その「すみません」は英語では何と言う? いろんなシチュエーション別のまとめ

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

英語で謝るとき、どんな言葉を使うと思いますか?

多くの人が「I'm sorry.」=「すみません」と思っているのではないでしょうか。

この「sorry」という言葉、実は、謝る以外にも用法があります。

また、日本人はいろんな場面で「すみません」を使うため、つい「すみません」をなんでも「I'm sorry.」に置き換えてしまって、間違った使い方をしてしまうことがあります。

今回は、そのややこしい「sorry」という言葉を、どれだけ「すみません」の代わりに使えるのか、また使えない場合はどんな言葉で言い換えればいいのか、まとめてみました。

「すみません」はどんなときに使う?

日本語で「すみません」という言葉をどんなときに使いますか?

  • 謝罪の意味の「すみません」
  • 感謝の意味の「すみません」
  • 依頼の意味の「すみません」
  • 呼びかけるときに使う「すみません」
  • 間に割って入るときの「すみません」
  • 皮肉のこもった「すみません」

実はこんなにもたくさんの意味を「すみません」を使って言っているんです。

ということで、それぞれ英語ではどのように言うのか見ていきましょう!

謝罪の意味の「すみません」

まずは「謝罪」の意味で使う「すみません」です。

  1. 誰かとぶつかったとき
  2. 約束の時間に遅れてしまったとき
  3. 商品が欠品しているとき(自身は店員)

親しい相手だと「ごめんなさい」、仕事上の関係だと「申し訳ございません」と、別の言葉で言い換えることも可能です。

これらは全部、おなじみの「sorry」という単語を使います。

「I'm sorry.」=「すみません / ごめんなさい」と思っている方も多いと思うので、特に問題なく受け入れられますよね。

タカコ

注意したいのは、英語の「sorry」は、「悪かった」と「謝る」というよりは、「申し訳ない」というニュアンスが強いこと。

「謝る(謝罪する)」という動作ではなく、「心が痛む(悪かったと思う)」という気持ちから、日本語の「ごめんなさい」や「申し訳ない」という感情の表現になります。

  • 悪かったと思います
  • すまないと思います

……というような「感情」だというのを読み取っていただきたいです。

1誰かとぶつかったとき

まず、だれかとぶつかったとき。

英語では多くの場合、

Sorry.

ですませます。

ぶつかったら「sorry」
ぶつかったら「sorry」

もう少し丁寧に謝りたいときは

I'm sorry.

さらに上だと……

  • I'm so sorry.
  • I'm really sorry.

……のように変化させます。基本的に長くなるほど丁寧になります。

例えば、前をよく見ていなかったために誰かに思い切りぶつかってしまったときは、自分に非があるので、「I'm so sorry.」のように、丁寧に謝ります。

さらにぶつかった拍子に、持っていたコーヒーが相手にかかってしまえば……当然「I'm really sorry.(本当にごめんなさい)」でしょうね。

2約束の時間に遅れてしまったとき

次に、約束の時間に遅れてしまったとき。

親しい相手なら、「ごめんね」や「ごめんなさい」ですみますが、 仕事の場だと「すみません」や「申し訳ございません」を使います。

さらには、「本当にすみません」や「誠に申し訳ございません」というような言葉を加えて、事態を重く受け止めて謝りますね。

英語でも基本的には同じ感じです。親しい相手でちょっと遅れた程度なら、

  • Sorry I'm late!(遅れてごめん!)
  • Sorry for being late.

などと言ったりします。

遅れることを事前に連絡をするときは

Sorry, I'll be a little late.(ごめん、少し遅れそう)

のように使います。 気をつかって謝るときは、「sorry」ではなく「I'm sorry」や「I'm so sorry」などに変化させるのは、先ほどと同じです。

3商品が欠品しているとき(自身は店員)

そして、お店の商品が欠品しているときにお店の人が謝罪する場合。

お店の雰囲気やそのときの状況にもよりますが、お店の落ち度ですから「すみません」よりも、「申し訳ございません」と、丁寧に謝るのが一般的でしょうか。

英語では、何か不手際や落ち度があったときに「sorry」という言葉を使いますが、誰が「申し訳ない」という気持ちを持っているかによって、主語が変わります

店員個人の気持ちとして話すときは、「I'm sorry.」ですが、会社やお店の気持ちとして話すときは……

We are sorry.

