「 V 」は動詞なの? 述語なの?

「 V 」は動詞なの? 述語なの?
サッシ

こんにちは、英語の文法マニアのサッシ です。

英文法を学んでいると「SVOC」という用語がよく出てきます(参考: 5文型について)。

この「 V 」とは動詞なのでしょうか? それとも述語なのでしょうか?

今回は「 V 」における品詞や「 V 」だけの文、「 V 」を省略した文など、「SVOC」の「V」について完全ガイドをお届けします。

「SVOC」の「 V 」は動詞なの? 述語なの?

さっそく「SVOC」の「 V 」とは何かを見ていきましょう。

「 V 」は動詞なのか述語なのか、「 V 」には動詞以外も置けるのかを紹介していきますね!

動詞 / 述語としての「 V 」

まず「 V 」の正体をハッキリさせましょう。

結論としては、どちらかと言えば「SVOC」の「 V 」は「述語」だと考えてください。

文法の話のときの「 V 」は英単語の「verb(動詞)」のことなのですが、大きく分けて以下の2つの意味があるんです。

verbの2つの意味

  • 品詞としての「verb」
  • 文構造としての「verb」

1品詞としての「verb」

1つ目は品詞としての「verb」です。

品詞には次のような10種類があります。

英語にある品詞
品詞名 英語での名前 辞書に載っている略
名詞 noun 【名】【 n. 】
代名詞 pronoun 【代】【 pron. 】
動詞 verb 【動】【 v. 】
形容詞 adjective 【形】【 adj. 】
副詞 adverb 【副】【 adv. 】
助動詞 auxiliary verb 【助動】【 aux. 】
前置詞 preposition 【前】【 prep. 】
冠詞 article 【冠】【 art. 】
接続詞 conjunction 【接】【 con. 】
間投詞 interjection 【間】【 int. 】

この10種類ある品詞の1つである「動詞」という場合の意味ですね。

2文構造としての「 V 」

もう1つが文構造としての「verb」です。

たとえば以下の英文をご覧ください。

ウサギ

I like sushi.
(お寿司好きなんだ)

この文は次の3つのパーツで成り立っています。

3つのパーツ

I(S(主語)) like(V(述語)) sushi(O(目的語)).

主語をどうするのか、どういう状態なのかを説明する部分として「 V 」は存在していますよね?

サッシ

この場合は私がスシを「好き」ということですね!

このように機能するので、文法で「SVOC」の話をするときは「 V 」は動詞というより「述語」と考えたほうが理解しやすいですよ。

文構造上での「V」とは?
「動詞」というより、「述語」として捉えるほうが理解しやすい。

>

ただし英語では「主語以外はぜんぶ述語」という考え方もあるので、その場合は「 V 」も「 O 」も「 C 」もひっくるめて述語という捉え方をします。

さらに詳しくは、英語の「述語」についてをご覧ください。

「 V 」に置けるのは動詞だけ?

では「 V 」に置ける品詞もハッキリさせておきましょう。

「 V 」は「 S(主語)に対する「述語」だとわかりました。

すると以下のような疑問も出てきますよね?

ひより

「SVOC」の「 V 」の位置には動詞以外の品詞も置けるの?

それについては答えは「No」。

「 V 」に置ける品詞は動詞だけです。

名詞・助動詞・前置詞など他の品詞は決して単品で「 V 」の位置に置くことはできません

いわゆるbe動詞と一般動詞だけが「 V 」になることができると考えてくださいね。

サッシ

述語として機能する動詞なので「 V 」に置かれた動詞を「述語動詞」とも呼びますよ!

「 V 」だけの文・「 V 」のない文

「 V 」とは何かがわかったところで、さらに使い方を見てみましょう。

「 V 」だけの文「 V 」の省略について紹介していきますね。

「 V 」だけで英語の文は成り立つの?

まず「 V 」だけの文についてです。

「 V 」だけでも英語の文は成り立つのかと言うと……答えは「Yes」。

実は「 V 」だけの英文も日常的に使われるんです。

たとえば以下のような場合ですね。

ウサギ

Go !
(行け〜!)

そう、いわゆる命令文です。

「 S(主語)」を省略していきなり「 V(述語)」から始めるのが命令文なんですよ。

もちろん「Stop it !(やめなさい!)」や「Open the window !(窓を開けろ!)」のように動詞の後にさらに言葉を続ける場合もあります。

「 V 」は省略できる?

「 S 」を省略して「 V 」から始めると命令文になることがわかりました。

では、逆に「 V 」を省略できるのでしょうか?

「 V 」は省略できない

それについては以下のように考えてください。

「 V 」は省略できる?

基本的に「 V 」なしでは英文は成立しない

そう……「 V 」は省略不可です!!

【例外】「 V 」が省略できる場合

どんなルールにも例外はあります。

「 V 」が省略できる例外としては次のような場合がありますよ。

「 V 」が省略できる例
挨拶 Good morning.(おはよう)
呼びかけ John!(ジョン!)
感嘆文 Oh my god!(なんてこった!)

とはいえ、基本的にはVは省略できません。

命令文を除いて、英語の文では「 S 」と「 V 」は必ず使うと思っておいてくださいね。

サッシ

むしろ「SVOC」の中で「 V 」はもっとも重要な存在ですよ!

最後に「述語」についてまとめます。

まとめ

  • 「SVOC」のときの「 V 」は「述語」
  • 「 V 」に置けるのは動詞だけ
  • 「 V 」を省略したら英文は成立しない!

ちなみに、英語の勉強をしている人にオススメの勉強法があります。

それはスキマ時間に動画で学べるスタディサプリENGLISHというTOEICなどの勉強に特化したアプリです。

オススメしている理由はこちらになります。

オススメする理由

  1. 無料ではじめられる
  2. スマホアプリなので続けやすい
  3. 解説動画がわかりやすい
  4. 実際に英語を使う力も鍛えられる

とくに有名な英語教師である関 正生 先生の動画がすばらしいのです。

ほんとうにわかりやすい!

しかも今ならお得なキャッシュバックまであるので、チェックしないと損しますよ♪

7日間無料で試せます!

スタディサプリを試す

登録も超かんたん!
7日間無料でお試しできる♪

英語の5文型について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「5文型のカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験のある「英語の文法オタク」。早稲田大学 教育学部卒。小学生の時から英語を学んでいた経験もあり。「毎日が生まれたて」という月間に100万回以上読まれる人気ブログも運営。>>サッシについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?