかが言うことはありません(笑)。

英語を教える能力も高い! 

最後に、フィリピン人の先生方は、英語を教える能力も高いと感じました。

例えば「QQ English」は英語を教えるための資格取得を先生全員に義務付けています。

QQ Englishの先生方
QQ Englishの先生方

また、レアジョブも独自のトレーニングを行なっている上、そのトレーニングの監修をしているのは日本人の英語習得の専門家なんだとか。

サト

マニアックすぎる!

そのためか、「watchとlook atの違いは何だと思いますか?」のように、まず私に聞いてから正解を説明する先生がいました。

レアジョブの先生方
レアジョブの先生方

私も日本語の授業で心がけているのですが、学生が質問してきてもすぐに答えず、まず考えてもらってから説明するようにしています。質問にもよりますが。

理由は、自分で考えたことは頭に残るから。

その他にも、授業の進め方や、もっというとほめ方に至るまで、こういうところは見習おうと思わされることが、ほぼ毎回あります。

というわけで、オンライン英会話のフィリピン人の先生のすごいところをまとめてみました。

  • テンションが高い
  • 英語能力が高い
  • 英語を教える能力が高い

……の「3高」ですね。そして、英語能力は、幼い頃から学校の中でも外でもコンスタントに英語に触れることで培われてきた、間違いないものです。

気になった方は、一度お試しを! どのオンライン英会話スクールも無料で試せますので!

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: サト
学生時代にインドネシア語を専攻、留学も経験。また、受験英語好きが高じ、かつてはTOEICで955点をマーク。しかし、近年は日本語教師としてインドネシアにおり、英語を話そうとするとインドネシア語が出てくる始末。そんな自分のことは棚に上げて、地の利を活かし、主にインドネシアで使われている英語を題材として取り上げていきます。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?