……になります。会社として謝るときは、よっぽどの不手際があったときで、頻度でいうととても少ないです。

タカコ

数年前、夫と義母と一緒に日本に一時帰国した際にこんなことがありました。

先日のユナイテッド航空ほどのことではありませんが、航空会社の対応の問題がいくつか重なり、散々な目に遭ったんです。

そこで、夫が航空会社にサービスの向上を求めるメールを送ったところ、「We are sorry...」と返事をもらいました。

実際は、スーパーなどでのちょっとしたやり取りだと、定員さんが「(I'm) Sorry about that.」という一言で、さらっとすまされたりします。

それをもう少し丁寧に言うとしたら……

Sorry for the inconvenience.(ご不便をおかけしてすみません)

……のような表現になりますね。

感謝の意味の「すみません」

お次は日本語の独特な「すみません」の使い方ですが、こういうときにも使いませんか?

  • 落とした物を拾ってもらったとき
  • 道(通路)を譲ってもらったとき

さて、これを英語で言うとどうなるか考えてみましょう。

感謝のときは「ありがとう」

落ち着いて考えると、この2つは「感謝」の意味なので、「悪かったと思う」「残念に思う」という意味の「sorry」は適さないのがわかると思います。

「落としましたよ」「すみません」
「落としましたよ」「すみません」

感謝の気持ちを伝える言葉というと……ほら、よく使う、あの言葉がありますよね。

Thank you.(ありがとう)

自分が「Thank you.」と言われた側なら、

  • No problem.(なんてことないですよ)
  • Sure.(もちろん!)

というような言葉で返します。

文章で読むと、そんなの簡単!! と思うかもしれません。

でも英語に慣れていないと、つい頭の中で日本語を英語に訳して「Sorry.」と言ってしまいがちなんですよね。

日本語の方を意識的に変えるのもオススメ

この用法ですが、慣れていないと「Sorry.」が出てしまいます。でも、正しく「Thank you.」と言えるようにするオススメの方法があります。

それは、日本語で「すみません」と言っていたところを「ありがとう」に意識的に言い換えること。

母語である日本語を意図的に変える方がハードルが低いですので。

日本語で感謝の「すみません」というところを「ありがとうございます」と言っても、まったく差し支えありませんし、むしろ丁寧な印象になりそうですよね!

タカコ

日本語で「ありがとう」と言えるようになると、「Thank you.」が自然に出てくるようになると思います。

依頼の意味の「すみません」

何かを依頼するときには日本語では「〜してください」のように言います。

でもふつうは「ごめん」や「すみません」と一言加え、「すみませんが〜してください」のように、1つクッションを置いて、やわらかく言いますよね。

この場合も、「謝罪」の用法と同様、「恐れ入りますが」や「お手数ですが」、「悪いけど」というような言葉を相手によって言い換えることができます。

  • 恐れ入りますが、ほかのお客様のご迷惑となりますので、○○はご遠慮ください。
  • 悪いけど、ちょっとテレビの音を小さくしてくれる?

などのように言いますよね。

お願いするときは「Can you〜?」

英語で人に何かお願いするときは、 普通は「I'm sorry but,」のような前置きは使わず、 Can you (do) 〜? という形を使います。

Can you turn down the TV?(テレビの音を下げてくれる?)

「can」を使うと軽めの表現になるので、丁寧にお願いしたければ、「can」の代わりに「could」を使います。

また、「can」や「could」で聞くと、「yes」と「no」の選択肢がありますが、その選択肢を与えずに何かをお願いするときは「Please (do) 〜.」の形になりますね。

Please turn down the TV.(テレビの音を下げてください)

何も前置きがなく、少し落ち着かないと思う方は、慣れるまで「Uh...」や「Um...」という、フィラー(日本語の「えーと」とか「あのー」などにあたる言葉)を使うのもオススメ!

呼びかけるときに使う「すみません」

「あのー、すみません」 のように誰かに声をかけるときにも、「すみません」を使います。

後ろから誰かに声をかけるときや、お店で店員さんに声をかけるときも、だいたい「すみません」と言いますよね。 では、英語ではどうでしょう?

英語では「Excuse me」

英語で声をかけるときは、

Excuse me.(すみません)

が一般的です。

店員さんに声をかけるときも、歩いている人を呼び止めたいときも「Excuse me.」で通じます。

目の前にいる店員さんに何か聞きたいときは、もう話したい人が目の前に立っている(= こちらの存在に気づいている)ので、呼びかけの「Excuse me.」は必要ありません

「前置き」も必要ないので、さっさと質問します。 いきなり本題に入ることが難しければ、「Hi,」と言って話しかけたり、前項で書いたフィラーを使ったりして、気持ちを落ち着けましょう。

店員さんに声をかけてもらったら?

そのあと、店員さんに「May I help you?」など声をかけてもらった場合は、「Yes,」と言って、質問をします。

例えば、

  • I'd like to ask something. (ちょっとおうかがいしたいんですけど……)
  • Can I ask something? (ちょっとお聞きしてもいいですか?)

と言ったりします。 難しければ、

I have a question. (聞きたいことがあります)

でも大丈夫です。

間に割って入るときの「すみません」

誰かが話しているときや、用事をしているときに「ちょっとすみません」と、間に割って入るときにも使います。

これは、人混みで間を通り抜けたりするときにも使いますし、会話をもっと詳しく聞きたいときなど、会話の途中に割って入るときに使います。

例えば、学校や英会話教室で、先生が話している最中に何か質問したいときなど。 手で少し合図しながら言うと、先生にもわかってもらいやすいですね。

英語では「Excuse me」を使う

英語では、つい「Sorry.」と言ってしまいそうですが、この場合も、呼びかけるときと同じように「Excuse me.」を使います。

おじさんが「失敬、失敬」と言いながら(手のひらを胸のあたりで軽く振りながら)歩く姿を想像してみてください。

「Sorry, sorry.」と言ってしまいそうですが、 ただ通らせてもらうだけなら「Excuse me.」です。

タカコ

人と人の間を通り抜けるとき、誰かに当たってしまったら「謝罪」の「sorry」になりますが。

家族連れなど数人のグループで列の間を通り抜けたいときは、

Excuse us.

……と、単数形ではなく、複数形にして言います

皮肉のこもった「すみません」

時には、「謝罪」の意味を含まず、皮肉を込めて「すみませんねぇ!!」と言ってしまうこともありませんか?

ちょっと怒ったような感じで。 「えぇ、えぇ。どうせ、私が悪いですよ!!」と、捨てゼリフのように。

タカコ

感じ悪いですけどね……。

英語にも捨て台詞的な「sorry」がある

実は、英語でも、皮肉のこもった「sorry」を使ったりします。

語調も似ていて、捨てゼリフ的に「Sorry!!」と言います。えぇ、この場合も、全く心は痛んでいません。

日本語と同じく、聞いていい気分のする用法ではないので、おすすめはできませんが、やはり人間ですから(笑)

……つい使ってしまうことも(体験談です)。

さて、今回はいろんな「すみません」を英語ではどのように言うかを見てみました。

特に注意をしたいのは「感謝」の「すみません」ですね。

物を拾ってもらったことに対して、「Sorry!」と言うと言われた方は「え? なんで『sorry』なの?」とびっくりしますから(笑)。

ちょっとずつ英語の「すみません」にも慣れていってください!

こちらは関連記事です。「ごめん」と謝るときの「I'm sorry」の基本を確認してください!

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?